インクレディブル・ファミリー:公式サイトより

本日は、映画『インクレディブル・ファミリー』ネタバレを含めて紹介します。

 

いごっそう612
家族で観たけど最高だった!

 

そんな感じの映画『インクレディブル・ファミリー』は、“家族をテーマに、平穏な日々を送ろうとしていたMr.インクレディブルことボブと一家の日常が、妻のヒーロー活動復帰を機に変化する様を描いたアニメ映画です。

 

今話題のヒーロー物と、家族の絆を描いた作品、これはこの夏!

家族で観に行くべきです!

 

ちなみにこの作品は、第77回アカデミー長編アニメ映画賞を受賞したディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編です。

いごっそう612
感想とネタバレ行っちゃいましょう!

インクレディブル・ファミリー:作品情報

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー:アニメ!アニメ!より引用

原題: Incredibles 2
洋画:アニメ
製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年8月1日
上映時間:118分
インクレディブル・ファミリー|映画|ディズニー公式

あらすじ

妻のヘレンや娘のヴァイオレットら家族と、ごく普通の生活を送っていたMr.インクレディブルことボブ。だが、あることをきっかけに、ボブと同じ驚異的なパワーを持つヘレンが正義のヒロイン、イラスティガールとして再び活躍するようになる。そこでボブは、彼女に代わって家事や生まれて間もない息子ジャック・ジャックの世話をする。

予告動画

感想とネタバレ

あまりにも暑すぎる夏休み…

外で遊べるわけがない!もうこりゃ映画でも観に行くしかない!

という事で、子供たちを連れて『インクレディブル・ファミリー』観に行って来ました。

連れていたのは、10歳、7歳、5歳の子供たち(全員男)です。

前日に「Mr.インクレディブル」をTV放送で観て、子供たちのテンションはMAXです。

 

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

 

映画が始まる前に中国に媚びた短編『Bao』有り

『インクレディブル・ファミリー』本編が始まる前に、不思議な”肉まん”と人間のお母さんの心温まる物語が流れます。

『Bao』という短編アニメーションで、中国生まれでカナダのトロント育ちのドミー・シーが、自信の母親との関係を元に手掛けたアニメーション作品です。

 

セリフも無く、映像だけで魅せる感じの映画ですが、悪くは無いです。

でも…

中国に媚びた感じが半端ない…

映画市場は、中国でヒットするかで大きく変わりますからね~。

いごっそう612
仕方ない…

 

「泣ける」ストーリーに、これまた“家族”の物語なっています。

 

ただ、子供には分かりにくいストーリー…

大人は良いけど、子供は観る前にちょっとテンションは下がっちゃいましたね💧

2018年夏家族で観るオススメ映画

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー映画.com

この映画は、もちろん家族で観るのにオススメの映画です。

何故なら…

大人が観ても共感出来て面白い!

 

ある出来事をきっかけに、メインで働くスーパーヒーローとなるの、イラスティガールこと母ヘレンです。

仕事で家を留守にする妻の代わりに、家事や育児をすることになるのは…

Mr.インクレディブルこと父親のボブです。

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー:映画.com

 

このMr.インクレディブルこと父親のボブの姿が…

まさに自分を観る様でした…

 

専業主婦生活10年を得て、4月から仕事に復帰した僕の嫁さん…

その代わりに、僕にのしかかってきたのは…

家事&育児です!

嫁(鬼)
忙しいから仕方ない!

 

嫁さん保育士なんですけど、クソ忙しい…

月6日しか休みないし、帰って来るのも遅い…

対する僕は、部署異動を願い出てスーパー楽な部署に転属!

だいたいチンで帰れるも、その後家事と育児をするという展開!

いごっそう612
マジでキツイ…

 

映画観る回数も減ってますよ…もう睡眠時間削って何とかしている‥

 

そんなこんなで、今回の『インクレディブル・ファミリー』のボブの姿は‥

自分を観ている様で‥めっちゃ共感できました!

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー:映画.com

父親の子育て奮闘記みたいな感じです。

 

育児や家事をやる父親、そして働く母親!

そういう方たち共感を呼ぶ映画ですね。

 

もちろん、アクションもど派手でカッコ良く、そういう部分でも十分楽しめます。

ヒーロー達の戦いは、X-MENみたいな感じで子供も大人も面白い!

 

そして、終盤にかけてめっちゃ盛り上がってきます。

子供たちも大満足でした!

 

今回はアクションより物語に軸を置かれています。

それがまた絶妙のバランスで、子供も大人も飽きさせる事無く観ることができます。

 

文句なしに、2018年夏家族で観るオススメ映画と言えるでしょう。

いごっそう612
ぜひ!親子で観に行って観て下さい!

この映画の評価、おすすめ度は?

僕は、なかなか面白かったんですけど、この映画の評判はどうなっているのでしょう?

ちょっと調べてみました。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(4.0)

Yahoo!JAPAN映画(4.32)

Filmarks(4.1)
2018年8月05日時点

海外の評価はこんな感じ

Rotten Tomatoes

批評家(3.95) 

観客(4.2)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

IMDb

(4.05)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

おー!国内、海外ともに高評価!!

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.9)です。

 

この夏に親子で観るのには、最適な映画でした。

面白かったし、子供たちも満足していました!

レンタルでこんな感じのアニメ映画を観たいという人には「カーズ3 クロスロード」とかもオススメですよ。

なかなか面白かった!映画館行って良かったなあ~。

ぜひ、親子でどーぞ。

 

子供連れて映画行く人に、1つ忠告!

映画の時、子供にジュースを買うのは止めた方が良い…

3人で6回もトイレに連れて行くハメになりました💧

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう