『MEG ザ・モンスター』という映画を知っていますか?

日本では、2018年9月7日に劇場公開となっています。

その映画に出てくる人食いざめ鮫メガロドン

MEG ザ・モンスター

いごっそう612
めっちゃデカイ!?

 

超凶悪なジョーズを超える人食いサメであるメガロドン!

そんな恐ろしいサメが、実在していたのです。

メガドロンはいつ生きていた?

確かに、実在していたのですが‥安心してください。

現在は絶滅しています。

メガロドン生きていたと言われるのは、約1,800万年前から約150万年前です。

 

絶滅した原因は、海水温度の低下

メガロドンが生きていた海は暖かい海だったのです。

海水温度の低下に適応できなかった様です。

他にも、シャチとの生存闘争で負けたとか、クジラが寒冷海域に逃げ込んだことによって、捕食が難しくなってしまい死んでしまったとも言われています。

 

そうそう

生きているときの主食はクジラだったんです!

現在は海の王様と言われるクジラですが、メガロドンから見れば、単なる餌だったのでしょうね。

クジラが大きくなると同時に、メガロドンも進化して大きくなっていった様です。

メガロドンの大きさは?

メガロドンの大きさは、どれくらいなのでしょうか?

『MEG ザ・モンスター』に出てくるMEG(メガロドン)は

全長23m、体重20トン、歯の大きさは25cm

だそうです。

シロナガスクジラと同じくらいの大きさですね。

人間と比較した画像があったのでその大きさを実感してください。

メガドロン比較表

いごっそう612
人間なんて一飲みじゃないか!?

 

ちなみに、サメ映画「ジョーズ」のサメは体長8メートルだそうです。

ジョーズのサメの3倍くらいの大きさですね。

ホホジロザメの歯と比べてみると、その差は歴然です。

メガドロン歯の大きさ

らばQ:画像引用

 

いごっそう612
歯の大きさは3倍どころじゃない!?

 

映画「MEG ザ・モンスター」でも、その大きさは一目瞭然です。

MEG ザ・モンスター

いごっそう612
デカ過ぎる…

 

こんな巨大なサメが実在していたなんて…考えると怖いです。

しかし、そんな超巨大サメと、ジェイソン・ステイサムが戦うのはワクワクしますね。

メガロドンは今も生きている?

驚くべきことに、メガロドンは今も生きているかも知れないのです。

色々なサイトに目撃情報が書かれています。

2013年に目撃されたとか…

 

しかし、明確な証拠はいまだつかめず

やはり絶滅したと思うのが正しいでしょう。

 

でも、海ってめっちゃ広いじゃないですか、しかも温暖化で暖かくなってきたし

「MEG ザ・モンスター」の様に、いつ人前に姿を現してもおかしくないです。

MEG ザ・モンスター

過去に実在した生物が現実に目の前に現れるかも?

その時は、映画本編で戦うジェイソン・ステイサムを参考にしましょう。

いごっそう612
「MEG ザ・モンスター」に出てくる実在したメガロドンの紹介でした。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう