本日は、2016年の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」ネタバレ感想です。

 

この映画は、非常にラストが衝撃的賛否両論となりました。

最高のラスト、感動したという人もいれば、カルト映画!ラストで台無しという人もいます。

読んでいる貴方は、どっち派になるのでしょうか?

その事については、記事の最後の方に書いています。

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」は、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る濃厚家族ドラマです!

『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、第40回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞を受賞しています。

いごっそう612
賛否両論の映画…あなたはどう感じるのか?

湯を沸かすほどの熱い愛:作品情報

湯を沸かすほどの熱い愛

原題:湯を沸かすほどの熱い愛
邦画:ヒューマン・ドラマ
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年10月29日
レンタル開始:2017年4月26日
上映時間:125分
公式サイト

あらすじ

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

予告動画

湯を沸かすほどの熱い愛:感想とネタバレ

夫が蒸発し、中学生の娘がイジメに苦しむ中、突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、絶望することなく持ち前の明るさで家族の再建に奔走していく姿を描いた中野量太監督が宮沢りえを主演に迎えて贈る感動の家族ドラマです。

共演には、杉咲花、オダギリジョー、駿河太郎、松坂桃李などが出演!

 ↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ガンで余命2ヵ月の母の家族再生の物語※ネタバレ

湯を沸かすほどの熱い愛

突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、絶望することなく持ち前の明るさで家族の再建に奔走していく姿を描いた作品です。

中学生の娘がイジメにあっていたり、一年前に蒸発した旦那を連れ戻したり、他人の子を我が子として育てたり、銭湯を再建したりと大忙しです。

いごっそう612
余命2か月なのにこんなに明るく精力的に動けるものなのか?

 

観てて宮沢りえ演じる双葉は本当に凄いと思いました!

湯を沸かすほどの熱い愛

もちろん泣ける映画です!

湯を沸かすほどの熱い愛

ただ突っ込みどころも満載です。

ガンでいつ急変するかもしれないのに、双葉の運転で家族旅行にいくのに・・ついていかない旦那の一浩(オダギリジョー)…

いごっそう612
事故での保険金目当てで全員死ぬのを狙った?

と噂もたったほどです(笑)

湯を沸かすほどの熱い愛

野獣のように暴力的な双葉…

昔捨てられた母に会いに行くも断られ、赤ちゃんがいる場所に物を投げこみガラスを割る・・・

お漏らしした女の子のパンツをドアにかける!?

いごっそう612
おいおいマジかよ(゚д゚)!

 

ところどころこの様なシーンがあり、マジか(゚д゚)!と突っ込んでしまいました・・

しかし、総評すると泣ける映画です。

 

死の前に、自分なしでもなんとか子供たちが生きていけるように・・鞭を振るいながらも前に進ます姿は、何とも言えない切なさがありました。

双葉の人生を思うと不憫にも感じます‥

やっと幸せになれる場所ができたのに・・死んでしまうのですから…

しかし、彼女と出会えた人々は幸せだったなあ‥と思います。

病院での双葉の「死にたくない」という言葉は号泣してしまいます。

死ぬまでにやらなければいけないことを全てやり遂げた双葉・・・後悔なしに逝けたのでしょうか?

いごっそう612
涙なしには観ることができない映画です・・・

杉咲花が脱いじゃった(゚д゚)!

湯を沸かすほどの熱い愛 杉咲花

何とこの映画で杉咲花ちゃんが脱いじゃったのです(゚д゚)!

いごっそう612
杉咲花ちゃんの女優魂を観た!!

 

脱いだといっても安心してください下着姿です。

いじめっ子に立ち向かうシーンで脱いだのですが・・・

このシーンは本当に必要だったのか?

いごっそう612
監督が話題作りで脱がしたような気もしますね…

 

中野量太監督は、ヒットするために計算して映画を作る・・そういう傾向があるような気がします。

ラストはホラー?燃やした?火葬?※ラストネタバレ

湯を沸かすほどの熱い愛

中野量太監督の計算はラストにも炸裂します!そのおかげでとんでもない問題作となってしまうのです・・・

いごっそう612
この映画は・・伝説的問題作となりそうな映画です。

 

それは・・死んだ双葉を銭湯の薪で燃やすという衝撃的ラストです。

 

なんというラストでしょう…

その双葉を燃やして沸かしたお湯に皆で浸かり・・画面に出てくる文字は・・

湯を沸かすほどの熱い愛

 

ここで、映画の題名の意味が分かります。

双葉の身体を燃やし沸かしたお湯、双葉の心は‥湯を沸かすほど熱い愛を持っていたのでした。

 

そして、銭湯の煙突から出てくる赤い煙…

良いラストだった、と言いたいのですが‥僕はこのラストは衝撃的だったけど、感動を呼ぶものとは思えませんでした。

正直‥

いごっそう612
完全にホラーじゃないか…

 

と怖くなりました。

せっかく良い物語だったのに、ラストにすべてが台無しになった様な…

なんで燃やしちゃったんだろう‥と残念でした。

 

しかし!一緒に観ていた嫁は‥

鬼嫁
いやいやいや、そんなわけないやん!燃やしてないって(笑)ちゃんと火葬場で火葬したに決まってるよ。

という見解でした。

 

という事で!ラストを調べてみようとなり、ネットを調べてみたら足が映ってたとか書いてる人もいたので、再検証してみたのですが・・映ってない・・

良かった~ホッとしたのもつかの間、字幕ナレーションで「炎の中に見える足の裏」と書いているというでは無いですか!?

やっぱり、死体を銭湯で火葬していました!

 

観る人によって感じ方が違う、答えをハッキリさせない手法かと思いきや、とんでもないラスト‥

その、銭湯で浸かる客の事を考えたことはあるのでしょうか?

バレたら完全に、TVで話題になる様な事件です。

いごっそう612
完全なホラー…

 

この部分については賛否両論で意見が分かれるところです。

色々な意見はあるでしょうが、僕は‥このラストが怖かったです。

この映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の評価は?

湯を沸かすほどの熱い愛の評価…

この映画どう評価していいのか、良い映画だったんですけど、でもラストは‥

うーん…とにかくちょっと観てほしい問題作映画となっています。

まさしく、映画マニア必見の話題作ですね。

参考映画マニア必見!観ておきたい話題作!

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(4.0)

Yahoo!JAPAN映画(3.89)

Filmarks(4.1)
2018年9月02日時点

おお~なかなかの高評価!!

賛否両論ながらも、高い評価を受けていますね。

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.8)です。

 

良い映画でしたね、感動もしました!

しかし、ラストは話題にはなりますけど・・映画の評価は下がっちゃいましたね。

一緒に観た女性目線、嫁の評価は?

鬼嫁

点数つけるとしたら

(3.7)やね!

 

ストレートに良い映画で終わって欲しかったね。

まあ、監督の狙いだったんやろうけど‥

 

だそうです。

良い映画なんですけどね、ラストの感じ方で評価が変わるかもしれません💧

僕みたいに、とんでもない問題作だ!と驚いた人は評価が下がっちゃうかも?

でもね、なかなか計算されつくされた映画ですよ!

中野量太監督侮りがたしです!!

関連記事
コメント一覧
  1. kamoko より:

    ヨンドゥを船内で火葬しちゃったのにもビックリしましたが…

    私は、もし事故でもあって死んだら、自分の灰の一部を、必ずニュージーランドに撒いてくれと家族に懇願してます。

    一番好きな場所に行きたいです。。最後は。

    • kamokoさんへ
      コメントありがとうございます。
      ヨンドゥ・・思い出しただけでも泣けてくる・・
      しかし、ニュージーランドですか、自然と羊のイメージがあります。
      良い国なんでしょうね。いつか行ってみたいです。

  2. レビュアン より:

    宮沢りえの説得力はスゴイですが、ぞれでも無理が相当ありそうですね~その無理が、死を目の前にした英雄的行為とみるか、あり得ないと思うかで評価が別れるということでしょうか・・・・・

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      ラストまではなかなかの感動作で宮沢りえ演じる双葉は凄いなあと感動しました。
      しかし・・ラストがね・・ちょっとヤバすぎるというか・・いくらなんでもそれはないだろうっと・・
      総評したらいい映画ですけど、それよりラストが印象に残りますね。

  3. ゆり より:

    初めまして。wowowで初出ししていたのを見ました。途中から涙が出て止まりませんでした。私も母親なので気持ちはよくわかります。いつかこういう日がくるのだから日々愛情ある母でいないと。イジメの対処の仕方は色々ですがこの娘ならこのやり方で乗り越えていけると思ったのでしょう。ラストは確かに火の中に足が映ってますよ。見終わった時、3分ほど衝撃で動けませんでしたが。本人の遺言かはわかりませんが、私はホラーだとは思いませんでしたよ。他人からしたら怖いことかも知れませんが自分の親の遺骨を形見にしたりすることもありますし、側にいる、一人にしないという意味では繋がります。母の愛の証を身体に染み込ませるという意味かな。かなりハードですが強い愛を感じました。

    • ゆりさんへ
      コメントありがとうございます。
      母親親目線で見たらすごく共感できるっしょ!良い映画でしたね。
      ラストやっぱ足が映っていたんですね、自分見つけられなかったけど、そういう終わりなんですね。
      ゆりさんのコメントで映画の題名の意味が分かったような気がします!
      ありがとうございました。

  4. ゆむら より:

    すみません、まるで悟ったように「最後で台無し」だとか簡単に言ってしまえる貴方様が少し、勿体ないと思いました。《この映画の意図は何か。》人それぞれ何か作り物(映画、本…)を心で受け取った時、経験や自分の意見が浮かぶ。それは当たり前のことで、だからこそ面白くて…。でも、でも、、それをこうやってブログみたいに載せるのなら、もう少し賢く言葉を文にする時…形に残すのなら、もう少し考えた方が賢いんだと思います。余計なこと言ってるかもしれませんし、偉そうに聞こえてしまったらすみません。ただ私はホラーでは無いと思ったし、愛だと感じたのに、そんな簡単に問題作だとかホラーだとか言われるのは私の家族も私も人格を否定されたようで、悲しくなりました。
    世間のいう「ふつう」の感覚とか、「こっちが正義」だとか。この映画にしても、ジャンルでいうならどれに近いかな、って枠に当てはまるのって正直単純です。評価してしてるぶん、もちろんどちらかに意見は偏るのだとは思いますが。

    たぶんあなた様からホラーって言葉がでたように、ラストに「怖く」感じたのは、経験をしたことない方だから。私はただ、そっか。と思いました。父が自分のお母さんの亡骸を火葬する瞬間を、溶けていくのを、忘れられない、と聞いていたこともあるかもしれません。そういう風に私は、聞くだけでも「経験」していたから。怖くなかった。

    色んな方がいて、色んな感じ方があって、色んな人生があって。それでも、人の心に何かを残す映画って、やっぱりいい映画なんだと思います。

    泣きました。ボロボロでした。長々と失礼しました。あなた様の意見を拝見できて良かったです。ありがとうございました(*^^*)

    • ゆむらさんへ
      コメントありがとうございます。
      おっしゃることは分かります。ゆむらさんの様に思われる視聴者がほとんどと思います。
      賢く無いので、腹の立つような文章はすいません。

      ただ、僕は家族の火葬も経験しています。その上で書かせていただきました。
      もちろんこの映画は、良い映画であることもは間違いありません。

      ただ、自分は銭湯に行くにあたって誰かを火葬したような銭湯は入りたくありません。
      もし、ニュースで銭湯で家族が火葬と聞いたら怖いと思ってしまいます。

      あの家族は、火葬した銭湯でそれを黙って営業していくんですよね?
      それって怖くありませんか?

      この映画を観て、ゆむらさんの様な意見が9割、1割が怖いと思ってしまう僕の様な意見の方に別れると思います。
      映画は観る人によって、感じ方などが違うと思います。
      どちらか片方の意見にあえて合わせる必要も無いのでは?

      ゆむらさんには、ゆむらさんの考えや感じ方があって、それも正解でありますし、もちろん否定などはしません。
      ただ、僕には、僕の考えや感じ方があります。

      お互い、意見が違うで良い様な気がします。
      今回、ゆむらさんの意見重く受け止めさせてもらいます。
      人を不快にさせないように少しは考えていきます。
      ありがとうございました。

  5. みどり より:

    はじめまして。たったいま映画を観終わったところで、ラストが衝撃すぎて思わず検索してこちらにたどり着きました。

    日本語ガイド付で見ていたのですが、ナレーションで「炎の中に見える足の裏」としっかり入っていて「!!??」となりました。ナレーションがなかったら気がつかなかったところです。泣ける映画と聞いて観て、実際ボロボロ泣いていたのですがラストの衝撃に一気に怖くなってしまって、、。母親を火葬して温かくなったお湯で気持ちいいって言うとかリアルに想像すると無理すぎて(T_T)良い映画だと思って観ていたのですが、このラストだけで人にすすめづらくなってしまいました。

    色んな意見あるかと思いますが、同じ様に思った方の感想が読めて良かったです(^_^;)ありがとうございました!

    • みどりさんへ
      コメントありがとうございます。
      ナレーションで出てたんですね~。やはり…燃やしていた‥

      怖いですよね
      現実的に考えたら本当に怖い…
      凄く良い映画だったのに‥ラストにホラーになっちゃいましたね。

      僕も、同意見の方がいてホッとしました(笑)
      ありがとうございました< (_ _)>

  6. のんたん より:

    こんにちは。作品選択がユニークで、ちょくちょく閲覧させてもらっています

    この作品は早稲田松竹で見ました
    はっきり言って、ラストシーンでそれまでの経緯がとんじゃったかな、と。
    個人的には、ホラーというよりファンタジーになっちゃったかな、と

    いごっそうさんの仰るとおり、現実的に考えたら
    色んな意味で、ないわ~と思うし。
    もっと突っ込むと、薪を焼く程度の温度と火葬場の温度は随分違うはず。
    つまり、近所から大クレームがくるくらいの異臭がするのでは?

    確かに個人の受け止め方は様々で、愛だ!と納得できる人もいるでしょうし、
    色んな受け止め方ができるのは良いことかもしれないですね
    アメリカでは遺体を肥料にする、という試みもあるらしいですし。

    ただ、主演のりえさんもこのラストには強い抵抗を感じていたと聞いています

    個人的に見終わった後に残ったのは、ラストと
    どこかのシーンでのりえさんの怒り顔
    あれは今までみた怒り表現の中でも、ダントツ怖かった~

    • のんたんさんへ
      コメントありがとうございます。

      なるほど、確かにおっしゃる通り!火葬中炉内平均温度は、およそ800℃~950℃らしいですし、そこまで薪では無理でしょう。
      そしたら、焼くのに時間もかかり異臭騒ぎに…大問題、刑事事件です

      宮沢りえさんの演技は素晴らしかったですね、そして良い映画だったのに惜しい
      僕も、ラストの薪ばっかり印象に残ってしまいました。
      良いラストなのかも知れませんが、最後まで泣ける心に残る展開が良かったです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう