【レジェンド 狂気の美学】実在した双子ギャングをトム・ハーディが一人二役で怪演!

レジェンド 狂気の美学

狂気の双子の実話を映画化!

1960年代のロンドンに実在した双子のギャング、クレイ兄弟をトム・ハーディが一人二役で演じるクライムサスペンスです。

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!トム・ハーディ好き必見です!
スポンサーリンク

作品情報

レジェンド 狂気の美学

原題:LEGEND
洋画:クライム・サスペンス
製作年:2015年
製作国:イギリス/フランス
日本公開:2016年6月18日
レンタル開始:2016年12月2日
上映時間:131分
公式サイト

あらすじ

1960年代初頭のロンドン。双子のギャング、レジー・クレイ(トム・ハーディ)とロン・クレイ(トム・ハーディ)は暴力で街を支配し、有力者やセレブリティーとも親しく、権力をほしいままにしていた。やがてレジーはフランシス(エミリー・ブラウニング)と結婚し、ナイトクラブの経営に重点を置くようになる。しかし、組織内の争いやロニーの破滅的な行動により彼らの栄華に陰りが見え始める。

予告動画

実在したクレイ兄弟とは?

クレイ兄弟

ロナルド・”ロニー”・クレイとレジナルド・”レジー”・クレイ・・実在したこの双子はどういう人物なのでしょう?

クレイ兄弟 - Wikipedia

かなり凶悪な犯罪者だったようですね。

レジェンド 狂気の美学

トム・ハーディかなり似ていますね!流石の演技力です!

感想

トム・ハーディのクライム系映画は『クライム・ヒート』がなかなか良かったので

【クライム・ヒート】ラストのトム・ハーディが怖すぎるΣ(゚Д゚)
【クライム・ヒート】ラストのトム・ハーディが怖すぎるΣ(゚Д゚)
// 「ミスティック・リバー」の原作者としても知られる作家デニス・ルヘインの小説を、「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ...

同じくクライム系のこの映画にも絶大な期待を込めていました。

実在したギャングのレジー・クレイとロン・クレイをトム・ハーディが演じる・・

絶対面白いだろ!(*‘∀‘)

そう思うのは自分だけではないでしょう・・・

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

先が読めるストーリー※ネタバレ

レジェンド 狂気の美学

いごっそう612
最初に言っちゃいますが、『クライム・ヒート』と比べると大きく落ちる映画です。

この映画、先が読めちゃうんですよね・・・

まあ、実話ベースだから仕方ないのかもしれませんが・・・

悪の道に染まった男が、弟のせいで人生が狂い転落していく様子が描かれているだけの話をダラダラと描いているだけの話なのだ。

そんな話でしかも先が読めてしまう・・

麻田くん
先が読めてしまったら面白く無いですよね・・

さらに厳しく言えば・・クライム系と言えば・・

いごっそ612
マジで怖えぇ~・・

と思わせるシーンがけっこう大事なんですが・・・

この映画の悪の大親分であるクレイ兄弟は、口で脅すだけで恐怖を感じる様な暴力的なシーンは少ないのです。せいぜいゴロツキの喧嘩レベルくらい・・

クレイ兄弟の悪のカリスマとしての凄さがイマイチ伝わってこない作品だったように思います。

トム・ハーディの1人2役が凄い

レジェンド 狂気の美学

それでもトム・ハーディの1人2役の演技は素晴らしいです。

演じているのも同人物だし、同人物だからこそ実際はその場にいないはずなのだが、別々の二人がその場にいるとしか思えない演技!

いごっそう612
トム・ハーディの演技力を痛感する作品です。

レジー・クレイとロン・クレイの確執を生かせず

レジェンド 狂気の美学

実話ベースだからこそ、惜しかった部分もあります。

いごっそう612
それは、レジー・クレイとロン・クレイの確執です。

賢く好かれているレジ―と違い、嫌われ者のロンは組織にとっては実は邪魔者・・

映画のシーンでも、「ロンを消せないか?」と持ち掛けられるシーンがあるのです。

即座に断るレジ―ですが、ロンを殺すなり、殺そうと迷うなり、殺そうとして殺せなかったりそういうシーンをもっと膨らましていけばもっと面白かったように思います。

喧嘩して殴り合いのシーンもありますが、この二人が離れることはないと想像がつくので面白味はありません。

麻田くん
面白くなる要素があるのに、実話ベースだからこそ面白くできない・・惜しいですよね。

この映画の評価、おすすめ度は?

惜しい映画です。トム・ハーディの演技力を楽しむうえでは良い映画だと思いますが・・面白味は無い映画です。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.47)
TSUTAYA(Filmarks):★★★☆☆(3.5)
2017年1月19日時点

うーん、無難・・そんな感じかな?


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.2)です!

トム・ハーディは好きなのですが、そんなに面白い映画では無かったです。

クレイ兄弟の怖さをもっと描いて欲しかったです。

トム・ハーディ主演の映画は『チャイルド44 森に消えた子供たち』

【チャイルド44 森に消えた子供たち】 殺人鬼アンドレイ・チカチーロを題材に描いた作品!
【チャイルド44 森に消えた子供たち】 殺人鬼アンドレイ・チカチーロを題材に描いた作品!
2009年版「このミステリーがすごい!」海外編で1位を獲得したトム・ロブ・スミスのミステリー小説「チャイルド44」を映画化したミステリーサス...

『クライム・ヒート』

【クライム・ヒート】ラストのトム・ハーディが怖すぎるΣ(゚Д゚)
【クライム・ヒート】ラストのトム・ハーディが怖すぎるΣ(゚Д゚)
// 「ミスティック・リバー」の原作者としても知られる作家デニス・ルヘインの小説を、「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ...

そのどちらも良かったのですが、これは三作の中では落ちるかな?

トム・ハーディのファンで無ければ楽しめない映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
【レジェンド 狂気の美学】実在した双子ギャングをトム・ハーディが一人二役で怪演!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. レビュアン より:

    この映画は、興味があったんですが・・・・・トム・ハーディーの力を持ってしても、ショボイ現実をショーアップするのは大変だという事でしょうか(^^)
    ・・・・しかし双子のケンカ・シーンとか、ちょっとスゴイですね!

    • レビュアンさんへ
      トム・ハーディーの演技力は流石の域なんですけどね~。
      実話ベースということで盛り上がりには欠けましたね(^_^;
      ラストまで殺人は犯しませんしね~。クライム系としてはイマイチですね。

  2. みーさん より:

    1人2役はすごいねぇ!でもギャング映画だもんね・・・
    恐怖感とか緊迫するシーンがあった方が面白いよねぇ~

    • みーさんへ
      コメントありがとうございます。
      クライム系はやっぱ・・観てるこっち側が怖いと思わなければならないと思うんすよ。
      それがこの映画には無いんすよね~。
      惜しい映画です。

トップへ戻る