【スティーブ・ジョブズ】2016年版 彼の娘リサとの関係とは?

スティーブ・ジョブズ

アップル社の共同設立者でデジタルテクノロジーの常識を変えた男、スティーブ・ジョブズ

iPhoneとかでも有名ですね!

この映画は彼とその家族、関係者への約3年にわたるインタビューなどを基に、ベストセラーとなった記録本を原案に、ジョブズの半生を描く人間ドラマです。

鬼才ダニー・ボイルが監督を務め、ジョブズをマイケル・ファスベンダーが演じています。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です! スティーブ・ジョブズの人間関係を知るには良い映画です。
スポンサーリンク

【作品情報】


スティーブ・ジョブズ

原題:STEVE JOBS
洋画:ヒューマン・ドラマ
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年2月12日
レンタル開始:2016年7月6日
上映時間:122分
公式サイト


あらすじ

1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめている。今回ジョブズはどうしてもMacintoshに「ハロー」とあいさつさせたかったが、当の主役は沈黙したままだ。マーケティング担当者のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)は諦めるよう説得するが……。


予告動画


【感想】

前にアシュトン・カッチャー版の『スティーブ・ジョブズ』を観たことがあるのだが、なかなか面白く拝見できました。

やっぱiPhoneユーザーなので、スティーブ・ジョブズに惹かれる部分もありますね!

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

『スティーブ・ジョブズ』の映画

スティーブ・ジョブズ

この映画は、ジョブズとはどんな人物だったのか? という事に重きを置いて描かれています。

いごっそう612
いや~天才なんでしょうけど・・なかなか難しい方だったんですね💦
麻田くん
嫌な上司のランキングにもはいりそうです💦
いごっそう612
そうですね!自らがスカウトした取締役にクビにされ。その後、古巣に復帰し!iMac、iPod、iPhone、iPadを世に送り出し、倒産寸前だった同社を時価総額世界1位に立て直したのは伝説ですね!

映画は1984年、1988年、1998年という3つのパートで構成されており、Macintosh、ネクスト、iMacという3つのプレゼンテーションの舞台裏を軸に物語は進んでいきます。撮影技法を変えて撮影し、衣装や音楽も変え、それぞれの時代の雰囲気に合った感じにしています。3つの製品発表会40分前の舞台裏の会話を描くのみなのだが・・だんだんとジョブズの人間性が見えて来ます。

リサや友人との物語

スティーブ・ジョブズ

3つのプレゼンテーションを通して印象的だったにはジョブズの口論だろう・・・

麻田くん
めっちゃ言い争いしていましたね。
いごっそう612
舞台裏でこんなことが・・とビックリもしますが、特筆すべきは口論の相手は友人や娘のリサや母親が相手なんですよね。
いごっそう612
そうなんですよね、物凄い理想を無理やり押し付けるというか・・良い製品は作れるんですけど・・仲間からは引かれていたような感じでしたね。悪評を書いたあしとがありましたので気になるかたはどうぞ
ジョブズを聖人化する世論に反論!! ジョブズの悪評まとめ | ガジェット通信 GetNews
今回はカナコギさんのブログ『着ぐるみ追い剥ぎペンギン』からご寄稿いただきました。ジョブズを聖人化する世論に反論!! ジョブズの悪評まとめジョブズが亡くなって早いもので4か月。世には未だ“ジョブズ本”...
いごっそう612
でも、リサの事は思っていたようです。コンピューターにLisaと名前を付けたり
Lisa (コンピュータ) - Wikipedia
いごっそう612
映画でも、ラストはリサを思うシーンでしたしね。
麻田くん
リサとの関係がメインの映画と言っても過言では無いですね!
いごっそう612
ジョブズを演じた、マイケル・ファスベンダーも好演でしたね!
いごっそう612
2013年に公開されたジョシュア・マイケル・スターン監督による『スティーブ・ジョブズ』の映画について「間違っているところがたくさんある」と指摘したスティーブ・ウォズニアック氏は、本作については「役者が演じているのではなく、本当にジョブズの姿を見ているかのようだった」と大絶賛したそうです。

マイケル・ファスベンダーが確かに良かったです。想像と違う映画でしたけど、スティーブ・ジョブズという人間を知ることができたという感じ。ファンにはたまらない作品ではないかと思う。

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

ファンにはたまらない作品だと思います。ジョブズという人を知るうえでこれほど良い映画は無いのでは?

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.3)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.31)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.22)
2016年7月22日時点

普通ですね・・賛否両論です。合うか合わないか・・そういう作品です。ファンじゃなかったらイマイチな作品でしょうね(^^;


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(3.7)です!

なかなか楽しめました。口論ばっかで展開も変わらずなんだけど、それでも面白い!スティーブ・ジョブズに興味があるからでしょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. meyui より:

    この方、相当ストイックだったらしいですよね~(;´・ω・)
    ドキュメンタリーを見た事がありますが、凄まじかったです
    だからこそ良い商品が出来たんでしょうけどもw興味深々ですね^^

    • meyuiさんへ
      コメントありがとうございます。
      めっちゃストイックというか他人に対してストイック(^^;
      社員は大変だったろうけど、要求に応えたおかげで良いものができましたもんね!
      こういう上司は必要なんでしょうね

  2. レビュアン より:

    そ~かぁ!ダニー・ボイルだったんだ~だったら見ようかなと、今思い始めました。
    情報が痒いところに手が届くように(^^)吹出し説明と、コマの説明挿入の相性がいいカンジがします。読みやすいですm(__)m

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      色々試行錯誤した結果これでしばらく行きそうです(笑)
      現在はブログの高速化にチャレンジしていますが、ロリポップサーバーという安い会社で契約したのが大失敗・・
      Xサーバーにするべきだったと後悔しています。
      ブログ移転も難しそうなので・・・断念・・

  3. ともちん より:

    こんばんは!この映画は好きですね最後のお父さんになったのが感動でした(^◇^)ずっと支えてくれた右腕みたいな女性と結婚しないのかなぁ・・と思いました。

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      あのながれで結婚してたら良かったのですがね~ちょっと年下の美女ローレン・パウエルになりましたね。
      事実は映画に様に行かなかったみたいですね(^^;

トップへ戻る