(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本日ご紹介する映画は「ゲティ家の身代金」…

もう知っている人も多いと思うんですけど、この映画の元ネタは実在した大富豪ジョン・ポール・ゲティ3世誘拐事件です。

もちろん、色々な障害がありながら彼は解放されるわけなんですが、その過程が面白い!

何と言っても障害となるのは‥実の祖父ジャン・ポール・ゲティ1世なのですから…

ゲティ家の身代金

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲティ家の身代金:作品情報

ゲティ家の身代金

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

原題 All the Money in the World
洋画実話・サスペンス
製作年 2017年
製作国アメリカ合衆国
日本公開2018年5月25日
レンタル開始2018年9月28日
上映時間133分
オススメ度

(3.5)

映画情報

1973年に実際に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化し第75回ゴールデングローブ賞の監督賞にノミネートされたサスペンスドラマ。

ケヴィン・スペイシーがジャン・ポール・ゲティを演じることが決まっていたが、セクハラ問題で降板‥急遽、代役にクリストファー・プラマーが起用された。

クリストファー・プラマーは、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ歴代最高齢記録を樹立している。

マーク・ウォルバーグは、このキャスト入れ替えの追加撮影で150万㌦を手にし、ミシェル・ウィリアムズは1000㌦以下で引き受けたこともあり、男女の間の賃金格差を象徴する一件として大きな注目を集めた。

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、支払いを断固拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れていたポールの母ゲイルに支払いは不可能。息子を救い出すため、ゲイルは事あるごとに脅迫してくる犯人だけでなく、断固として支払いを拒否する【世界一の大富豪】とも戦うことになる。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた・・・。(公式サイトより)

予告編

キャスト

監督:リドリー・スコット
脚本
:デビッド・スカルパ

出演者:ミシェル・ウィリアムズ
クリストファー・プラマー
マーク・ウォールバーグ
ロマン・デュリス
ティモシー・ハットン
チャーリー・プラマー
アンドリュー・バカン

スーパードケチのお爺ちゃんジャン・ポール・ゲティ!

ゲティ家の身代金

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

この映画は、誘拐物映画なのですが、大富豪である被害者の祖父と、被害者の母の戦いのドラマでもあります。

誘拐犯との交渉より大変なのは、祖父であるジャン・ポール・ゲティとの交渉です。

 

孫であるジョン・ポール・ゲティ三世の身代金は1,700万ドル(日本円約50億円)、恐ろしいほどの大金だが…

お爺ちゃんの資産は…50億ドル(日本円1.4兆円)

いごっそう612
余裕で払えちゃう!

 

そう、余裕で払える金額なんですけど‥

ジャン・ポール・ゲティは、その金額を…

( ゚Д゚)高すぎる

と言って払わないんです。

 

いやいやいや~孫の為なら払えるでしょう?

もちろん、孫は可愛いんです。でも…このお爺ちゃん‥

超ドケチなんです

 

映画のゲティのケチ伝説

  • 自宅でお客に電話を使われその料金を払いたく無いばかりに、公衆電話を自宅に設置。
  • 高級ホテルに泊まるもルームサービスをケチり自分で洗濯。
  • 身代金を高すぎると値切る。
  • 400万㌦の身代金に対して、所得控除が受けられる100万㌦しか払わなかった。
  • アビゲイルと息子の離婚に対して、孫は好きだが遺産は分けたく無いので孫を手放す。
  • 残りは借金として貸し付け+孫の養育権を要求。

いごっそう612
ヤバいくらいのスーパードケチです。

 

映画の見どころが、まさにこの部分!

孫の事を愛しているのは凄く伝わってくるんですが、それでもできるだけお金をかけない様にというのが、本当に凄いです。

大げさすぎないクリストファー・プラマーの演技が、またリアルに感じれて‥こんな人物が本当にいたのか?っと

ジャン・ポール・ゲティという人物の異常さを調べてみたくなりました。

いごっそう612
こんなお爺ちゃんは嫌だランキング1位…

 

そんなドケチなお爺ちゃんと交渉する、アビゲイルを演じたミシェル・ウィリアムズの演技も見もの!

初めはナタリー・ポートマンが起用される予定でしたが、この役はミシェル・ウィリアムズの方が良かったでしょうね。

いごっそう612
めっちゃ気が強そうな容姿だし(笑)

 

マーク・ウォールバーグも出てるし、誘拐されるゲティ3世を演じたチャーリー・プラマーも期待の若手です。

色々な意味で注目したい要素が揃っている映画ですね。

 

映画のその後

映画では描かれていませんが、誘拐されたジョン・ポール・ゲティ3世は救出後、アルコール依存症、薬物依存症となり、1981年には、脳梗塞を発症、頸髄損傷と殆ど視力を失うという後遺症を残し、リハビリで多少回復するも、54歳で死ぬまで‥重度の障害を抱えたまま過ごしたそうです。

母アビゲイルは、ジョンを死ぬまで介護し‥傍にいたそうです。

 

尚、ゲティ一世の死後…

財団に遺産の大半が託され、ゲティ家は遺産相続の泥沼の争いになったそうです。

結局…彼の後を正当に引き継げる親族はいなかったのです。

いごっそう612
お金持ちになるのも考え様ですね💦

 

金持ちが誘拐される事件はオランダでも…世界的ビール会社「ハイネケン」の経営者、フレディ・ハイネケンが誘拐された事件です。

これも映画化されています。

『ハイネケン 誘拐の代償』という映画です。

いごっそう612
お暇があれば、こちらもど~ぞ。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう