【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】が2018年11月23日に公開になります。

前作ラストに、まさかのジョニー・デップ出演で驚きましたよね~。

今回彼が演じる”グリンデルバルト”はかなり大暴れしそうです!


この時点で続編がめっちゃ観たくなるんですが、今回「ファンタスティックビースト2」 では、ジョニー・デップ以外にも大物俳優が登場するのです。

いごっそう612
まさかのあの俳優が!?

ジュード・ロウがダンブルドア役で出演!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

 

「ファンタスティックビースト2」に登場する大物俳優は、ジュード・ロウです!

 

1972年12月29日(45歳)、イギリス人です。

昔はイケメン俳優で有名で、1999年の映画『リプリー』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ話題になりました。

 

ロバート・ダウニー・Jr主演の「シャーロック・ホームズ」シリーズでは、ワトソン役を務め

 

2019年にはマーベル映画の「キャプテン・マーベル」で、主人公ウォルター・ローソンを訓練する師匠的な役割で出演も決まっています。

 

 

そんな有名大物俳優が「ファンタビ2」でどんな役柄を演じるのかというと…まさかの…

ダンブルドアです。

 

 

ホグワーツの校長としても有名ですよね、もちろん「ファンタビ」では、お爺ちゃんが出てくるわけでは無いですよ~。

 

ハリーポッターが、ホグワーツ魔法魔術学校に入学したのが1991年です。ファンタスティックビーストの時系列は、そこから約70年前となっています。

ようするに、若き頃のダンブルドアとして出演するのです。

 

年老いても髪の毛ふさふさのダンブルドアなのに、若ハゲのジュード・ロウが若い時を演じて大丈夫なのか?とツッコミどころもありますが(笑)

いごっそう612
このキャスティングは、個人的には嬉しいです。

 

ファンタビシリーズが進んで行くうちに、ダンブルドアとグリンデルバルトの決闘もあるかも知れません。

ジュード・ロウとジョニー・デップの魔法対決なんて…最高ですよね!

 

さらには…ニュート・スキャマンダ―の師匠だとか、ダンブルドアとグリンデルバルトに恋愛的なストーリーがあり、実はゲイだったなど…の情報もあります。

いごっそう612
これはもう映画館で観るしかない!

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日日本公開です。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう