Netflixオリジナル作品 セレニティー:平穏の海

Netflixで2019年3月8日より配信となったNetflixオリジナル作品『セレニティー: 平穏の海』を観ました。

セレニティー 平穏の海

Netflixオリジナル映画「セレニティー 平穏の海」

 

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイという「インターステラー」の名コンビが再びタッグを組んだ作品で、ちょっとラストにどんでん返し要素がある映画でした。

 

原題は、映画に出てくる船の名前でもある“Serenity ”、監督は、イギリスの映画監督、脚本家、小説家でもあるスティーヴン・ナイトです。

感想とネタバレ

物凄い!期待をして観た映画です。

何ていったって、マシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイ!アカデミー賞受賞コンビの夢の再競演作品ですからね。

いごっそう612
これは期待できそうだなあ~。

 

しかし、予想と違って序盤は…

セレニティー 平穏の海

セレニティー:平穏の海 Netflix

 

いごっそう612
えー!サスペンス要素ないじゃん!

 

主人公ベイカー(マシュー・マコノヒー)は、プリマス島で怪物マグロを釣ることに人生を賭けている男‥って感じで、20分くらいそんな感じのシーンがダラダラと流れます。

 

しかし、20分を過ぎたころ…ようやく面白くなってきます。

ベイカーの元妻カレン(アン・ハサウェイ)の登場です!

セレニティー:平穏の海

セレニティー:平穏の海

 

カレンはDV夫(ジェイソン・クラーク)の殺しをベイカーに依頼します。報奨金1千万㌦…その願いは‥

 

釣りに誘い、酒を飲まして、海に落とし魚の餌にして…

 

いごっそう612
怖いストーリーになって来たなあ~。

 

おうおう、ようやく面白くなってきたぜ!とテンション上がったのですが…こっから謎の展開…

 

  • 魚群探知機の営業マン
  • 何かを知っている村人
  • 子供なのに髭面のバイト
  • ルールが変わったという謎の言葉
  • プリマス島しか乗っていない世界地図
  • ゲームをしている子供

いごっそう612
謎だらけ…

 

でも、何となく想像できちゃいます。

ゲームをしている子供の画面がヒントですよね。

 

ネタバレっス!

 

答えは、ジョンの息子‥パトリックにありました。

 

パトリックはIT系に凄い才能を持っていて、自分でゲームを作成!そのゲームがベイカーがいる世界のゲームだったのです。

初めは、怪物マグロを釣るゲームでした。しかし、現実世界のパトリックの現状は、DV夫と再婚した家庭で暮らす現状…

いつしか、ルールが変わり‥そのDV夫を殺すゲームへと変貌と遂げてしまったのです。

 

ベイカーは、パトリックの父親ですが‥

実は、既にこの世にいない人物…戦争中に死んでいたのです。

本名はジョン・メイソンです。

 

現実世界でも、ゲームの中の仮想世界でも‥DV夫を殺すことに成功します。

 

ゲームの中では、事故に見せかけ怪物マグロと共に海の底へ‥

現実世界は、パトリックがナイフで殺します。

 

パトリックは逮捕されますが、家庭環境を考慮され釈放‥

新たにゲームのルールを変更します。

 

その新たなゲームでは、ジョンとパトリックが会うことができる世界…

抱き合う二人…マシュー・マコノヒーの笑顔がとても印象的でした。

 

なかなか複雑な映画でしたね。

悪くはないですが、良くも無い…

いごっそう612

個人的に点数を付けると

(3.2)ですね。

 

俳優陣たちの演技派間違いなく良いです。

ただ、やはりラストですね。オチですよオチ‥

 

ちょっと想像できたのが残念、もっと想像のできない様にヒネって欲しかった~。

息子のゲーム画面出し過ぎっスよ💦

どんでん返し映画だったのですが、どんでん返しって気がしない映画でしたね。

 

スティーヴン・ナイト監督には、これからも期待していですが‥今作は惜しい作品でしたね。

彼の作品で「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」という映画があるのですが、その作品は才能が感じられるものでした。

いごっそう612
こちらの作品はぜひ観て欲しい!

 

「セレニティー:平穏の海」はNetflixでのみ配信されています。

2019年3月8日に配信となりましたが、同日に配信となったNetflixオリジナル作品「令嬢ジョンキエール -愛と復讐の果てに-」の方が圧倒的にオススメです。

いごっそう612
お暇があれば、こちらもぜひ観てください!
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう