甲鉄城のカバネリ 海門決戦
甲鉄城のカバネリ 海門決戦

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

2016年4~6月に放送されたオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」の最新作となる中編作品
甲鉄城のカバネリ 海門決戦2019年5月10日より劇場公開されました。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

 

そんな公開になったばかりの作品が
NetflixAmazonプライム・ビデオで劇場公開と同時に「共同独占配信」されているというのです。

いごっそう612
劇場公開されている作品がお手軽に観える!

 

いやはやこれは驚きですね。お得感満載!映画館へ行かずに気楽に観ることができます。

 

僕はNetflix、Amazonプライム・ビデオ両方契約しています。しかし、こういう独占配信系はNetflixの十八番だと思っていたのですが、まさかのAmazonプライム・ビデオとの共同配信とは…。

いごっそう612
Amazonプライム・ビデオも侮れませんね。

 

実は僕はこのアニメは未見…という訳で今作の前日譚となる「甲鉄城のカバネリ」のTV版を観てみることに!

Netflixで観ることにしたのですが、まさかの2019年5月17日で配信が終了してしまうとの事!

いごっそう612
何~急いで観なきゃなんねーじゃん!

 

これは急がねばならない‥TV版12話+『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』の3話を2日に渡って一気に観ちゃいました。

感想とネタバレ

これが想像以上に面白いんです!今回TV版の後日譚となった『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が公開されることを首を長くして待っていた人も多いでしょう。

「甲鉄城のカバネリ」を一言で言えば
ゾンビ時代劇アニメ

甲鉄城のカバネリに出てくる敵カバネ

甲鉄城のカバネリ カバネ

感染する怪物、まるでゾンビの様なカバネと呼ばれる敵を相手から、カバネに噛まれながら人間としての自我を残したカバネリと人間たちが甲鉄城と呼ばれる装甲蒸気機関車でカバネと戦いながら安全地帯を目指すというストーリー。

 

そんな斬新なストーリーに、魅力的なキャラクターとBGMが合体した世界観はもう最高の一言!1話20分弱なのですが‥次々観てしまいます。

いごっそう612
一話からめちゃくちゃハマって観てしまいました。

 

またちょっとグロかったりもして目を覆う様なシーンも多く、大人向けアニメと言えます。

 

そんなTV版12話を観終わった後に観た『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』は、TV版では描かれなかった恋愛要素が描かれたりと、ファンにはたまらない要素が満載!

TV版と変わらずアクションシーンもカッコ良かったですし、後日譚としては最高の出来栄えでした。

 

3話で終わってしまいましたが、これまだまだ続けて行けそうですよね。

いごっそう612
ぜひ、このアニメの続編をNetflixオリジナルとして配信して欲しい。

 

絶対オススメの大人向けアニメ、お暇があればぜひ観て欲しいっスね。

NetflixとAmazonプライム・ビデオなら、『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』は観ることができます。

 

あらすじ

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。

極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。

生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった。

劇場中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」公式サイト

予告編

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう