ライトハウス
ライトハウス

実話を基にした
ホラー映画に注目

ロバート・パティンソンと
ウィレム・デフォー主演の
実話をベースに手がけた
スリラー映画

ライトハウス

ライトハウス

ライトハウス

 

「ライトハウス」
原題:The Lighthouse は
2019年のアメリカ合衆国のホラー映画

日本公開は2021年7月です。

 

監督は
「ウィッチ」という
クソ怖いホラー映画を作った
鬼才
ロバート・エガース

ロバート・エガース

ロバート・エガース

ロバート・エガース – Wikipedia

 

 

その「ウィッチ」のロバート・エガース監督が、「TENET テネット」のロバート・パティンソンと名優ウィレム・デフォーを主演に迎え、実話をベースに手がけたスリラーがこの「ライトハウス」です。

外界と遮断された灯台(Lighthouse)を舞台に、登場人物はほぼ2人の灯台守だけで、彼らが徐々に狂気と幻想に侵されていく様を美しい白黒映像で描いています。

 

ライトハウス

ライトハウス

あらすじ
1890年代、ニューイングランドの孤島に二人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから四週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう……。

いごっそう612
実話ベースというのが興味深いし、ロバート・パティンソンとウィレム・デフォーが主演というだけでも観たくなりますね。

 

しかも、配給はA24
(日本ではトランスフォーマー)

「へレディタリー/継承」「ミッドサマー」
という斬新なホラー映画を
配給することで知られています。

A24 (企業) – Wikipedia

いごっそう612
ホラー好きはこの映画を観ない理由は無い!

映画の基となった実話

もともと映画「ライトハウス」は、エドガー・アラン・ポーの未完の小説”The Light House”を映画化しようと、エガース監督の兄が脚本を書き始めたのですが、途中で、ウェールズにあるスモールズ灯台で実際に起きた事件にインスパイアされ路線変更、エガース監督と兄のマックスが共同脚本で書き上げ完成した脚本は、アラン・ポー作の小説とは似ても似つかない内容となっているそうです。

 

その映画
「ライトハウス」の基となった
実話
1801年
ウェールズ南西部のペンブルックシャー
にあるスモールズ灯台で起こった
実際の事件…

トーマス・ハウエルとトーマス・グリフィスという2人の男が灯台守として派遣されていました。二人は喧嘩をよくすることで知られていたそうです。グリフィスが途中で事故にあい、苦しんだのちに死んでしまいます。そこに嵐が到来し、グリフィスの死体は腐敗していきます。ハウエルは処分に困りました。彼が死体を海に捨てた場合、当局が彼を殺人で非難するかもしれないと恐れました。棺を作って外に置きますが、嵐により棺が壊れてしまいます。仕方なく死体を灯台に入れ、残されたハウエルはグリフィスの腐敗死体と灯台で数ヶ月も過ごさなければならなかったそうです。

いごっそう612
死体と、そんなに長い間暮らさなくてはならなかったなんて…

 

嵐が去り、ハウエルがついに職務から解放されたとき、彼の精神は破壊されていました。

その結果、統治体は灯台の方針を変更し、灯台チームを2人から3人にするようしたそうです。

 

この実話を基に作られたのが
この映画
「ライトハウス」です。

ライトハウス

ライトハウス

いごっそう612
非常に興味深い作品ですね。

 

海外での「ライトハウス」の評価

こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. 実話ベースの映画なんですねー

    時代背景に合った
    白黒って言うのが、狂気を煽っているような
    気がして、興味あります。
    監督ロバート・エガースの手腕も気になる所ですね

    • ダメうさぎさんへ
      コメントありがとうございます。
      なかなか興味深い実話を描いています。
      しかも、ロバート・パティンソンと ウィレム・デフォー主演…
      これは観るしかないですね!

  2. りこぴん より:

    これ実話ベースとは知りませんでした。予告編面白そうだったので楽しみです。
    ウィッチもとにかく狂気に支配されていく様子がたまらなかったので、今回もどうなってしまうのか怖いもの見たさかもしれません

    • りこぴんさんへ
      コメントありがとうございます。
      「ウィッチ」良かったですよね。地味な怖さがありました。
      この作品はどうなのか?今から楽しみです。

  3. 杏子 より:

    これはおもしろそうですね。観たいです。実話ベースというのが興味深いですね。
    灯台守の実話ベースの映画では「バニシング」というのもおもしろかったですよ。
    登場人物もほぼ3人のイギリスのサスペンス映画です。
    「ウィッチ」もおもしろそうですね!

    • 杏子さんへ
      コメントありがとうございます。
      「バニシング」ってあの『アイリーンモア灯台事件』をベースにした映画っすよね。
      未見だったのですが、これを機に観てみます。
      面白そうですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう