「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」実話・アーニージョンソン事件‥海外の評価とレビューも!
死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

 

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。原題:The Conjuring: The Devil Made Me Do It は2021年のアメリカ合衆国のホラー映画。

大ヒットホラー「死霊館」ユニバースの第8作にして、実在の心霊研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が調査した実際に会ったアーニージョンソン事件を映画化した実話ホラー映画です。

 

 

あらすじ
1981年、家主を22度刺して殺害した青年は、悪魔に取り憑かれていたことを理由に「無罪」を主張した。被告人の供述は一貫して「ぜんぶ、悪魔のせい。」法廷に神が存在するなら、悪魔も存在するというのだ。 殺したのは、人か?それとも…!?姿なき存在を証明するため、心霊研究家ウォ―レン夫妻が立ち上がる。被告人を救うため、手掛かりをもとに、警察に協力し捜査を進めるウォーレン夫妻だったが、とてつもなく邪悪な〈何か〉に極限まで追い詰められていく。「その存在」をどうやって証明するのか?アメリカ史上初、前代未聞。〈すべて実話〉の殺人事件。衝撃の真相がついに明らかになる。

 

監督は
マイケル・チャベス

 

キャスト

ロレイン・ウォーレン役
ヴェラ・ファーミガ

若い頃のロレイン役
ミーガン・アシュリー・ブラウン

エド・ウォーレン役
パトリック・ウィルソン

若い頃のエド役
ミッチェル・フーグ

ジュディ・ウォーレン役
スターリング・ジェリンズ

アーニー・シャイアン・ジョンソン役
ルアイリ・オコナー

デヴィッド・グラツェル役
ジュリアン・ヒリアード

デビー・グラツェル役
サラ・キャサリン・フック

ジュディ・グラツェル役
シャーリーン・アモイア

カール・グラツェル役
ポール・ウィルソン

カストナー神父役
ジョン・ノーブル

イスラ役
ユージェニー・ボンデュラント

ゴードン神父役
スティーブ・コールター

ニューマン神父役
ヴィンス・ピザーニ

ドリュー・トーマス役
シャノン・クック

ブルーノ・ソールズ役
ロニー・ジーン・ブレヴィンス

ジェシカ・ルイーズ・ストロング役
イングリッド・ビス

ケイティ・リンカーン役
アンドレア・アンドラーデ

クレイ刑事役
キース・アーサー・ボルデン

トーマス軍曹役
マーク・ロウ

いごっそう612
もしかして「死霊館」シリーズで一番面白いかもしれない、悪魔の憑依にスポットを当てつつ、その呪いをかけた人物を見つけ出す探偵ホラーと言う感じで、今までにない新しさを感じましたね。間違いなく面白い最新シリーズです。

 

実話・アーニージョンソン事件

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」実話・アーニージョンソン事件を映画化したものです。

実際にあった事件を調べてみました。

 

アーニー・シャイアン・ジョンソンの裁判は、「悪魔が私にさせた」事件としても知られ、悪魔憑きの主張と犯罪に対する個人の責任の否定に基づいて、弁護側が無実を証明しようとした米国で最初の裁判である。

1981年11月24日にコネチカット州のブルックフィールドで、アーニー・シャイアン・ジョンソンは彼の家主、アラン・ボノ殺害に対する第一級故殺で有罪となりました。

グラッツェル家の証言によると、11歳のデイビッド・グラッツェルは悪魔を宿主としていたとされます。

デイビッドにまつわる不吉な出来事を何度も目撃した家族は、疲れ果てて恐怖を感じ、デイビッドを「治療」するための最後の手段としてエドとロレイン・ウォーレンの助けを借りることにしました。

そして、グラッツェル家とウォーレン夫妻は、複数の神父にデービッドの悪魔祓いをするよう教会に請願しました。これらの出来事は、ジェラルド・ブリトル著『コネチカットの悪魔』に記録されています。

数ヶ月後、アーニーはパーティーの最中に家主を殺害した。彼の弁護人は法廷で彼が憑依されていると主張したが、判事はそのような弁護は証明されることはなく、したがって法廷では実現不可能であると裁定した。その後、アルネは有罪判決を受けたが、10年から20年の刑期のうち、5年だけ服役した。

この裁判は、世界中のメディアの注目を集め、文学やテレビで何度も描かれたため、一躍有名になった。この物語は、後に『The Conjuring』というタイトルで映画化された。The Devil Made Me Do It』(2021年)。

背景

アーニー・シャイアン・ジョンソンとデビー・グラッツェルは、ディスカバリー・チャンネルの「A Haunting」のエピソード「Where Demons Dwell」で描かれた出来事について、直接の証言をしています。彼らは、自分たちの父親が悪魔憑きの目撃者であると言いました。

ジョンソンとデビーの両氏は、ウォーレン夫妻の記憶を頑なに支持した。超常現象が始まったのは、購入したばかりの賃貸物件の清掃に行った後だという。

デイビッドは、老人が現れて、彼を押して恐がらせたと回想している。夫妻は当初、デイビッドが掃除をしない口実に老人を利用したのだと思ったが、デイビッドは、老人が「もしグラッツェル家がその賃貸住宅に引っ越したら危害を加える」と誓っていたことを告げ、その老人の幻影を見た。デイビッドが見た老人は、悪魔のような獣の姿で現れ、ラテン語をつぶやき、魂を奪うと脅してきたという。家族は屋根裏から奇妙な音を聞いたと言われていますが、デイビッド以外の人は老人を目撃したことは無かった。

デイビッドが夜驚症になり、奇妙な行動をとり、原因不明の傷やあざができたので、家族はカトリックの司祭に依頼し、家を祝福してもらおうとした。しかし、恐怖を感じた一家は、この家は邪悪なものであると判断し、もうこの家を借りることはないだろうと考えた。

デビッドの幻覚は悪化し、昼間にも見えるようになった。最初の事件から12日後、家族は自称悪魔学者のエドとロレインのウォーレン夫妻を呼んだ。

エド&ロレイン・ウォーレン夫妻

エド&ロレイン・ウォーレン夫妻

 

ロレインは、デビッドの隣に黒い霧が発生し、明らかに悪魔の存在を示すものを目撃したという。

デビーと彼女の母親は、ウォーレン夫妻に、デイビッドが見えない手で殴られ、首を絞められるのを目撃し、その後、彼の首に赤い印が現れたと言いました。デイビッドは、うなり声を上げ、ヒスノイズを発し、別世界の声で話し、聖書や失楽園からの一節を暗唱し始めたと言いました。グラッツェル夫妻は、毎晩、デイビッドが痙攣やけいれんを起こすと、家族が一緒に起きていたと語った。

 

The Conjuring: The Devil Made Me Do It

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

 

ウォーレン夫妻から複数の憑依の予言を受けた後、デイビッドは3回の「軽い悪魔祓い」を受けることになった。 [1980年10月、ウォーレン夫妻はブルックフィールド警察に事態が危険であることを警告するために連絡した。

目撃者の証言によると、アーニー・ジョンソンはデイヴィッドの悪魔払いに参加する際、デイヴィッドの中にいるとされる悪魔の1つに憑依するよう強要した。

ここで『ホーンティング』は関係者が語るアーニー・ジョンソンの憑依状況から逸脱している。番組によると、アーニー・ジョンソンは悪魔払いの際に悪魔を煽った数日後、悪魔からかなり悪質な攻撃を受け、車を制御されて木に押し付けられたとされるが、無傷であったという。

この事件の後、アーニー・ジョンソンは賃貸物件に戻り、悪魔が宿っているとされる古井戸を調べたという。ドラマ版でも本人の話でも、これが完全に明晰な状態での悪魔との最後の出会いだったと語っている。

井戸で悪魔に遭遇し、目を合わせた後、彼は憑依された。ウォーレン夫妻は、このようなことをしないように警告したと主張している(ただし、彼らの警告は『幽霊屋敷』では言及されていない)。 デビッドの状態がさらに悪化したため、母親の家に住んでいたデビーとアーニー・ジョンソンは、引っ越す時期が来たと判断した。

デビーは、ブルックフィールドに新しく住むアラン・ボノに犬の手入れをする者として雇われることになった。デビーとジョンソンは、彼女の職場の近くにアパートを借り始めた。

入居後、アーニー・ジョンソンはデビッドと酷似した奇行をするようになり、デビーはアーニー・ジョンソンも憑依されたのではないかと心配になりました。デビーによると、ジョンソンは恍惚状態に陥り、唸ったり幻覚を見たりするが、後にその事は全く覚えていませんでした。

 

デビッド・グラッツェルについての
エドとロレーヌ・ウォーレンへのインタビュー。

殺害事件

1981年2月16日、アーニー・ジョンソンはライト・ツリー・サービスの仕事を病欠し、妹のワンダとデビーの9歳のいとこのメアリーと共にデビーが働いていた犬小屋に合流した。そして、デビーが働いている犬小屋に、妹のワンダ、デビーの9歳の従姉妹のメアリーを連れて行き、大家のボノに昼食をおごってもらい、大酒を飲んだ。

この時、ボノは酔っており、興奮状態にあった。 ジョンソンはアパートに戻り、ボノにメリーを解放するように命じた。

ワンダは警察に以下の出来事を語った。 デビーが2人の間に立って状況を緩和しようとするとメリーは車に走ったワンダはジョンソンを引き離そうとしたが無駄だった。ジョンソンは動物のようにうなりながら、5インチ(13cm)のポケットナイフを抜き、ボノを何度も刺した。 ボノは数時間後に死亡した。ジョンソンの弁護士によると、ボノは「4、5本のとてつもない傷」を負っており、そのほとんどが胸であり、胃から心臓の付け根まで伸びた傷もあった。

アーニー・ジョンソンは殺害現場から2マイル(3.2km)のところで発見され、ブリッジポート矯正センターに125000ドルで保釈されている。 これはコネチカット州ブルックフィールド史上初の不法殺人であった。

 

コネチカット州ダンベリーの郡庁舎に入るアルネ・シャイアン・ジョンソン。1981年3月19日。

コネチカット州ダンベリーの郡庁舎に入るアーニー・シャイアン・ジョンソン。1981年3月19日。

 

メディアの反応と法的手続き

殺害の翌日、ロレイン・ウォーレンはブルックフィールド警察にジョンソンは犯行時に憑依していたと報告した。ウォーレン夫妻の代理人が、この陰惨な事件を詳述する講演、本、映画の製作を約束したこともあり、「メディアブリッツ」がすぐにこの話を取り上げた。ジョンソンの弁護士マーティン・ミネラには世界中から「悪魔の殺人裁判」と呼ばれていた件についての電話がかかってきた。ミネラはイギリスに行き、2つの似たような事件(どちらも裁判にはならなかったが)に関わったことのある弁護士に会った。彼はヨーロッパから悪魔祓いの専門家を呼び寄せることを計画し、デイヴィッド・グラッツェルの悪魔祓いを監督した神父が弁護側に協力しないなら召喚すると脅した。

裁判は1981年10月28日にダンベリーのコネチカット州高等裁判所で行われた。ミネラは所有権による無罪の主張を提出しようとしたが、裁判長のロバート・キャラハンはこの弁護を即座に拒否した。

キャラハンは、証拠がないため、そのような弁護は法廷では存在し得ず、関連する証言を認めることは「非関連的で非科学的」であると主張した。

弁護側はアーニー・ジョンソンが正当防衛で行動したとほのめかすことを選んだ。

このため、陪審員は悪魔憑きを殺害の実行可能な説明として考慮することが法的に認められなかった。陪審員は3日間で15時間審議し、1981年11月24日に第一級故殺でジョンソンを有罪にすることにした。1981年12月18日、彼は10年から20年の禁固刑を言い渡されたが、5年しか服役しなかった。

余波

1983年、ジェラルド・ブリトルはロレイン・ウォーレンの協力を得て、『コネチカットの悪魔』と題したこの事件についての本を出版した。 [ロレイン・ウォーレンは、この本からの利益は家族と共有されたと述べている情報源は、本の出版社によって家族に2000ドルが支払われたことを確認した。

2006年にiUniverseによってこの本が再出版されると、デイヴィッド・グラッツェルと彼の兄弟、カール・グラッツェル Jr, 2006年にアイユニバース社から出版されると、デイビッド・グラッツェルと弟のカール・グラッツェル・ジュニアは、プライバシー権の侵害、名誉毀損、「精神的苦痛の故意の強要」で著者と出版社を訴えた。

また、カールは、この本が彼が家族や他者に対して犯罪や虐待行為を行ったと主張している。

彼は、憑依物語はエドとロレイン・ウォーレン負債が家族と弟の精神疾患を利用するために作り上げたデマであり、彼は超自然現象の主張を信じていなかったので本が彼を悪者として提示したと述べた。 [カール・グラッツェルによると、この事件で発生した世評により、彼は学校を中退し、友人やビジネスチャンスを失うことを余儀なくされた。 ロレイン・ウォーレンは、事件に関わった6人の神父は当時、少年が憑依され、彼女の言う超自然現象が現実であることに同意したと主張し、一家との仕事を擁護した。

「コネチカットの悪魔」の著者であるブリトルは、「家族が物語を語ることを望んだから」本を書いたと言い、家族との100時間以上に及ぶインタビューのビデオを持っており、本が印刷される前に彼らが正確であるとサインしたと言う。グラッツェルの父、カール・グラッツェル・シニアは、彼の息子が憑依されていることを著者に告げることを否定している。 ジョンソンとデビー(現在は既婚)はウォーレン家の悪魔憑きの説明を心から支持し、問題のグラッツェル家は単に金銭目的のために訴えていると述べている。この出来事は2021年の映画『The Conjuring』の前提に触発された。The Devil Made Me Do It』の前提になった。

いごっそう612
映画の元となったアーニージョンソン事件を調べるとほぼ映画と同じ内容です。魔女とかは出てこないけど‥けっこうリアルに映画化されてんだなあ~と驚きました。

 

続いては「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」
の海外の評価

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう