Netflixアニメ「バブル」声優、主題歌、海外の評価もご紹介!
バブル Netflix

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixで話題の
日本アニメが配信開始

バブル

バブル Netflix

バブル Netflix

 

「バブル」
英題:Bubble は
2022年の日本アニメ作品

映画『バブル』は、日本が世界に誇るトップクラスのクリエイターが集結し作り上げたアニメ、世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリーです。

 

 

あらすじ
世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた……。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。2人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

 

Netflixでは
2022年4月28日配信開始

劇場では
2022年5月13日に公開
となります。

 

監督は
荒木哲郎

脚本は
虚淵玄(ニトロプラス)
大樹連司(ニトロプラス)
佐藤直子

製作には
加瀬未来
中武哲也

キャラクターデザイン原案は
小畑健

音楽
澤野弘之

制作スタジオ
WIT STUDIO

配給は何と~
ワーナー・ブラザース映画!

バブル・声優

Netflix映画「バブル」
の声優陣はこんな感じ

ヒビキ:志尊淳
ウタ:りりあ。
マコト:広瀬アリス
シン:宮野真守
カイ:梶裕貴
ウサギ:千本木彩花
電気ニンジャ・リーダー:畠中祐
アンダーテイカー・リーダー:井上麻里奈
関東マッドロブスター・リーダー:三木眞一郎

などが声優陣です。

バブル・主題歌

Netflix映画「バブル」の
主題歌とエンディングテーマです。

 

映画『バブル』オープニング主題歌
Eve「Bubble feat.Uta」

 

“Bubble feat.Uta”は、日本が世界に誇るクリエイターと「SPY×FAMILY」のWIT STUDIOが世に放つ『バブル』の壮大なストーリーの幕開けを高らかに鳴らす、唯一無二の楽曲だ。Eveにしか表現できない、「アニメーションと音楽の融合」によるカタルシスにより、視覚だけではなく、聴覚で観る者は感情を揺さぶられる。

 

映画「バブル」エンディングテーマ
りりあ。「じゃあね、またね。」

 

 

りりあ。は2019年秋頃よりTikTokやYouTubeで顔出しなしで弾き語り投稿を始めるとそのエモーショナルな歌声と豊かな表現力が話題になった人物。そんな、”りりあ。”が手掛けたエンディングテーマ曲「じゃあね、またね。」

「じゃあね、またね。」という楽曲について、“りりあ。”は「ウタとヒビキがもし現代に存在したら、と想像して、2人のやり取りや、現代にいたらどんな感じなのかを想像しながら作りました」とコメントするように、自身が演じたウタに寄り添って作られた楽曲となっています。

バブル・海外の評価

いごっそう612
ついに日本アニメ映画がNetflixで配信!世界ではどう評価されるのか?
さっそく観てみましたが…ストーリーが微妙でした。
映像とかめっちゃ凄いんですけど…なんか中身が薄い気がしてしまいました。

 

さあさあ
海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナルアニメ
「バブル」の
海外の評価
を調べてみました!

Bubble (2022) - IMDb

Bubble (2022) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは
1454人の投票があり

平均点が
6.6点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数311人で
全体の21.4%
を占めています。

2番目に多いのが
10点満点です。

投票数290人で
全体の19.9%
を占めています。

いごっそう612
10点満点が2割も!

 

次に多いのは
6点
260人の
全体の17.9%

4番目は
8点
226人で
全体の15.5%です。

いごっそう612
総合平均点は微妙だけど、分布図を見るとわりかし好意的に捉えられているようです。

 

海外のレビューを取り上げてみましょう

この中のアニメーションはこの世のものではなく、色が美しいです。アニメーションのすべてが素晴らしかった。ストーリーがめちゃくちゃで、キャラクターが開発されておらず、特別なものでもないのはとても悲しいことです。

 

最初から最後まで視覚的に素晴らしい。彼らは、ほとんどの人がこの映画を気に入らなくても、アニメーションがみんなを魅了することを確認しました。プロットは、反対の視点から見た終末論的なリトルマーメイドであり、誰もいないことを確認するために何度も何度も思い出させてくれます。つまり、選択の背後にある理由を見逃すことは絶対にありません。アニメーションや効果音の細部にこのように注意を払っていても、この映画はなんとか当たり障りのないものになっています。その素朴さにもかかわらず、彼らはアニメーション自体を物語の中でうまく機能させて、それを価値のあるものにすることができました。それは本当に混合バッグであり、アニメーションが好きならあなたはそれを好きかもしれません。

 

これはウィットの絶対に素晴らしい映画だったと言えます。音楽は次のレベルで、グラフィックもそうでした。とても感動的な美しい物語。キャラクターは、背景などがあったかもしれないという点で、いくつかの部分が欠けていました。しかし、100分のアニメ映画の場合、これは私のお気に入りの1つとして取り上げられます。

 

いごっそう612
映画「バブル」は
海外では好意的に捉えられているようですが、ストーリーなどがもう一歩という感じのようです。

 

Netflixオリジナルアニメは
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう