ハウス・ジャック・ビルト
ハウス・ジャック・ビルト

サイコパスとかシリアルキラーとかって聞くじゃないですか、なんとなくどういう人なのか想像はするんですけど、実際のところわかりませんよね?

 

しかし…そんな怖い
サイコパスとかシリアルキラーの事を知りたいですか?

 

ということで、本日の紹介する映画は
知りたいってヤバイ人だけ観てほしい。

 

サイコパスのシリアルキラーである犯罪者の12年に及ぶ“殺人の記録”を描いた映画です。

ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

 

「ハウス・ジャック・ビルト」は、デンマーク・フランス・ドイツ・スウェーデン合作で製作された
2018年のサイコ・スリラー映画です。

 

建築家志望のシリアルキラー・ジャックが犯した、最初の殺人から殺人ハウス“ジャックの家”を建てるまでの12年の“殺人の記録”を、5つのエピソードを通して描き出しています。

 

監督は
鬼才・ラース・フォン・トリアー

いごっそう612
「ニンフォマニアック」「アンチクライスト」「メランコリア」など!
とにかくヤバい映画をガンガン出す監督さんです。一番有名なのは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でしょう。
まさに鬼才という感じの映画を作る監督さんです。

 

 

主演である殺人鬼ジャックを演じるのは
マット・ディロン

ハウス・ジャック・ビルト マット・ディロン

ハウス・ジャック・ビルト マット・ディロン

 

第1の被害者となる女性をユマ・サーマン、謎の男バージをすでに故人となっている
ブルーノ・ガンツが演じています。

他にも
シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス等が出演しています。

 

カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映された際はあまりの過激さに…100人以上の観客が退席し、しかし終了後には6分間に及ぶスタンディングオベーションを受け、賛否両論を巻き起こした異色作品です。

いごっそう612
あなたはどちら派になるのか?

 

日本では無修正完全ノーカット版をR18+指定で上映されています。

ダンテの“神曲”、ファウストが盛り込まれたヤバイ映画

本作は、シリアルキラーの殺人鬼の5つの殺人エピソードが描かれる作品なのですが、めちゃくちゃにヤバイ殺人と、ラース・フォン・トリアー映画によく出てくる訳の分からない会話シーンと映像で構成されています。

 

殺人の方はホント衝撃的…思わず息を飲んでしまうほどの怖さです。

 

そして、訳の分からない会話シーンと映像の方は本当に???

何やら宗教的で哲学的のような感じ、何か観てしまうオーラはあるんですけど

これってなんなの~わけわからんってなります。

 

調べましたが、どうやらそれは、ダンテの『神曲』をベースに、トリアーの思想や建築学への興味がミックスされて盛り込まれ作られたシーンのようです。

終盤で出てくるコメディ観たいなシーン。

ハウス ジャック ビルト ダンテの小舟

ハウス ジャック ビルト ダンテの小舟

いごっそう612
なんじゃこりゃコメディか?

 

ってなりますけど
実はこれ「ダンテの小舟」をパクッたシーンです。

 

ダンテの小舟

ダンテの小舟

 

このように、ダンテの『神曲』が基になって作られたシーンです。

参考ダンテの『神曲』の世界へようこそ!

 

さらに『神曲』の影響を受けたゲーテの『ファウスト』の話などもさらに盛り込まれ…。

参考ファウスト (ゲーテ) – Wikipedia

 

宗教色の混じった…
わけのわからないヤバイ映画へと仕上がっているのがこの作品・・。

いごっそう612
ダンテの『神曲』とか『ファウスト』を勉強してたらまた見方が変わります。

 

マット・ディロンの“怪演”が素晴らしかったので、個人的には宗教色を封印してサイコパス、シリアルキラー路線で行って欲しかったです。

殺人の最初となった事件も素晴らしいスタートでしたし!

 

まあ…ラース・フォン・トリアーらしい映画という感じですかね(笑)

 

しかし…殺人のシーンは

被害者の絶望感が伝わってくる恐ろしい映画でした。

 

一番怖いのが子供二人と女性のシーン…

いごっそう612
あれはマジで怖かった…

 

そして
ラストのジャックが建てた家…

ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

いごっそう612
ハウス・ジャック・ビルト…ヤバいですよね💦

海外の評価

この映画の海外の評価
どうなっているのでしょう?

海外映画サイトRotten TomatoesIMDbを調べてみました。

 

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには
128件のレビューがあり

 

批評家支持率は
58%
平均点は10点満点で
5.96点となっています。

The House That Jack Built (2018) - Rotten Tomatoes

The House That Jack Built (2018) – Rotten Tomatoes

 

一般大衆の支持率は
66%
1406の投票があり平均点は5点満点中
3.54点と、まあまあ良い点数になっています。

 

もう一つ海外映画サイト
IMDbでは

The House That Jack Built (2018) - IMDb

The House That Jack Built (2018) – IMDb

 

10点満点中
6.8点となっています。

5万を超えるユーザーの中で
7点を付けたユーザーが一番多いです。

次は8点とそこそこ高い点数が多いですね。

 

いごっそう612
日本の映画サイトでは賛否両論、高評価、普通の評価、低評価の3通りに分かれています。

予告編

この映画が気になった方は予告編を観てみて下さい

いごっそう612
なかなか凄い映画です。もちろんグロい&エロい部分もあります。

 

 

 

この映画のような死の恐怖を感じるホラー映画をお探しの方は
こちらもどうぞ!

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう