世界があなたの度胸に課金する

危険な視聴者参加型オンラインゲームが題材の青春スリラー

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!こんなゲームがあったら挑戦しますか?

作品情報

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

原題:NERVE
洋画:スリラー・青春
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年1月6日
レンタル開始:2017年5月3日(TSUTAYA先行レンタル)
上映時間:96分

あらすじ

高校生のヴィー(エマ・ロバーツ)は、ひょんなことから裏オンラインゲームに参加する。それは視聴者が出す指令をクリアして賞金をつかむというもので、彼女は見知らぬ者と5秒間キスをして賞金の100ドルを得る。同じゲームのプレイヤーでもあったキスの相手イアン(デイヴ・フランコ)と一緒に、繰り出される指令を遂行していくヴィー。人気プレイヤーコンビとなって多額の賞金を手にする二人だったが、イアンの怪しい一面が浮き上がり、さらに指令の過激さもエスカレートしていき……。

予告動画

感想とネタバレ

SNSと現実世界でのチャレンジを融合させたオンラインゲーム“ナーヴ”ってのに挑戦し、視聴者が出すミッションをクリアして賞金を得ていく話・・

いごっそう612
何かどっかで観たような?

何となく、タイのホラー映画『レベル・サーティーン (2006)』を思い出しました。あれはあれでけっこうヤバい映画でしたけど、ヤバさ控えめで、SNSを混ぜた感じの映画っすね。

まあ、でもTSUTAYA先行は良い作品多いんですよ~。

『ラ・ラ・ランド 』とかもありますしね!

期待して借りてしまうのもしょうがないですよね。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ネット社会批判映画※ネタバレ

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

ハッキリ言ってしまえば・・

ありがちな映画ですね!

面白かったと言えば、まあまあ面白かったような気がするけど・・・

新鮮味が無いし、パンチが弱い・・よくある普通の映画という印象です。

視聴者参加型オンラインゲームに参加したヒロインが、ひょんなことから謎の青年とタッグ組んで、ガンガンお題をクリアして稼いでいくのです。

100㌦→200㌦→500㌦→10000㌦みたいな感じでガンガン賞金が跳ね上がって行くと共にお題もかなりハードになって来ます。

いごっそう612
NERVEのルールはこんな感じ

■サイトにアクセスして「挑戦者」か「視聴者」を選択
■“挑戦”の内容は視聴者たちが指示
■挑戦をクリアするごとに賞金が得られる
■挑戦は挑戦者自身のスマホで撮影する
■挑戦に失敗、棄権するとそれまで得ていた賞金は没収
■NERVEの存在を密告した者には制裁が科せられる

“レベル・サーティーン”の時もちょっと冷めてしまったのだが・・

挑戦に失敗、棄権するとそれまで得ていた賞金は没収

というのがすっごく嫌!!

どんだけ稼いでも、最後の最後でクリアできなかったらそこまで稼いだ賞金全部なくなってしまうんですよ?

いごっそう612
ラストに絶対無理な問題出せば良いだけじゃないか?

てかそれって一問一問賞金出す必要ある?最後まで行けてクリアで来たら賞金あるってのでいいじゃん?

挑戦に失敗、棄権するとそれまで得ていた賞金は没収

そんな主催者側の圧倒的に有利な条件で、参加するやつはいないだろ?

いごっそう612
大借金があるなら分かるが・・

棄権してもそれまでの賞金は手に入る、でも金が欲しい主人公は次々挑戦してしまう・・

それなら分かる・・

100回クリアしても一回失敗したらダメってルールおかしくないっすか?

挑戦に失敗、棄権するとそれまで得ていた賞金は没収というルールがあるせいで、リアリティが一気に薄れ面白く無くなってしまいます。

まあ、そんなクソルールでも主人公たちは挑戦して行くんですけどね。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

いごっそう612
挑戦を動画配信して人気者になるというのはユーチューバーっぽいっすよね。

そういう部分を混ぜたことは、けっこう現代的で面白かったりはします。

あいつより目立ちたいから、もっと危険なことを・・そういうのはあるかも知れないっすね。

それをスマホで見て騒ぐ視聴者・・誰が死んでも知らんぷりの視聴者・・

途中で気づきますけど、監督の言いたいことは、ネット社会批判・・

まあ、言いたいことは分かるが・・イマイチ怖さを感じなかったっすね。

いごっそう612
終盤もけっこう無理やりな感じ・・

序盤はそこそこだったんですけど、終盤は一気に冷めてしまいます。

最終的に・・

いごっそう612
普通だったな・・

て感じで、長い間記憶に残らない映画ですね。

この映画の評価、おすすめ度は?

うーん、悪くはないんですけど・・普通ですね。面白くなる要素はあるんですけどね~。

TSUTAYA先行はけっこうこちらのハートをくすぐる映画が多いですね~。

『暗黒女子』とかもそうでした。

TSUTAYA先行は侮れません・・

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.2)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.27)
Filmarks:★★★★☆(3.5)

海外の評価Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)
批評家65% 観客67% が肯定的な評価をしています。
2017年9月26日時点

総合的にまあまあって感じっすね( ^ω^ )

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
           (3.2)です!
 

普通ですね!クソ映画ってわけではないです。ダラダラ観るのには最適です。

暇なときに観るのに良い映画っすね!

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう