本日は、2017年の映画カーズ3 クロスロードネタバレ感想、カーズ 4はあるのか?を書いていきます。

自動車たちの世界を舞台に,レーシングカーのライトニング・マックィーンの活躍を描くピクサー・アニメーション・スタジオのアニメ「カーズ」シリーズ第3弾です!

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報


原題:CARS 3
洋画:アニメ
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年7月15日
レンタル開始:2017年11月22日
上映時間:109分
カーズ/クロスロード:公式サイト

あらすじ

迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……。

予告動画

感想とネタバレ

いや~泣けました。当時同時期に上映されていた【怪盗グルーのミニオン大脱走】の方を観に行っていたんですけど

カーズ/クロスロードを観に行けば良かった~(^^;

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

教育にも良いアニメ※ネタバレ

カーズ クロスロード

今回はカーズシリーズの最終章ですね。

いつかは終わりは来るもの…

最速伝説を描き続けたマックィーンにも引退の時期がやって来ます。

いごっそう612
どんなに強いチャンピオンでも負けるときは来るのです。

特に、カーズはレースの映画です。

レーシングカーは日々進歩しており、マックィーンより速い新型が続々と出てくるのです。

カーズ クロスロード

共に闘った仲間は続々と引退…

マックィーンもレースに勝てなくなってきます。

いごっそう612
これ現実でもあることですよね。

ディズニーの子会社、ピクサーはこういう現実的な話もアニメの世界で上手い事描きますよね。

ただ、面白いだけじゃない。

教育にも良いアニメ映画だと言えます。

そして、ただ教育するだけでなく!そういう事に負けない勇気も与えてくれます。

「カーズ クロスロード」はまさにそれ!

引退に追い込まれたマックィーンが、もう一度頑張りたいと努力するのです。

その姿には勇気をもらいますし、負けてたまるかと言う根性ももらいます。

最後には、若者に道を譲る。まるでスターウォーズのヨーダの様‥

もうね・・

いごっそう612
めっちゃ泣けますよ!

過去のドッグ・ハドソンの話から、ドッグの様にマックィーンがなる姿…

カーズ クロスロード

3回は泣けるシーンがあります。

このアニメ見てめっちゃ泣いてたら…嫁が…

鬼嫁
オタクか‥キモイ‥

と罵声を浴びせて来ましたが…

それでも泣ける良い映画です!

 

ディズニー アニメ、ピクサー 映画はこういう系の映画多いんですよね。

勇気と希望、努力と愛の物語です!

 

しかし、この映画どちらかと言えば…大人向け映画かも知れません。

こういう系の内容は、大人なら理解できるけど子供はイマイチ理解できないのかも?

「怪盗グルーのミニオン大脱走」の様な笑って可愛いだけの映画の方が子供には良いのかも知れませんね。

カーズ 4はあるのか

この「カーズ クロスロード」で、ライトニング・マックィーンの話は終結しましたが、今後もこのシリーズ続くのか?

ちょっと調べてみましたが、現在のところ続編情報はなし!

興行収入も思惑通りでは無かった様なので続編は厳しいかもですね。

もし出るとしたら、スピンオフでしょうね。

いごっそう612
カーズ2の失敗が痛かった…

1.3は最高だったと思うんですよ、でも2がなあ‥イマイチだった…

それが、3の興行収入にも響いたんでしょうね。

この映画の評価、おすすめ度は?

個人的には、大当たりだと思います。ただ‥ちょっと大人向けかな?

子供には若干理解しづらい内容だと思われます。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.7)

Yahoo!JAPAN映画(4.01)

Filmarks(3.9)
2017年12月17日時点

海外の評価:Rotten Tomatoes

批評家68% 観客71%

まあまあくらいなんですかね?

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(4.3)です!

たまにはこういうアニメも良いですよ!オススメです。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう