「アオラレ」邦題ダサいけど…マジで怖い映画!あらすじ&ネタバレ、海外の評価
アオラレ
広告

この映画を観たら…
前の車にクラクションを
鳴らさなくなるでしょう…

ダサイ邦題だけど
マジで怖い映画!
アオラレ

アオラレ

(C)2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

 

アオラレ
原題:Unhinged は
2020年のアメリカ映画

前の車に対してクラクションを鳴らし悪態をついたために、その男に執拗にあおり運転をされるというスリラー映画です。

監督は
デリック・ボルテ

 

キャスト

 

あおり運転の被害者レイチェル役に
カレン・ピストリアス

アオラレ

アオラレ

 

あおり運転男トム・クーパー役に
ラッセル・クロウ

アオラレ

アオラレ

 

カイル・フリン/ガブリエル・ベイトマン
アンディ/ジミ・シンプソン
フレッド/オースティン・P・マッケンジー
メアリー/ジュリエンヌ・ジョイナー
レオ/スティーヴン・ルイス・グラッシュ
デボラ・ハスケル/アン・レイトン
ホーマー/マイケル・パパジョン
ロージー/ルーシー・ファウスト
エアーズ先生/デヴィン・タイラー

等が出演しています。

いごっそう612
あおり運転が問題化していますが、実は煽られる方にも相手を怒らせる何かがあったりします。
この映画は、そういう行為の啓発映画としても非常に効果のある怖い映画であります。

 

あらすじ&ネタバレ

ルイジアナ州ニューオーリンズ、レイチェルは15歳になる息子カイルと一緒に暮らしていた。

レイチェルが夫と離婚協議中であった。

レイチェルは美容師の仕事をしているが、店を失い今は訪問美容師をやっています。

その日も、訪問美容師の仕事が朝から入っていたのだが、レイチェルは寝坊してしまい遅刻してしまう。

急いで向かうも、相手にクビを言い渡され、レイチェルの気分は最悪だった。

 

レイチェルは前を走っていた車が青信号になっても動き出さないという事態に遭遇する。

レイチェルは、信号が変ったことを伝えようとクラクションを鳴らしたが、それでも車は動かなかった。

信号は青から黄色になってなってしまい、イラだったレイチェルはクラクションをオーバーに鳴らし、車を追い越す。

 

ところが、先も渋滞しており、追い抜いた車が追い付いてきて横並びに停まる。

運転手の男トム・クーパーは、窓を開けて、レイチェルに対してクラクションの鳴らし方に対して注意をする。

レイチェルは青になっても動かなかったと言い返し、男は

「最近不運なことばかりで考え事をしていた。すまなかった。」と謝る。

謝った後で

「君も謝れば おあいこだ」と言うも

レイチェルはか

「謝るようなことはしていない」とキレ気味に言い放つ

息子のカイルはその場を収めようと

「ママ、謝って」というもレイチェルは男を睨みつけた。

男は

「それは違うと思うがね…」徐々にキレていく

「思い知るぞ!」と最後に言い放つ。

車を発進させその場を離れようとしたレイチェルだったが、そこから男のあおり運転が始まる。

 

その場は何とか逃げ延びたレイチェルは、離婚弁護士のアンディとダローズで落ち合う約束を電話でする。

その後に、ガソリンスタンドに寄ると、またトム・クーパーに車が後ろに停まっていた。

レイチェルは店の中で助けを求め、客の男がトム・クーパーに注意をする。

レイチェルは車を発進させる。

客の男はトム・クーパーに

「バカはよせ、ナンバーを覚えた」と言うが

トム・クーパーは車を発進させ客の男を跳ね飛ばし、レイチェルを追う。

客の男は撥ね飛ばされた先で、再び別の車に撥ねられる。

 

再び、クーパーのあおり運転が始まった。

レイチェルは警察に連絡しようとするが、スマホはガソリンスタンドでクーパーに盗まれていた。

車を衝突させたりされ、レイチェルは恐怖におののく…。

レイチェルは道を曲がり逆走をして、クーパーから逃げのびる。

 

ダローズにいたアンディはレイチェルを待っていた。

そこに現れたのはトム・クーパーだった。

トム・クーパーはアンディに話しかけるが、アンディはその場離れようとする。

クーパーは、アンディと賭けをする。

アンディが何度も電話をして出なかったレイチェルが、電話に出るか?という賭けだ。

アンディが電話をかけると、レイチェルが乗っていた車に、クーパーが仕掛けていた電話が鳴る。

レイチェルは電話を探しアンディと会話をする。

クーパーと一緒にいることを悟ったレイチェルは危険を知らせようとするが、電話はすでにクーパーが持っていた。

クーパー謝るレイチェルだったが、心がこもっておらず

「本当に悪いと思っていない、だから最初のレッスンだ」と言われる。

クーパーはアンディを殴りつけ、クビをナイフで刺し殺す。

店の中は騒然となっていた。

 

店を出たクーパーは、レイチェルのアドレスの中から、次に死ぬ奴を選ぶように脅す。

自分が死ぬというレイチェルだったが、クーパーは許さない。

家族が殺されると思ったレイチェルは、自分を首にしたデボラを選ぶ。

 

電話を切ったレイチェルは警察に連絡し、デボラを守る様にいう

しかし、クーパーが現れたのはレイチェルの弟フレディのところだった。

家に侵入したクーパーは、フレディの恋人であるメアリーを人質にする。

フレディの持つナイフでメアリーを殺させたクーパーは弟を椅子に縛ると、フレディに「姉さんのせいでメアリーは死んだ」と手紙をかかさせる。フレディにはガソリンがかけられていた。

レイチェルに電話をさせ、その手紙を読ませる。

その時に、警察が現れ、クーパーは被弾するが逃げおおせる。

フレディは炎に包まれる。

 

レイチェルは警察署に向かう途中、クーパーがレイチェルの位置を把握していることを不思議に思う、もしかしてスマホと一緒に奪われたタブレットが車に仕掛けられており、クーパーが奪ったスマホでタブレットの位置情報を把握しているのでは無いかと疑う。

息子のカイルが車を調べると、タブレットが座席のしたに仕掛けられていた。

逆にタブレット側から、スマホの位置情報を調べると、すぐ近くにクーパーがいることに気が付く。

近くのパトカーに助けを求めるが、クーパーがパトカーに体当たりし、横向けに停車したパトカーはタンクローリーに轢かれてしまう。

警察に電話をし助けを求めるも、タブレットの電源が落ち連絡は途絶えてしまう。

レイチェルとカイルは、ゲームでした作戦を実行する。

安全に隠れられる知ってる場所…おばあちゃん家に逃げ込むことにする。

迷路のようになっているその場所に逃げ込み、警察を呼ぶことにすることにする。

 

追われながらも、おばあちゃんの家にたどり着いたレイチェル達、クーパーは道に迷っていた。

カイルを家の中の隠れ部屋に隠し、警察に通報した後、レイチェルはクーパーと戦う準備をする。

 

クーパーが家の近くに来た時、車で体当たりして、クーパーの車を横転させる。

ゴルフクラブを手に持ち車に近づくも、生きていたクーパーに抑え込まれてしまう。

クーパーは「息子を救えなかったと後悔する」と言い、レイチェルを殴り気を失わせる。

 

クーパーは家の中で、カイルを探すが見つからない。

「警察だ、レイチェルが怪我をしている出てきて」と嘘をつく

その声で出ていきそうになるカイルの部屋に誰かが入ってくる…。

カイルは暴れるが、それはレイチェルだった。

安心したカイルだったが、クーパーが気が付き隠し部屋に入ってくる。

カイルは捕まりそうになるが、レイチェルはゴルフクラブでクーパーを殴りつける。

激しい戦いになるが、クーパーに殴られ、レイチェルは倒れてしまう。

クーパーはカイルの首に、電気コードを巻き付け殺害しようとする。

レイチェルはハサミを握りしめ、クーパーの左目に突き刺す、倒れた後、まだ起き上がろうとするクーパーに対して

「これがあんたへの礼儀よ!」と言い、ハサミを足でけり上げ、さらに突き刺す!

クーパーは倒れこみ、起き上がることは無かった。

 

警察が来て、事情聴取を受け、保護されるレイチェルとカイル。

その時に警察から、フレディが一命を取りとめたと連絡を受ける。

喜ぶ二人。

 

帰りの道中、信号で停車する。

青になって進もうとすると、信号を無視した車が前を横切ろうとする。

信号無視したにもかかわらず、相手はクラクションを鳴らし、急ブレーキを踏む。

レイチェルは、クラクションに手をかけようとするが、鳴らさず我慢した。

カイルは「正解だよ」とレイチェルに言う。

レイチェルはまた車を走りださせた。

 

エンドクレジットが流れ出す。

 

いごっそう612
いやいやいや、マジで怖い映画でした。

 

うちのB型の嫁も、クラクションをけっこう鳴らしていたんですよ。

ちょっと前の車が変な運転だったら、すぐにビービー鳴らすんです。

もうね、これが怖くて…。

もし、怖い人が出てきたらヤバいじゃないですか~。

 

で、この映画を見せてみたんです。

そしたら…

いごっそう612
マジで怖いやん‥

 

と最近はクラクションを鳴らす率が減ってきています。

クラクショントラブルからの、あおり運転抑制にも良い映画ですね。

 

ラッセル・クロウの演技がマジで怖かったです。

僕なら2秒で土下座しますね。

あの顔はマジでヤバイ‥‥。

アオラレ

アオラレ

 

 

続いては映画「アオラレ」の
海外の評価です。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう