スパイダーマンMCU残留決定
スパイダーマンMCU残留決定

皆さん朗報です!

スパイダーマンがMCUに帰って来ました!!

いごっそう612
やったぜー!

 

米マーベル・スタジオソニー・ピクチャーズが、現地時間27日にMCUにおける3作目の『スパイダーマン』映画を共同で製作する契約を交わしたと、Varietyほか各メディアが報じています。

 

米マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズは、スパイダーマンのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)残留をめぐって交渉が決裂と言われており、これまで、ファイギ社長、トム・ホランドなどの関係者が、スパイダーマンのMCU離脱をほのめかす発言に及んでいたほか、ソニー・ピクチャーズ会長兼CEOのアンソニー・ヴィンシクエラ氏も「扉は閉ざされている」として、交渉がいったん終了したことを明かしていました。

スパイダーマンはMCUを離脱する!と誰もが思っていただけに、急転直下の朗報です。

 

発表によれば、これまで通り共同制作となる『スパイダーマン』第3作は、2021年7月16日に米国公開予定

過去2作品と同じく、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長、エイミー・パスカル氏の両名がプロデューサーとして続投。

ピーター・パーカーことスパイダーマン役のトム・ホランドが、続投し主演を務めます。

いごっそう612
今まで通りですね。

 

今回スパイダーマンがMCU残留になった契約は、ディズニーがファイギをプロデューサーとして貸し出し、製作費の25%を出資、代わりに25%の収益を受け取るという契約だそうです。それにソニー側が同意した模様。

前回の製作費の50%を出資、代わりに50%の収益を受け取るという契約から半分程にはなりましたが、スパイダーマンはMCUを脅かす存在になる可能性もあっただけに、ディズニー側も納得の契約では無いでしょうか?

いごっそう612
ソニーもディズニーも妥協した感じだけど、若干ディズニー側が得した印象を受けますね。

 

ケヴィン・ファイギ社長は

「MCUにおけるスパイディの旅が続くことに感激しています。私が、そしてマーベル・スタジオの誰もが、この仕事を続けられることを非常にうれしく思っているのです。スパイダーマンはパワフルなアイコンであり、ヒーローであり、彼の物語は世界中のあらゆる世代の観客にわたるものです。そして彼はまた、シネマティック・ユニバースを横断するスーパーパワーを備えた唯一のヒーローでもあります。ソニーも独自のスパイディー・バースを展開するため、この先にどんな驚きをもたらしてくれるのか、まだ誰にも分かりません。」

としている。

いごっそう612
スパイダーマンは今後MCUのみならず、ソニーも独自のスパイディー・バースを展開という事から「ヴェノム」等のソニーのスパイダーマン・ユニバース作品にも登場すると思われます。
スパイダーマン ヴィノム

スパイダーマン ヴィノム

 

Deadlineによると、スパイダーマンは契約の一環としてもう1本のマーベル映画にも登場するとのこと。

MCUフェーズ4は、2020年5月の『ブラック・ウィドウ(原題) / BLACK WIDOW』からスタートする予定で、『スパイダーマン』第3弾は、2021年11月5日公開予定の『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』の前に公開される予定です。

いごっそう612
「スパイダーマン」第3弾は、注目度がさらに高まりそうですね。興行収入凄い事になりそう~。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう