【パイレーツ】 ジャッキーチェンの映画みたいな作りの韓国映画(笑)

パイレーツ

いそっそ612
 どうも、いごっそう612です! 

高麗で朝鮮建国を前に国璽が消失した実在の事件をモチーフに、海賊、山賊らが国を動かすお宝である国璽を巡って激戦を繰り広げるさまを描く、アクションアドベンチャーです!

スポンサーリンク

作品情報

パイレーツ 韓国

原題:海賊
洋画:アクション・アドベンチャー
製作年:2014年
製作国:韓国
日本公開:2015年5月22日
上映時間:129分

あらすじ

中国・明の皇帝から贈呈された、朝鮮建国の証しである「国璽(こくじ)」。しかし、それを運んでいた使節船がクジラとぶつかった上に、クジラが国璽を飲み込んでしまい、朝鮮の朝廷は大慌て。海を見たことがないにもかかわらず国璽に一獲千金を懸ける山賊、謀略に振り回される海賊、国璽を見つけなければ死罪となってしまう水軍が、お宝をめぐって攻防を繰り広げる。

予告動画

感想

2009年のドラマ『善徳女王』のピダム役で大ブレイクしたキム・ナムギルと「私の頭の中の消しゴム」のソン・イェジンの共演、監督は「ダンシング・クィーン」のイ・ソクフンです。

どうなんだろう、面白かったのか?面白く無かったのか?
イマイチよくわからない映画でしたね(^^;

序盤はシリアス、急遽コメディ路線・・

パイレーツ韓国映画

序盤はシリアスな展開でスタート・・しかし、コメディ路線に急遽変更・・・
それがまた、安っぽい・・・(^^;

義につい男で、仲間を裏切ることを良しとしない男のはずが・・
仲間捨てて走って逃げてますけど・・?

あれあれ、仲間を第一に考えるんじゃなかったの?
大事なところは決めなきゃダメでしょう・・

ちょっと、序盤の良いシーンが台無しになってしまいガッカリでした(^^;

【パイレーツ・オブ・カリビアンにパクリ】

パイレーツ韓国映画

明の皇帝から贈られた、朝鮮建国の証である国印を運んでいた使節船が巨大クジラと衝突!?大切な国印がその巨大クジラに飲み込まれてしまうという一大事!!

その一大事に、政府の軍人、女海賊、海賊、山賊、巨大クジラっと入り交えて戦います。

アクションはけっこう面白い!コメディタッチなところも、けっこう笑えて面白いです!
壮大な海の物語は、パイレーツ・オブ・カリビアンを思い出します。

ってかだいぶパクっている感じはあります(笑)
分かりやすくい言えば、パイレーツ・オブ・カリビアンの韓国版と思って観たらいいですね。

実話をベース

パイレーツ 韓国

物語は、実話を題材にしている。
正直、この映画を観たら・・嘘でしょう?っと思っちゃいます。

しかし、実話なところもあるのです。
それは・・「国璽」が10年間所在不明だったというところ

この映画では、「国璽」は巨大クジラに食われて無くなったちゃうという設定になっています。

さすがにクジラに食われて無くなったということはないでしょうね。

この映画の評価、おすすめ度は?

面白かったと言えば面白かった様な気がします。
でも、ちょっと安っぽかった気がしますね(^^;

韓国映画で船と言えば『海にかかる霧』が怖くて面白かったです。

「海にかかる霧」 実話「テチャン号事件」を映画化
// あの日、海で起こった事は、誰にも話してはならない。2001年に韓国で実際に起こった「テチャン号事件」を題材にした舞台劇「海霧(ヘム)」...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.7)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(4.13)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.03)
2015年12月23日時点

個人的な私のおすすめ度は?

いそっそ612
おすすめ度:★★★☆☆(3.3)です! 

そこそこ楽しく観ることが出来ましたね。
しかし、ちょっと長かったかな(^^;129分は長かった・・・
90分くらいでまとめてくれたらもっと評価上がりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

トップへ戻る