本日は、実話映画「デトロイト」をネタバレを含めて紹介します。

 

映画『デトロイト』は、「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、1967年の黒人たちの不満が爆発して起こった、死者43名、負傷者1000名以上に上がったデトロイト暴動の裏で

デトロイト

殺人にまで発展した戦慄の事件、“アルジェ・モーテル事件での、白人警官による黒人たちへの不当な尋問の様子をリアルに描いた社会派実話スリラーです。

ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター等が実在した人物に扮しています。

 

黒人差別問題という重い題材‥見ごたえがある作品です。

そのリアルすぎるシーンは衝撃的!

という事で

いごっそう612

感想とネタバレ行っちゃいましょう!

デトロイト:作品情報

デトロイト 映画

原題:Detroit
洋画:実話・スリラー
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年1月26日
レンタル開始:2018年7月4日
上映時間:142分
映画『デトロイト』公式サイト – ロングライド

あらすじ

1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは……。

予告動画

 これより先ネタバレを含めて書いています。観賞予定の方は注意してください。

実話:アルジェ・モーテル事件

この映画は、“アルジェ・モーテル事件”という実話を描いています。

いごっそう612
こんな事件が実際にあったとは…

 

驚くべき事ですが、この人種差別の末に起こった事件は実際にあったのです。

実話と言うのは、本当に衝撃的!

映画では、本当に実話通りに描いています

ウィキペディア読んでみたけど、そのまんまでした。

事件の後、逮捕された3人のデトロイト市警察が無罪になるまで描いています。

ちょっと、スッキリしない終わり方ですけど、それが事実なのです。

いごっそう612
忘れてはいけない事件ですね。

デトロイト:感想とネタバレ

本日紹介する映画『デトロイト』の舞台は、もちろんデトロイト、失業率、貧困率が高く、犯罪都市としても有名です。

デトロイト

その「デトロイト」で起こった1967年の暴動、物語のメインとなるのは暴動発生から3日目の夜に、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルです。

デトロイト アルジェ・モーテル

アルジェ・モーテルに泊まる黒人が、イタズラ心で放ったおもちゃの銃の音を、本当の銃撃だと勘違いした白人の警官と州兵が、アルジェ・モーテルに踏み込み、居合わせた若者たちを捕まえ暴力的に尋問していく様が描かれています!

デトロイト

その行き過ぎた尋問が、恐ろしい事態を生んでしまうのです。

ウィル・ポールターの尋問シーンが見どころ

デトロイト

この映画の見どころは、40分にわたる白人警官の尋問・暴行のシーンです。

いごっそう612
マジで怖いです。

生存者の証言や裁判記録を基にリアルに再現した尋問シーンは、臨場感があって本当に怖いです。

その中でも、人種差別主義の白人警官を演じたウィル・ポールターは本当に怖い!

デトロイト

意地悪そうな顔もハマり役ですが、「リトル・ランボーズ」から色々な映画に出て鍛えた演技力は本物!

しかし、あまりにも凄惨極まるシーンに「あと何回このシーンを撮らないといけないんですか?もう耐えられません」と泣き崩れたこともあったそうです。

その、ウィル・ポールターの演技のお陰で

本当に怖い尋問シーンとなっています。

いごっそう612
マジで怖いから映画で観てみて‥

 

アカデミー賞にノミネートされてもおかしく無い演技だったのですが…

何と驚くべきことに「デトロイト」は、アカデミー賞で1部門も選考されなかったのです。

確かに、ちょっとドラマ性で物足りない所はありました、しかし‥俳優陣もノミネートされないなんて…

これが‥今のアメリカという事なのでしょうか?

映画「デトロイト」の評価は?

なかなか、濃厚な作品…この映画の評判はどうなっているのでしょう?

ちょっと調べてみました。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.8)

Yahoo!JAPAN映画(3.78)

Filmarks(3.9)
2018年9月04日時点

海外の評価はこんな感じ

Rotten Tomatoes

批評家(3.8) 

観客(3.8)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

IMDb(3.7)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

かなりの高評価ですね。批評家も評価しています。

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.6)です。

 

観るべき作品ですよね。

こういう事実があった事は、知っておかねばいけない…

リアルすぎる白人から黒人への暴力シーンは、本当に胸が痛くなりました。

ただ、リアルに描きすぐたためにちょっとドラマ性に欠ける部分はありました。

無実になった警官の姿を観た時には、どす黒い嫌な気持ちになってしまいました。

アメリカの黒歴史を描く衝撃作ですね。

 

この映画みたいな、実話映画が好きな人は、こちらもどうぞ

参考マジで衝撃の事件を映画化!!【実話映画ランキング】

 

いごっそう612

ぜひ、お暇があれば観て下さい。

映画『デトロイト』の紹介でした。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう