【ザ・ウォーク】 フィリップ・プティの実話を映画化Σ(゚Д゚)

ザ・ウォーク

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!

名匠・ロバート・ゼメキス監督が、ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りをした男フィリップ・プティの実話を3Dで映画化した作品です

スポンサーリンク

作品情報

ザ・ウォーク

英題:THE WALK
洋画:ドラマ
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年1月23日
上映時間:123分
公式サイト

あらすじ

1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが

予告動画

感想

何気なしに観に行ったものの、後で実話と知りビックリΣ(゚Д゚)
クレイジーじゃないっすかΣ(゚Д゚)

いや~驚きました!マジでこんな危険な事しちゃう人がいたなんて・・・

そのクレイジーな人はフィリップ・プティという大道芸人で、彼を演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィットです!そして監督はロバート・ゼメキス!

これは面白そうな予感ビンビン来ちゃいますね(笑)

フィリップ・プティとは?

ザ・ウォーク

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じたフィリップ・プティとはどういった人なのでしょう?

フィリップ・プティ

セーヌ=エ=マルヌ県・ヌムール出身:1949年8月13日産まれで、現在66歳
フランスの大道芸人です。

世界各地の有名高層建築物を無許可で綱渡りする事で知られているそうです。

そして、彼の名を一躍有名にしたのは、この映画で描かれている1974年8月7日にニューヨークのワールドトレードセンターの2つのタワーの間を綱渡りしたことです。

その時の写真がこれ↓
フィリップ・プティ

いや~ヤバいわ・・完全にヤバい!(; ・`д・´)

地上110階、高さ411メートル・・その上で綱渡りするんですよ!
命綱もなしでやっちゃうんだから・・クレイジーだよね~(^^;

そして、映画で描かれている超クレイジーな綱渡りが実話なのだからマジで凄いです!

フィリップ・プティ - Wikipedia

超クレイジーな綱渡りとは?

ザ・ウォーク

映画で描かれる超クレイジーな綱渡りとは何か?

地上110階、高さ411メートル・・その上で綱渡りする・・確かにクレイジーでも、もっとクレイジーな事をしているのだΣ(゚Д゚)

映画で描かれる実際に会った衝撃のシーンは・・

・何往復もする
・綱の上で寝そべる
・お辞儀をする

などだ!
もうね!観てて手に汗握りますよ!手汗半端ないっすよ!

一度目の綱渡りが、前ふりの割にけっこうすぐ終わるんですよ・・
えー(゚д゚)!これで終わりと思いきや・・

綱渡りで反対のビルに帰ろうかと・・戻りだす!
そして警官登場で、あっちいったりこっちいったり・・

その度に、心臓ドックンドックン!
ひー(゚д゚)!まだ続くのー!

どんだけSな映画なんですか?

挙句の果てには、寝てみてり、鳥が来たり・・
怖い怖い・・この人正気なのーΣ(゚Д゚)

これが実話なんだから凄すぎる!
実際に綱の上に45分も居たそうです!

実話と知らずに観てて

( *´艸`) いやいやこれは無いっしょ(笑)

っと思っていた自分が恥ずかしい~!

3Dで観たらマジで怖い

ザ・ウォーク

3Dで観たんですけど、けっこう高さがリアルに伝わってきて怖かったですね(; ・`д・´)

マジで高所恐怖症の方は要注意かも知れません!

それ以外は特に3Dで観るメリット無い映像でしたね!
でも、リアルな高さを感じたいなら3Dがおススメです!

嫁と観たので

いそっそ612
どう高さ(ビルの)感じた? 

と聞いたら

嫁さん
そうやね高いね、でも3Dだからしゃーないろ

っと返答・・

なんか・・変な返答・・もしかして・・

嫁さん
2200円痛いわ~

やっぱり・・

いやいやいや、値段の高さじゃないから!!

っと突っ込みました(笑)

確かに3Dは高いけどね(^^;

この映画の評価、おすすめ度は?

ジョセフ・ゴードン=レヴィットがやっぱイイっすよね!見事に演じていましたね!リアルな高さの映像もさすがロバート・ゼメキスです!

他にも実話映画が好きな人は『完全なるチェックメイト』とかもありますよ。

【完全なるチェックメイト】実話?ボビー・フィッシャーの精神崩壊世界!!
// 15歳にして全米チャンピオンになった実在のアメリカ人天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャー!米ソ冷戦時代に彼がソ連の最強王者との対...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.7)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.88)
2016年1月25日時点

個人的な私のおすすめ度は?

いそっそ612
おすすめ度:★★★★☆(3.5)です!

それなりに面白かったのですが、ワールドトレードセンターへの綱渡りまでが長くて若干飽きました(-_-;)

でも、実話ベースでここまで面白い話ってあんまりないですからね!
楽しめました(*‘∀‘)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

入力は終了しました。
トップへ戻る