キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ
キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ

キース・ヘリング

キース・ヘリング

キース・ヘリング

 

キース・ヘリング(Keith Haring、1958年5月4日 – 1990年2月16日)は、ストリートアートの先駆者とも呼べるアメリカの画家で、1980年代アメリカの代表的芸術家として知られています。

シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがユニクロやスポルディング等から販売されることもあって広く知られています。

 

そんな彼のドキュメンタリー作品が
MadeGood.filmsさんより
日本初公開&独占配信
されています。

キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ

『キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ』

『キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ』

 

『キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ』原題:Keith Haring: Street Art Boy は
アート界で旋風を巻き起こし、数々の作品を残したキース・ヘリング、同性愛者であり、31歳の若さでエイズによりこの世を去った彼の知られざる半生を綴ったドキュメンタリー作品です。

 

アート界で国際的なセンセーションを巻き起こしたキース・ヘリングは、1980年代のニューヨークにおける伝説的なアートシーンの先駆者であり、ポップカルチャーとファインアートの世界に革命をもたらした存在であるキース・ヘリング。

このドキュメンタリーは、未公開のインタビューで構成され、また、キース・へリング財団のみが保有する初公開の記録も含んだキース・ヘリングの伝記映画となっています。

いごっそう612
今回僕は、MadeGood.filmsさんのご厚意によりオンライン試写会に参加さして頂きました。

 

彼のデザインはだいたいの人が見たことがあるはずです。

ユニクロ
キース・へリングとコラボした
Tシャツなどを売っています。

キース・ヘリング ユニクロコラボシャツ

キース・ヘリング
ユニクロコラボシャツ

いごっそう612
観たことある!

 

一見子供の落書きの様なデザインなのですが、世界的に評価され、色々なメーカーとコラボしてたりで、凄い有名なんですよね。

キース・ヘリング

キース・ヘリング

 

個人的には、ユニクロの服のデザインの人という事で、興味があるくらいで、全然キース・ヘリングの事は知らなかったのですが、今作のドキュメンタリーで、少しばかり理解することができました。

いごっそう612
ただのデザイナーというわけでは無く、なかなか凄い人だったんですね。

 

彼を知る上では観ておきたい作品であります。

海外の評価

ドキュメンタリー映画
「キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ〜」の
海外の評価は
どうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

キース・ヘリング 〜ストリート・アート・ボーイ〜

キース・ヘリング
〜ストリート・アート・ボーイ〜

 

海外映画サイトIMDbでは
172人の投票がありまして
平均点は10点満点で
7.4点
となっています。

いごっそう612
まあまあ良い評価ですね。

 

1番多いのが8点の65票
2番目が7点の62票
3番目が9点と6点の
16票です。

6~9点に評価が集中しています。

いごっそう612
観て損は無い作品だと言えますね。

気になる方は、予告編をご覧ください。

いごっそう612
『キース・ヘリング〜ストリート・アート・ボーイ』は、MadeGood.filmsさんとこで観ることができます。

 

MadeGood.filmsさんには他にもオンライン試写会が視聴さして頂きました。
毎度毎度ありがとうございます。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう