映画『来る』公式サイト

2018年12月7日に「来る」が公開になります。

これ怖そうですよね~。

映画を観に行ったときに、劇場で流れている予告を観たんですけど…

めっちゃ怖そう!

いごっそう612
めっちゃ怖そう~。

これはもしかして、久々のジャパニーズホラーの当たり作品じゃないかと期待しています。

という訳で、本日は映画「来る」に期待する3つの理由を書いていきます。

 

ちなみに、映画のあらすじはこんな感じです。

恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在にカタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集するが……。

中島哲也監督作品

期待できる第一の理由は、監督が中島哲也監督という事です。

中島哲也監督

映画.com

 

この監督は、パコと魔法の絵本、告白、渇き、など数々のヒット作を生み出した監督です。

特に「告白」は小説より面白かったんじゃないかと思う出来栄えで、映画館で観ましたが震えましたね。

小説を映画化するのが非常に上手い監督かも知れません。

今回の「来る」も小説を基に作られています。

「ぼぎわんが、来る」というホラー小説で、第22回日本ホラー小説大賞の大賞を受賞した作品です。

著者の澤村伊智はこの作品がデビュー作、中島哲也監督の代表作「告白」も、著者である湊かなえがデビュー作であったという偶然の一致があります。

いごっそう612
「告白」の再来になるかも?

キャストが豪華

映画「来る」のキャスト画像

映画『来る』公式サイト

 

そして、第2の理由キャストが豪華という事です。

岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡、青木崇高、柴田理恵、太賀、伊集院光、など豪華キャストが勢ぞろいなんです。

岡田准一、妻夫木聡などの演技派俳優二人も嬉しいのですが‥

 

僕が一番注目したいのが、小松菜奈ちゃんです。

霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴役を演じるのですが、今までの小松菜奈ちゃんのビジュアルとはかけ離れています。

ピンクのショートヘアに濃いギャルメイク、腕にタトゥーというスタイルですからね、どんな演技をするかにも注目したい!

 

そして、松たか子が演じる霊媒師にも注目!

いごっそう612
これはちょっと笑ってしまいそう~。

最近ダメなジャパニーズホラーの復活

第3の理由が、日本のホラーの復活を期待してるからです。

 

一時期日本のホラーと言えば、怖いと世界的にも言われてましたが‥

最近のホラーはめっきりダメ…

日本のホラーには期待できなくなっていました。

 

しかし、本作には期待したい!

宣伝もめっちゃしてるし、製作側も自身もあるんじゃないですかね?

 

監督、キャスト、そして脚本がホラー大賞!

期待できる理由がたくさん揃っています。

間違いなく、日本のホラーはこの作品で復活します!

 

映画「来る」は、2018年12月7日公開!

いごっそう612
映画館へレッツゴーしましょう!

 

現在、公式Twitterでプレゼントキャンペーンもやっていますよ~。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう