【スノーデン】アメリカは本当に同盟国なのか?

世界中のメール、SNS、通話は米政府に盗聴されていた

ハリウッドを代表する社会派監督オリバー・ストーンが、アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた元CIA職員エドワード・スノーデンの実話を、ジョセフ・ゴードン=レビット主演で映画化した人間ドラマ

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!またまた実話ものです!
スポンサーリンク

作品情報

スノーデン

原題:SNOWDEN
洋画:ヒューマン・ドラマ
製作年:2016年
製作国:アメリカ/ドイツ/フランス
日本公開:2017年1月27日
レンタル開始:2017年7月5日
上映時間:135分
公式サイト

あらすじ

2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

予告動画

感想とネタバレ

エドワード・スノーデンという名前は聞いたことがあったけど、具体的にどういう人なのかは知らなかったんですけど、この映画で知ることができました。

ただ・・この映画で描かれていた真実には驚愕します・・

いごっそう612
(; ・`д・´)アメリカってマジでやばい・・

同盟国として本当に信じていいのかなあ・・と不安感も・・

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

エドワード・スノーデン

エドワード・スノーデン

左がジョセフ・ゴードン=レビット演じるエドワード・スノーデン で、右が本物のエドワード・スノーデンです。

この映画は、有名なエドワード・スノーデンがどういう人物で、何を知り何をしたのかを描いています。

ジョセフ・ゴードン=レビットは上手く雰囲気をつかんで演じていたと思います。

いごっそう612
エドワード・スノーデンを詳しく知りたい方はこちらをどうぞ↓
エドワード・スノーデン - Wikipedia

コンピュータセキュリティ関連の専門家でもありますね。

現在は、ロシアに隠れているらしいです。

トランプ政権になってロシアから強制送還の可能性もあるらしい・・

米国に強制送還? スノーデン氏を待ち受ける運命とは?
今月10日、米NBCテレビは米情報当局の話として、プーチン・ロシア大統領が元米国家安全保障局(NSA)局員、エドワード・スノーデン氏をトランプ米大統領に「お土産」として引き渡すことを検討していると報じ…
いごっそう612
優秀な人物だけに、アメリカは非を認め再雇用してコンピュータセキュリティ関連を強化して欲しいなあ・・無理だろうけど・・

スノーデンが見た真実とは※ネタバレ

スノーデン

何か告発した人・・?

スノーデンを知っているのは、それぐらいの人も多いはず・・

この映画では、スノーデンが見たアメリカの真実を分かりやすく描いています。

彼が見た物は・・・

アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラム

麻田くん
どんなプログラム何ですかね?

そのプログラムでできることは・・?

テロリスト、民間企業、さらには個人までも対象にアメリカ国内のみならず全世界のメールやSNS,携帯電話での通話を覗き見れ、スマホ、PCのカメラのハッキングも可能と言う恐ろしいものです。

いごっそう612
(゚Д゚;)俺のインスタのプライベート写真があ~!

許可も得ず、勝手に見れちゃうんですよね・・アメリカが世界を監視していたという恐ろしい真実です。

しかも、日本や同盟国の国家機能を担うサーバーにマルウェアを仕込んでいたらしい・・

この映画を観ると・・本当にアメリカを信じてよいのか?と疑問に思ってしまう。

エドワード・スノーデンは出世コースに乗っていたんですが、自身がピンチに陥ることを覚悟して公表するんですよね。

見返りを求めない正義の行動・・

自分なら公表できるだろうか?

いごっそう612
よくよく考えると、この人マジすげえや!

と思っちゃいますよね(゚Д゚;)

でも、それを映画化したオリヴァー・ストーン監督もマジで凄いと思います!

この映画の評価、おすすめ度は?

そんなに面白い場面とか盛り上がるシーンとかあるわけでは無いのですが・・

いごっそう612
けっこう面白かったです!

オリヴァー・ストーン監督の作りが上手いのだろうか?まったく飽きることなく観れちゃいましたね。

実話というのが凄いですね、他にも実話映画は“奴隷の島、消えた人々”とかもオススメです。

【奴隷の島、消えた人々】障害者ら100人を「奴隷」にし、強制労働した韓国「新安塩田奴隷事件」を映画化
// 新安塩田奴隷労働事件! 2014年、韓国社内に大きな波紋を投げかけた実在の出来事、新安塩田奴隷事件にヒン...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.6)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★(3.84)
Filmarks:★★★★☆(3.7)

海外の評価Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)
批評家61% 観客71% が肯定的な評価をしています。
2017年7月27日時点

おお~そこそこの評価ですね(^^♪

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
  (3.7)です!
 

なかなか勉強になった映画でした。

アメリカはこの事実を隠したいでしょうね・・でも・・

知っておくべき実話映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. asami より:

    これ、さっきTSUTAYA行った時借りようか迷ってたんですー!!面白そうだなと思って。

    記事読んで面白そうだったので、今度借りてみてみます(*^◯^*)

    • asamiさんへ
      コメントありがとうございます。
      さすがオリヴァー・ストーンと言う感じで、けっこう面白かったですよ。
      実話なので勉強にもなりますしね~(^^♪
      もし、合わなくて面白く無かったらゴメンナサイ

  2. Kamoko より:

    私は、スノーデン(本人)の行動には納得いかないなあ。。。ジョセフ・ゴードン=レビットは大好きなんですけれど(;^ω^)
    彼は、本当におもしろい人です(^_^)

    • Kamokoさんへ
      コメントありがとうございます。
      ジョセフ・ゴードン=レビットいいですよね~昔”ドン・ジョン”って映画のジョセフ・ゴードン=レビットの髪型が気に入って同じようにしていたことがあります(笑)

トップへ戻る