【殿、利息でござる!】えっ・・まさかのあの人が出演!

殿、利息でござる!

ゼニと頭は使いよう!

『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を『予告犯』などの中村義洋監督が江戸時代の実話を映画化した時代ドラマです。

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!これ実話映画です。
スポンサーリンク

【作品情報】

殿、利息でござる!

原題:殿、利息でござる!
邦画:実話ドラマ
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年5月14日
レンタル開始:2016年10月5日
上映時間:129分
公式サイト

あらすじ

江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。

予告動画

キャストはこいつら!

殿利息でござる!キャスト

この映画を観るうえで知っておいた方が良いキャストを紹介します。基本上記を参考にした方が良いです。

穀田屋十三郎 (阿部サダヲ)

穀田屋十三郎 - 阿部サダヲ

穀田屋の当主。生まれは浅野屋で、穀田屋には幼少期に養子に出された。吉岡宿の窮状を見て、その行く末を案じています。

菅原屋篤平治 (瑛太)

菅原屋篤平治 - 瑛太

茶師。自称吉岡宿一の知恵者

吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという今回の作戦の発案者でもある。

遠藤幾右衛門 (寺脇康文)

遠藤幾右衛門 (寺脇康文)

吉岡宿の肝煎(人の世話をしたり、二者の間を取り持ったりすること)

千坂仲内 (千葉雄大)

千坂仲内 (千葉雄大)

吉岡宿他40か村をまとめる大肝煎(江戸時代、地方行政を担当した村役人の一。代官または郡奉行の下で数村から数十村の庄屋を支配して、法規の伝達、年貢割り当て、訴訟の調停などを行った。)

萱場杢 (松田龍平)

萱場杢 - 松田龍平

仙台藩の出入司(財政担当者)!とにかく厳しい!

浅野屋甚内 (妻夫木聡)

浅野屋甚内 - 妻夫木聡

吉岡宿一の大店である浅野屋の当主。穀田屋十三郎の弟。先代同様の守銭奴と思われていたが、十三郎の計画に協力する。

この辺のキャストを押さえてれば映画も入りやすいと思います。

【感想とネタバレ】

Google+で取ったアンケートで一位だったので観賞!

https://plus.google.com/+いごっそう612/posts/WKZMpmdu9JG

確かに豪華キャストでまとまった映画でした(´∀`)

中村義洋監督だから期待感もアップ!うーんいい作品!

そしてまさかのあの人が出演《゚Д゚》

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

実話!藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げる!※ネタバレ

殿、利息でござる!

いごっそう612
隠映画に描かれている事は実話なのです!

江戸中期の実話を映画化しているそうです。

麻田くん
こういう物語です。

1766年(明和3年)の仙台藩領内の宿場町・吉岡宿・・・

仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「伝馬役が役目として課せられており、通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのだが、吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていなかったのです。

このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担して町は困窮し、破産者夜逃げ者が相次ぐ有様であったのです。

麻田くん
伝馬役にかかる費用はかなりの額・・それはキツイです・・
いごっそう612
そこで菅原屋篤平治 (瑛太)があることを思いつきます。

それは・・

吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという奇策です!

その為に必要な資金は1000両!

麻田くん
現在のお金で言うと3億円です!

藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという奇策!果たして成功するのでしょうか?

実話というのが凄いですね!

自分のためではない未来のために・・

殿、利息でござる!

いごっそう612
この映画の何がすごいって!奇策も凄いが、個を捨て皆のために破産も覚悟でかけを集めた吉岡宿の面々がすごい!

お宝も家財道具も売り払い、家族を奉公に出してまで金の工面に奔走する吉岡宿の面々!何故?そこまで出来るのか?現代人には理解が難しいかも知れません。

ぶっちゃ自分もそこまではできんわ~と思う・・自分の店を潰してまで、街の未来の為に自分を犠牲にできない・・

これが実話ってんだから凄いっすよね、熱い人たちがいたもんだなあ~。凄い!

日本の政治化にはぜひ見習って欲しいものです。

羽生結弦も殿様役で出演※ネタバレ

殿、利息でござる!羽生結弦

観ててラストにビックリしたのだが、まさかのあの人が出ていました!

フィギュアスケート界の至宝!羽生結弦です!

仙台藩藩主・伊達重村で出演しています!

まさかの出演に驚きました《゚Д゚》

これほど殿役が似合う人もいないだろう。チョンマゲ姿も似合っています。

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

コミカルな作りで、シリアスな実話を感動的に映画化したという感じです。笑える部分もめっちゃあります。

前半コメディ、後半ヒューマンという感じでしょうか?

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.7)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(4.07)
TSUTAYA:★★★★☆(3.51)
2016年12月08日時点

おお~高評価!今年の邦画は一味違う!


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(3.6)です!

派手さはないけど、笑いと涙の人情劇です。実話を見事に映画化していましたね。キャストも豪華だし楽しめると思います。

オススメ時代劇映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
【殿、利息でござる!】えっ・・まさかのあの人が出演!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. レビュアン より:

    羽生の殿様役は、ハマり役ですね~この手のチャンバラがない時代劇はツボです。見たいと思いますm(__)m

  2. ともちん より:

    こんばんは(ФωФ)おもしろそうですね~金が絡む話は間違いないです阿部サダヲさんですし(笑)

  3. みーさん より:

    これ見たよ~ 仕事中につけてたせいかあんまり頭に入ってこなかった(~_~;)
    ストーリーは面白かったし、豪華キャストは目を引くね(羽生くんも)
    実話だったんだね~ 人情にあふれる映画だよね

    • みーさんへ
      コメントありがとうございます。
      最近お忙しいみたいで、お疲れ様です。
      まさに人情味あふれる映画です。実話というのがすごいですね(´∀`)

トップへ戻る