【心が叫びたがってるんだ。】が最高すぎる!

心が叫びたがってるんだ。

言葉で人を傷つけてしまった少女は、二度とお喋りができないように言葉を封印されてしまいました・・・

人気アニメ「あの花」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の監督:長井龍雪×脚本:岡田磨里×キャラクターデザイン:田中将賀が再結集した青春アニメです

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!本日はアニメです!
スポンサーリンク

作品情報

心が叫びたがってるんだ。

原題:心が叫びたがってるんだ。
邦画:アニメ
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年9月19日
レンタル開始:2016年4月6日
上映時間:119分
公式サイト

あらすじ

活発な少女だったものの、ある事を話したことで家族がバラバラになった上に、玉子の妖精にしゃべることを封印された成瀬順。そのトラウマが心に突き刺さり、隠れるようにして生きていく。ある日、通っている高校の地域ふれあい交流会の実行委員会のメンバーになり、さらにそこで上演されるミュージカルの主役を務めることに。困惑する順だったが、メンバーの坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月と行動を共にするうち、自分の中の変化に気付きだす。

予告動画

感想

人気アニメ「あの花」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の監督:長井龍雪×脚本:岡田磨里×キャラクターデザイン:田中将賀が再結集したオリジナル劇場用アニメーションと言う口コミなのだが・・・

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を知らない・・(^^;

そんな自分ですけど、この映画はなかなか青春物として良かったです!

ここ最近観たアニメの中では一番かもしれない!

良い映画でしたね~(*‘∀‘)

この映画を観るきっかけ

心が叫びたがってるんだ。

この映画を観るきっかけになったのは、子供とレンタル店に行った時でした!

いそっそう612
なんかアニメ借りて今晩でも観ようか?
長男
おおっ!イイね~(*‘∀‘)
いそっそう612
こんなんどう?感動しそう(*‘∀‘)

とこの映画を息子に推薦しました!

長男
なんでもええで~

で観るに至りました。

大人向け過ぎて衝撃的すぎた(笑)

心が叫びたがってるんだ。

ちょうどGoogle+でこのアニメの投稿をしていた12 SAOさんという人がいたので・・

(*‘∀‘) 偶然にも今日子供と借りました。

と軽いノリでコメントしていたら・・・

Σ(゚Д゚) マジですか!子供が見る映画じゃありませんよ!

と返信が来たのだが・・

えっ・・マジで・・(;・∀・)

と思いつつも強行して観ました。

すると開始早々出てきたのは・・

お父さんの不倫シーン(/ω\)

馬鹿な・・これは・・ヤバい・・完全に大人向けアニメじゃないか!?

TVを消し・・

いそっそう612
そういえば・・真田丸録ってたからそっちにしない?
長男
うんうん、なんでも良いよ

という感じで息子と観るのは止めました。

心に響く青春ドラマ

心が叫びたがってるんだ。

後日一人で観賞したのだが・・これが意外なほど良い青春ドラマだった!

誰もが体験した学生時代の胸がドキドキするあの感じ・・

悩み、恋をする・・・うーん!良いですね~(*‘∀‘)

これぞ青春!

個人的には、本音を言わず、やる気のない少年・坂上拓実(声:内山昂輝)と恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月(声:雨宮天)の二人のラブロマンスが一番心にキュンキュンと響きました(笑)

意外とグロいドラマでもある※ネタバレあり

心が叫びたがってるんだ。

物語は意外とグロい話も盛り込んでいる・・※ネタバレになるのだが・・

トラウマにより声が出なくなる少女の話が主流なのだ!

幼い頃、ラブホテルから出てきた父親の事を何気なく母に伝えてしまった為に、離婚して家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順(声:水瀬いのり)。

こともあろうか不定を働いた父親に、『全部、お前のおしゃべりのせい』などと言われてしまう・・

まるで・・

下衆の極み

ですね・・

彼女は、突然現れた“玉子の妖精”によって、二度と人を傷つけないようにお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなる呪いをかけられてしまうのだが・・

それは父親の言葉により、トラウマを抱えてしまった為に自己が思い込んだ空想の結果なのだ。

物語は、“地域ふれあい交流会”の実行委員に任命された成瀬順を含む4人が、紆余曲折を得てミュージカルをやることにより、成瀬順をトラウマから解放するという話だ。

意外にもけっこうグロい感じもしたが、大人向けアニメならそれもアリだろう。
子供には理解しずらいと思います。

ラストは皆ハッピー

心が叫びたがってるんだ。

正直ラストは、どうなるんだろう?と心配したが・・心配には及ばなかった。

各々、一番いい結果に収まったように思う

感動し涙が出るようなことは無かったが、サブいぼが出るほど良い映画だった。

学生時代の青春を感じたい方には、文句なしにオススメの映画だろう!

映画も10億円突破の大ヒットとなり、これはスタジオジブリ作品・大友克洋作品・細田守作品に次ぐ、史上4番目のケースという快挙だそうだ。

ラストは映画を作った人々も皆ハッピーで最高の結果になった。

子供と観えなかったのは残念だが、良い映画を観ることができて自分もハッピーだ(*‘∀‘)

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

最高でした!アニメでこんな青春を感じることができるなんて・・舐めてました。
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』も借りてみようと思います。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(4.0)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(4.15)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.49)
2016年4月27日時点

やっぱ高評価ですね!良い映画ですもんね!

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(4.2)です!

いや~最高でした!THE・青春ドラマですね!是非オススメしたい作品ですね!

これを超えるさらなる作品は、やはり『君の名は。』ですね。あわせてどうぞ!

【君の名は。】超感動!邦画最高アニメをあなたは観たか?
【君の名は。】超感動!邦画最高アニメをあなたは観たか?
// 今夏№1のヒット作!「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメ...

どちらも素晴らしい作品です。

オススメの青春アニメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
【心が叫びたがってるんだ。】が最高すぎる!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

トップへ戻る