恋愛映画ってハマるやつに出会ったら若かりし頃の気持ちに戻れて良い感じっすよね!

 

田口トモロヲの監督第3作目!

ジョージ朝倉の同名コミックを多部未華子と綾野剛の共演で映画化し、現代女性の恋や悩みを描き出した恋愛映画です

 

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!本日はキュンキュン来ちゃう恋愛映画をご紹介しますよ~!

作品情報

ピース オブ ケイク

製作年:2015年
邦画:恋愛
製作国:日本
日本公開:2015年9月5日
レンタル開始:2016年2月2日
上映時間:122分

あらすじ

一人きりよりはいいという安易な理由で男性と付き合ってきた梅宮志乃(多部未華子)は、アルバイト仲間との浮気が発覚しDV体質の恋人からフラれ、バイト先から去ることに。状況を変えるべく引っ越した先で出会った隣に住む人は、新しい職場の店長・菅原京志郎(綾野剛)だった。京志郎に強く惹(ひ)かれる志乃だったが、彼には一緒に住んでいる恋人がいて…

予告動画

いごっそう612
作品情報のチェックはOK?ボチボチ感想行っちゃいますか!

感想

いやいやいや、恋愛映画で久々の当たりなんですけど!
めっちゃ良かった~恋愛最高(*‘∀‘)

かなりオススメの恋愛映画なので、ネタバレなしで書きます!

 

共感できる恋愛映画

ピース オブ ケイク

この映画は、ジョージ朝倉による人気少女コミックを映画化したそうだが、この映画の脚本がマジで面白い!それだけこのコミックが面白いのであろう・・

何が面白いのかと言うと、共感できるということだ!

うん、あるある(*‘∀‘)

みたいな恋愛話がわんさか出てくる・・・

まあ・・映画だから、えーないないみたいな部分もあるのだが、共感できる部分が多い映画だったと思う。

恋愛映画で大事なのは、共感できるか?できないか?
そういうのが大事だと思うので、この映画はそれだけでまず合格点であろう!

 

多部未華子が可愛く見える

ピース オブ ケイク

そして、ビックリしたのが多部未華子の可愛さだ・・・

今までは・・

ブスだな・・(・A・)

っと思っていたのだが、多部未華子・・可愛いじゃないですか(*‘∀‘)

そして、この映画ではエロさも備えていた!

バイト仲間との浮気がばれ、DV体質の恋人・正樹(柄本佑)にフラれてしまうといった。

仕事も恋愛も流されるままに生きてきた梅宮志乃(多部未華子)という女性を見事に演じている!

ちょいちょい脱いでいたりと・・この映画でかなり頑張っています!

 

綾野剛も魅力的

ピース オブ ケイク

そして、梅宮志乃(多部未華子)が恋するレンタル店店長・菅原京志郎を演じる綾野剛もまた魅力的である。

男前過ぎないところが逆に良かった様な気がする・・

多部未華子、綾野剛といった男前女前過ぎない二人が主演なのも共感を呼んだのかもしれない!

彼の優し気な笑顔に女性はメロメロになるのではないだろうか?

完璧じゃない弱さもそなえた男を見事に演じている!

こういった演技をする綾野剛を観るのは初めてだったので、なかなか良かったです。

 

あの豪華キャストが“オネエ”に・・

ピース オブ ケイク

この映画は、かなりの豪華キャスト勢ぞろいである!

この映画を盛り上げたのも、この豪華キャストの力もあるのではないだろうか?

そして、一番笑ったのが、松坂桃李の演じるオカマの天ちゃんだ!

あの松坂桃李が“オネエ”になっている・・しかも完璧に演じている・・
これはちょっと笑えました(*‘∀‘)

そして、 菅田将暉、木村文乃、柄本佑っと豪華キャスト夢の競演になっています。

 

ラストはキュンっと胸に響く

ピース オブ ケイク

ラストはけっこういい感じで終わります!

うん (*´з`) こういう恋愛映画観たかったんだわ~

良い映画を観たという感じでした!

なんか、若かりし日の恋愛を思い出しますよね~💛

122分と長尺なんですが、まったく飽きることなく観えました!

他にも恋愛映画は『恋愛映画ランキング』をよろしくです。

 

この映画の評価、おすすめ度は?

いや、マジこれオススメ!田口トモロヲ監督侮りがたし!海外作品ではこれに匹敵するのは【スウィート17モンスター】くらいかなあ~。

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.21)
Filmarks:★★★☆☆(3.4)

2017年10月05日時点

あらら・・思ったより評価高くないなあ・・

個人的な私のおすすめ度は?

いそっそ612
おすすめ度:

(4.2)です!

ちょっと評価高すぎ(゚д゚)! 批判もあえて受けましょう!
それほど、自分のツボだったんですよ!

オススメ恋愛映画です!

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう