空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ

トラックのタイヤが突如外れ空を飛ぶ…その先には手をつないで歩く母と子の姿が!?

これは映画の冒頭で描かれたシーンなのですが、これは実際にあった事件、事故なのです。

 

本日ご紹介する映画空飛ぶタイヤは、そんな事故に纏わる実話を描いた作品です。

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

 

映画「空飛ぶタイヤ」は、「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化したもので、トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社が隠すある不正を暴く闘いに挑んでいくという実話を基にしたドラマ作品です。

 

監督は、「鴨川ホルモー」『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英。主人公の運送会社社長を長瀬智也が演じ、共演にディーン・フジオカ、ムロツヨシ、深田恭子、高橋一生、笹野高史、岸部一徳などの豪華キャストが出演しています。

『空飛ぶタイヤ』で描かれる三菱リコール隠し

1台のトラックが起こした事故によって主婦が死亡。事故を起こした運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)は、走行中のトラックから突然タイヤが外れたことによる事故だと警察から聞かされる。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングを受ける日々のなか、赤松はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車販売部カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)へ再調査を要求する…。

 

そんなストーリーの映画なのだが、この映画で描かれる実話は、トラックが起こした事故によって主婦が死亡した事と、そんな事故を整備不良という名目で闇に葬ろうとした自動車会社の不正‥その裏に隠れたリコール隠しです。

 

大企業が利益の為に欠陥を隠し続け、その間に何十件という事故が起こっても、それを自動車の整備不良のせいにし続け…欠陥のある車を放置し続けたのです。欠陥があると分かればリコールになります。そのリコールにかかる何十億という費用を出さないで済むように隠し続けたのです。

参考
チェック三菱リコール隠し – Wikipedia

 

映画に登場する大手ホープグループに連なる一企業「ホープ自動車」のモデルは三菱自動車工業

映画で描かれることは、三菱自動車工業が実際に行った!…とはハッキリ言えませんが、「三菱リコール隠し」事件を基にこの映画が描かれているのは間違いないです。

 

原作は池井戸潤の同名小説ですからね~、普通なら切り込めない部分にメスを入れるのは流石ですね。

 

いごっそう612
原作小説はベストセラーになりました。

 

『空飛ぶタイヤ』という題名は凄く印象に残ります。題名が良いですね。タイヤが空を飛び人を襲ったというニュースは僕も記憶に乗っています。

当時は、タイヤって怖いんだなあ…くらいにしか思わなかったのですが、この映画を観て、大企業が利益の為に人の命を犠牲にしたという許さない事件ということを知り、大企業への不信感は募りました。

いごっそう612
この映画は観るべき映画です。

 

安倍政権は、その大企業に恩恵がある事ばかりして、国民の生活は悪くなる一方…。

この映画を観て、日本という国は平和な様で…一部の人間だけが利益を得、その他多数はその利益の為に犠牲になっているのかも知れないと怖くなりました。日本という国は狂って来ているのかも知れませんね。

池井戸潤さんには、これからも実話を基にした日本にメスを入れる作品を書いてもらいたいですね。

いごっそう612
そして、映画化してもらいたいです。

長瀬智也はミスキャスト?

空飛ぶタイヤの長瀬智也

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 

観るべき映画なのですが、ちょっと文句があります。

それは‥キャストがとっても豪華なのに…。主要キャストがイマイチだったことです。

 

長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子…この4人には違和感を覚えましたね。

その中でも一番は、長瀬智也です。

空飛ぶタイヤの長瀬智也とディーン・フジオカ

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 

運送会社の社長というオーラでは無いですよね。苦労している感が全く無いし…。

妻も深田恭子ですよ?すべてを持ち合わせた社長という感じ…。むしろ「ホープ自動車」側の方が良かった様な…。

 

主要キャストはイマイチだったせいか、映画もあまり心に響くという感じではありません💦

なんやかんやでいつの間にか終わっていたという感じ、ハッピーエンドでスッキリしたぜ~って感じは無かったです。

いごっそう612
映画版よりドラマ版の方が良いらしいっスよ。

 

まあ、それでもそれなりに観ることはできます。もちろん知るべき実話映画なので、そういう意味では勉強にもなりますし、興味深い作品でもあります。

多分、内容が内容なだけに期待し過ぎたんでしょうね💦

いごっそう612
この映画に5段階評価で点数を付けると

(3.5) 悪くは無い映画です。

予告編

いごっそう612
知るべき実話映画です。サザンの歌のエンドロールは良かったですよ。

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう