イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Amazonが作った
実話映画を観てみました。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

 

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(原題:The Aeronauts)」は、気球で上空1万メートルという高度に到達したイギリスの気象学者ジェームズ・グレーシャーの冒険を描いた実話ドラマです。

 

なんかホンワカした感じかなあ~と観たのですが、これがまたけっこう怖い!空の美しさとは真逆に、嵐や寒さ高度ならではの恐怖も描かれた作品で見ごたえありました。

いごっそう612
気球の怖さを痛感する映画でした。

 

主演はフェリシティ・ジョーンズエディ・レッドメイン

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメイン

 

この二人
第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ
エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した映画
博士と彼女のセオリーで夫婦役で共演していました。

 

その時の二人の演技が最高だったんです。

その二人の再共演とあらば、それだけで観たくなりますよね。

 

監督はトム・ハーパー。

ほぼ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインしか出てきませんが、ヒメーシュ・パテル、トム・コートネイなども共演しています。

いごっそう612
Amazonが権利を購入したAmazonオリジナル映画です。
2020年1月17日公開作品ですが、Amazonプライムビデオでは2019年12月に配信されています。

あらすじ

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

あらすじ
1862年のイギリス・ロンドン。気象学者のジェームズ・グレーシャー(エディ・レッドメイン)は、“天気は予測することができる”という持論を、学界からバカにされていた。調査飛行を望むも資金を集められずにいた彼は、アメリア・レン(フェリシティ・ジョーンズ)に頼み込み、彼女と一緒にガス気球で大空へと旅立った。飛行の目的は気象データを集めることと最高高度到達記録を更新することであった。前人未踏の世界はロマンに満ちた世界であったが、危険と隣り合わせの世界でもあった。上空に行けば行くほど空気が薄くなり、そのために判断力や気力が鈍る中、2人は生還するために必死で知恵を絞るのだった。

実話

この映画は実話をベースにしていますが、実話ではありません

 

気球飛行を映画で行ったのは、ジェームズ・グレーシャーとアメリア・レンとなっています。

しかし史実は違います。

本当に気球飛行を行ったのは、ジェームズ・グレーシャーとヘンリー・コックスウェルです。

 

アメリア・レンは、ヘンリー・コックスウェルやソフィー・ブランシャール(プロのガス気球飛行士になった初めての女性)などの実在する飛行士を手引きに映画の為に創作された架空のキャラクターだったのです。

 

しかし、映画で描かれている気球での冒険は実際にあった事の様です。

映画版で若干、脚色はされていますが史実を知るのは良い映画ですよ。

参考
ジェームズ・グレーシャー – Wikipedia

キャスト

アメリア・レン役
フェリシティ・ジョーンズ

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

アメリア・レン役
フェリシティ・ジョーンズ

 

ジェームズ・グレーシャー役
エディ・レッドメイン

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

ジェームズ・グレーシャー役
エディ・レッドメイン

 

アントニア役
フィービー・フォックス

ジョン・トリュー役
ヒメーシュ・パテル

ピエール・レン役
ヴァンサン・ペレーズ

エセル・グレーシャー役
アン・リード

アーサー・グレーシャー役
トム・コートネイ

エアリー役
ティム・マッキナリー

フランシスおばさん役
レベッカ・フロント

海外の評価

この映画の海外の評価はどうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

The Aeronauts (2019) - IMDb

The Aeronauts (2019) – IMDb

 

いごっそう612
10点満点中、6.6点という評価‥うーんまずまずって感じッスね。

 

しかし、批評家から好意的に評価されているそうです。

予告編

まずは予告編を観てみて下さい。

いごっそう612
「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」は
Amazonプライムビデオで観ることができます。

 

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう