【帰ってきたヒトラー】リアル過ぎて怖い!ヒトラーの再来?マジで怖い映画です!

帰ってきたヒトラー

21世紀の諸君お待たせしました!

現代にタイムスリップしたヒトラーがモノマネ芸人としてテレビで人気になっていくさまを描き、話題を呼んだティムール・ヴェルメシュのベストセラー小説を実写化したコメディ

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!これはヤバい!
スポンサーリンク

作品情報

帰ってきたヒトラー

原題:LOOK WHO’S BACK
洋画:コメディ
製作年:2015年
製作国:ドイツ
日本公開:2016年6月17日
レンタル開始:2016年12月23日
上映時間:116分
公式サイト

あらすじ

ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何かに取りつかれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。戦争を体験した一人の老女が本物のヒトラーだと気付くが……。

予告動画

感想とネタバレ

マジかΣ(゚Д゚)ドイツでこんな映画が!?

と驚くこと間違いなしの映画であります!これぞブラックコメディっすねタブーを恐れぬ問題作です。

ドイツでこんな映画が製作された事に驚きますね。

ドイツ国内だけで200万部以上を売り上げた大ベストセラーを映画化した作品であります!

監督はドイツのデヴィッド・ヴェンド!ヒトラーには無名の舞台俳優オリヴァー・マスッチが抜擢されています。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ヒトラーが帰ってきた!

帰ってきたヒトラー

いごっそう612
映画はあのアドルフ・ヒトラーが、なぜかタイムワープし2014年のベルリンで目を覚ました!という設定です。
麻田くん
ちなみに現実では、ヒトラーは1945年に死亡しております。
アドルフ・ヒトラーの死 - Wikipedia

そのタイムワープしたヒトラーは、未来の世界に来て社会の激変ぶりに戸惑いますが、道行く市民や観光客は彼のことをモノマネ芸人だと思い勘違いしてしまうのです。

帰って来たヒトラー

麻田くん
道行く人々に写メ取られたりと観ててけっこう笑えます。

序盤はもしヒトラーが現代にいたらという感じで割と笑えます。

ドイツの移民問題が浮き彫りに!

帰ってきたヒトラー

いごっそう612
ドキュメンタリーの市民の声がリアルで面白いです。

本作の見どころの一つは、マジで行ったドキュメンタリーです。

リストラされ起死回生を狙うテレビマンがヒトラーの密着ロケを行うのですが・・

ヒトラーの格好をした男を目の当たりに、ドイツ市民はどんな反応を示すのか?

ここの部分をマジでやっちゃったところですΣ(゚Д゚)

麻田くん
ドイツでそんなことやっても大丈夫なんですか・・?

絶対にタブーで、人々はさぞ嫌悪感や拒否反応を示すかと思いきや・・

いごっそう612
意外にギャグで通じているΣ(゚Д゚)

どこまでも、ヒトラーになり切り会話するオリヴァー・マスッチですが、市民はわりかしギャグだと通じていました。

いごっそう612
でもマジで怒ってる人もいました・・・(やっぱりね・・)

そして市民に、ヒトラー役のオリヴァー・マスッチが

「今の生活に不満はないか?」と問うと

ドイツの問題が浮き彫りに・・・

一番に出たのは移民問題!!

移民問題とドイツの課題 - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト
ニュースを追跡:移民問題とドイツの課題
いごっそう612
この問題は介護の労働力に外国人を受け入れようとしている日本も他人ごとではない!

そんなドイツの問題がリアルに見えます。

ヒトラーの再来!トランプ大統領?

帰ってきたヒトラー

いごっそう612
終盤は笑えない・・マジで怖くなります。

市民やTV討論などで熱弁をふるうヒトラー!

麻田くん
始めは笑って観ていた視聴者も徐々にヒトラーの言葉に心酔していきます。

過激ながら正論に聞こえてしまう“ヒトラー語録”の数々に、ドイツ中から熱烈な支持を集めることになっていくのです。

これは、民衆の心を操るアドルフ・ヒトラーのプロパガンダです。

ナチスのプロパガンダ - Wikipedia

この映画は、いかにヒトラーが権力者にのし上がったのか、トランプが大統領になった様に右傾化する現代社会においてヒトラー再来の現実味を描いた作品だと言えます。

トランプのアメリカだけではない。世界で「疑似右傾化」と「疑似保守化」が進んでいる。
世界中の多くの人と同じように、米大統領選の結果については、僕も相当に驚いた。ただしまったく青天の霹靂というわけではない。後付けのようで潔くないけれど、選挙戦終盤の報道を見聞きしながら、トランプ大統領誕生の可能性を多少は意識していたような気がする。なぜなら僕は、子供の頃から筋金入りのネガティブ思考だ。運動会の徒競走の際に...

ラストまで観てて、途中は笑ってましたが・・これは怖い作品だと理解しました。

どこまで行ってもヒトラーはやはりヒトラーだったのです。

民衆はヒトラーを求めているのでしょうか?トランプ大統領はヒトラーの再来となるのでしょうか?

これからの世界はどうなって行くのでしょう?怖いです。

この映画の評価、おすすめ度は?

なかなか見応え抜群の作品です。コメディですが・・究極のブラックコメディです。

これはヤバい!!

ブラック・コメディが好きな方は『人生スイッチ』もオススメです。

【人生スイッチ】映画マニア絶賛のブラック・コメディ!
// そのスイッチ押したら最後・・・スペインの名匠ペドロ・アルモドバルがプロデューサーを務めたひょんなことから窮地に立たされる男女6人の姿を...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.7)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.98)
TSUTAYA(Filmarks):★★★☆☆(3.8)
2017年1月24日時点

なかなかの高評価です!ドイツ映画侮りがたし!


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(3.7)です!

なかなかリアルに怖いブラック・コメディでしたね。マジで考えさせられました。

オススメのブラック・コメディ映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. レビュアン より:

    これはみたいです!気になってます!ブラック・コメディー風味なんですね(^^)
    チャップリンの「独裁者」のパロディーのような匂いもします。見ますm(__)m

    • レビュアンさんへ
      始めは笑って観てましたが、最後まで観てよくよく考えると怖くなる映画です。
      世間はヒットラーを欲しているにかも?
      怖いです。

  2. ともちん より:

    おはようございます( ̄▽ ̄)今アイヒマン系のナチものを観てますが・・ナチもので笑いをとるような映画が許せない今日この頃です。

    • ともちんさんへ
      そこですよそこ!ともちんさんのお怒りごもっともならドイツ人はもっと怒るのでは?
      そう思ったら笑っているんですよね・・
      時代で戦争が風化したという事ですよね。正直それが怖いです。

トップへ戻る