【完全なるチェックメイト】実話?ボビー・フィッシャーの精神崩壊世界!!

完全なるチェックメイト

15歳にして全米チャンピオンになった実在のアメリカ人天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャー!

米ソ冷戦時代に彼がソ連の最強王者との対局に挑んだチェス世界王者決定戦の模様を描く実話ドラマ

監督は『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィックです。

主人公フィッシャー役のトビー・マグワイアが製作も務めています。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!
スポンサーリンク

作品情報

完全なるチェックメイト

原題:PAWN SACRIFICE
洋画:実話ドラマ
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年12月25日
レンタル開始:2016年7月2日
上映時間:115分
公式サイト

あらすじ

1972年、アイスランドで行われたチェス世界選手権で、ボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)とボリス・スパスキー(リーヴ・シュレイバー)が対戦する。長きにわたりソ連がタイトルを持ち続けてきたが、史上初のアメリカ人挑戦者が誕生。若き天才の登場に世界中が注目する中、ボビーは第2局に出現することなく不戦敗となり……。

予告動画

感想

『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督が、実際に存在した米国のチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を映画化した実話ドラマです。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

天才チェスプレイヤーと米ソ代理戦争

完全なるチェックメイト

映画は、米ソ冷戦下、国の威信を懸けた世界大会で、ボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)がソ連の王者スパスキー(リーヴ・シュレイバー)に挑んだ対局の模様を軸に描かれている。

麻田くん
なかなか、緊迫感がある映画でしたけどちょっと想像と違う映画でしたね!
いごっそう612
フィッシャー、スパスキーの緊張感あふれる対決はなかなか良かったですけど・・チェスでの対決物語ではなくボビー・フィッシャーの事を描いた作品と言えますね。 
いごっそう612
超変わり者の天才児という感じですよね(^^;
麻田くん
彼を取り巻くスタッフの苦労が外面越しにも伝わりましたね(-_-;)

天才と馬鹿は紙一重と言うけれど・・この人は馬鹿じゃないけど・・ヤバい・・被害妄想やら不安神経症など色々ありそうだ・・その天才に振り回されるスタッフの苦労は並大抵のものでは無い・・自分なら逃げ出している・・というか多分フィッシャーを殴っているだろう・・しかし・・スタッフは諦めずにソ連の王者スパスキーとフィッシャーを対決さすことに成功するのだ!本当ご苦労様ですと言いたくなった。

ボビー・フィッシャーとは?

ボビー・フィッシャー トビー・マグワイア

麻田くん
今回トビー・マグワイアが演じたボビー・フィッシャーとは?どういう人物なんでしょう?
いごっそう612
あえてタイトルを放棄したり、試合を拒否したり、あるいは長年に亘って失踪したりするなど、数奇な人生もよく知られています。IQは187もあったそうです。 

詳しくは↓へ

ボビー・フィッシャー - Wikipedia
いごっそう612
映画で出て来るポーズも実際にやっている写真があります。

ボビー・フィッシャー

完全なるチェックメイト

いごっそう612
トビー・マグワイアが上手く演じていたと思います。 

映画を観てて、ボビー・フィッシャーに対して一つの疑問が浮かんだ・・それはボビー・フィッシャーは「自閉症スペクトラム障害』だったのではないのか?そして『サヴァン症候群』だったのではないか?という疑問です。

WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書
WELQ(ウェルク)は、あなたのココロとカラダの悩みをスッキリ解消できるヘルスケア情報のキュレーションメディアです。健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容情報まで、ヘルスケアに関する情報が満載です。

映画に出て来る彼の行動や思考は、自分の知るそれによく似ているなあと感じました。

実際は、米ソの関係で追い詰められたために、そういう思考行動になったのかも知れませんが・・ものすごく似てると思いました。

調べてもそうだったという文献は出てきませんでしたが、可能性はあると思います。

この映画の評価、おすすめ度は?

なかなか勉強になりましたが、映画は面白かったかと言われればどうなのかあ?実話映画で面白かったと言えば『 ザ・ウォーク』とか面白かったですね。

【ザ・ウォーク】 フィリップ・プティの実話を映画化Σ(゚Д゚)
// 名匠・ロバート・ゼメキス監督が、ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りをした男フィリップ・プティの実話を3Dで映画化し...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.2)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.48)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.13)
2016年7月13日時点

まあ、普通と言う感じですよね。


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.4)です!

自閉症スペクトラムかも?という目線で観ればそれなりに楽しめました。

ただ・・やっぱりヒリヒリするような駆け引き・・チェスバトルを期待していただけにちょっと違ったなあっと・・・

でも・・勉強になる実話映画です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. ともちん より:

    こんばんは!TSUTAYAにありました( ̄▽ ̄)政治に巻き込まれるのは不本意って映画はけっこうありますね。スパイダーマンだぁ!って思ってしまいます

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      トビー・マグワイアの代名詞ですね!スパイダーマン良かったなあ~新しいスパイダーマンのトム・ホランドはどうでしょう?

  2. meyui より:

    こんにちは^^チェスとか全くわかんないですけど
    違う目線で観てみたい作品ですね~我が家のオ馬鹿も何か天才なトコあるのかしらww
    自閉症の事とかも勉強になりそうですね

    • meyuiさんへ
      コメントありがとうございます。
      うちの子ひとり同じようなところあるので、もしやと思いました。
      うちの子も天才的なところあって国旗を全部いえたり虫の名前を全部覚えてたりとあるんですよ~
      なかなか勉強になる映画でした。

  3. レビュアン より:

    ど~も(^^)トビー・マグワイアって、どっかコジレタ性格を演じるとハマリ易い気がしますね。★3.4悩みどころ・・・・m(__)m

トップへ戻る