「ダーマー」実話!殺人鬼ジェフリー・ダーマーを描いたNetflixドラマ!
ダーマー Netflix

殺人鬼ジェフリー・ダーマーの
実話を描いたNetflixドラマ

ダーマー

ダーマー Netflix

ダーマー Netflix

 

ダーマー
原題:Dahmer - Monster: The Jeffrey Dahmer Story は
2022年のNetflixドラマ

十数年間で17人もの青少年を殺害したミルウォーキーの食人鬼との異名を取る連続殺人鬼ジェフリー・ダーマーが実際に犯した身の毛もよだつ残忍な犯行、そしてこの悪名高い狂気の連続殺人を10年以上にわたって見過ごしてきたアメリカ社会の構造的欠陥に迫る実話ドラマシリーズです。(全10話)

 

 

Netflixオリジナルシリーズとして
2022 年 9 月 21 日配信開始

 

原作・制作は
ライアン・マーフィー
イアン・ブレナン

 

キャスト

ジェフリー・ダーマー役
エヴァン・ピーターズ

ジェフリー・ダーマーを演じたエヴァン・ピーターズ

ジェフリー・ダーマーを演じたエヴァン・ピーターズ

 

ライオネル・ダーマー役
リチャード・ジェンキンス

ジョイス・ダーマー役
ペネロペ・アン・ミラー

シャリ・ダーマー役
モリー・リングウォルド

グレンダ・クリーブランド役
ニーシー・ナッシュ

キャサリン・ダーマー役
マイケル・ラーン

トレイシー・エドワーズ役
ショーン・J・ブラウン

チャズ役
コリン・フォード

等が出演しています。

いごっそう612

実在した連続殺人鬼の姿を描いたNetflixドラマ…これは興味深いです。

 

ジェフリー・ダーマーの実話

ジェフリー・ライオネル・ダーマー(Jeffrey Lionel Dahmer、1960年5月21日 - 1994年11月28日)は、アメリカ合衆国の連続殺人犯。ミルウォーキーの食人鬼との異名を取る。

ジェフリー・ダーマー

ジェフリー・ダーマー

 

1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体切断、人肉食を行った。その突出した残虐行為は、1990年代初頭の全米を震撼させた。

ジェフリー・ダーマーの最初の殺人

1978年、ジェフリーは高校卒業を控えていたが、離婚を巡り家庭裁判所で泥試合を続けていた両親は、それぞれに家を出て別居しており(弟は母親の元に引き取られていた)、家には彼一人だけが取り残されていた。この頃に自分が同性愛者であることに気付き、その苦悩と孤独を紛らわせるため、アルコールに逃避することも覚えていた。高校在学中に、登校前に酒を飲んだことで教師から叱責を受けたり、ロッカーからジンのボトルが発見されたことで停学処分を受けたこともあった。

高校卒業を孤独のうちに迎えたジェフリーは、その数日後、町外れでロックコンサート帰りの19歳のスティーブン・ヒックスというヒッチハイカーを拾った。音楽の趣味が合い、また彼好みのタイプだったことから、酒とマリファナで自宅へ誘った。両親が離婚して以来、空き家となっていた自宅にヒックスを連れ込み、住んでいたころの思い出を語り聞かせた。ジェフリーは、人と打ち解けることの喜びを初めて味わったが、ヒックスが父親の誕生日祝のために帰宅すると言い出した。彼を帰したくないジェフリーは、手近にあったダンベルでヒックスを背後から殴って、気を失ったところを絞殺。死体の衣服をはぎ取って肛門を犯し、ナイフで腹部を切り裂くと、鮮血をすくって体に浴びた。その内臓を床に広げて血だらけにし、その上を転がって射精した。その後死体を床下へ運び込み、バラバラに解体した。しばらくは手元においていたが、腐敗しだしたため、首以外の部分はゴミ袋に詰めて近くの森に埋めた。これが、ジェフリーの初めての殺人である。

参考ジェフリー・ダーマー - Wikipedia

 

いごっそう612

チラッと調べただけでもかなりヤバいやつです…。
Netflixがどこまで描くのか…?
かなり恐ろしい作品になりそうですね。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナルドラマ
「ダーマー」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Monster: The Jeffrey Dahmer Story (TV Mini Series 2022) - IMDb

Monster: The Jeffrey Dahmer Story (TV Mini Series 2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
468人の投票があり

平均点が
10点満点で
8.7点という
高い評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
何と!
10点満点です。

投票数257人で
全体の54.9%が
満点の評価をしています。

いごっそう612

半数以上が満点とは…

 

 

2番、3番の評価も
9点、8点と高評価であり
「ダーマー」の海外の評価は
かなり高い評価をされているようです。

いごっそう612

めちゃくちゃ評判いいじゃないっスか!

 

海外のレビューも紹介します。

私はこれに大きな期待を寄せていました。AHSでエヴァン・ピーターズを見た後、彼がこの役を演じたら素晴らしいだろうと思ったのです。彼は期待を裏切らなかった。

ダーマーのドキュメンタリーをあまり見たことがないので、彼の性格や態度についてはよく知らないが、ピータースが演じるキャラクターは複雑で不気味、そしてただひねくれた悪人である。

このシリーズで描かれるダーマーの犯罪の最も気になる点は、警察がいかに目撃者の報告を無視し、却下したか、そして彼らの無策によってダーマーが自由の身となり、さらに人を殺すことができたかという点である。

このシリーズは素晴らしい。全シリーズを見たいと思うだろうから、午後の早い時間に見始めることをお勧めする。

 

これは不穏で、不安で、本当に不思議だ。素晴らしい。

全てのシリアルキラーシリーズをこのようにするべきだ。ディテールを一切省かない。なぜ、どのように殺人を犯すのか、その心理や理由を観客に実際に見てもらう。

エヴァン・ピーターズの演技は素晴らしいです。エヴァンではなく、ジェフリーとして見てしまった。どの俳優も素晴らしかったです。このシリーズには感心しました。

ダーマーの件がどれだけ白人優遇の状況だったのか、初めて知りました。彼の現役時代に実際に起こったことを見ると、ゾッとするし、胸が悪くなる。

とてもよくできています。これを作ったチーム、このシリーズのような他のサイコパスの作品をもっと作ってください。

 

あの人のキャラクターへの変身ぶりは、ドラマチックで強烈なものがありますね。

プロデューサー(ライアン・マーフィー)は『アメリカン・ホラー・ストーリー』で10年以上エヴァンと仕事をしているので、彼のさまざまな役柄を見てきましたが、彼の才能にはいつも唖然とさせられますね。

この作品は、珠玉の作品から最悪な作品まで、様々な作品を世に送り出すことで知られている。

この作品は、まだ2話なので評価は変わるかもしれませんが、演技がしっかりしていて、出だしが「遅い」と感じる人もいるかもしれませんが、不気味なスリラーが好きな人なら、このテンポの良さはたまらないと思います。

時々ある「不気味な撮影」が好きで、この番組のあらゆる側面に不吉な雰囲気が漂っている。

 

Netflixで公開された「ダーマー」を見ようとクリックしたとき、彼に関する数多くのドキュメンタリーの中から選ぶのだろうと思っていた。しかし、実際はダーマーが犯した犯罪のミニシリーズであることを知り、なんという驚きだろう。そして、なんというミニシリーズなのだろう。

演技が素晴らしい。脚本も超一流。撮影は、連続殺人犯の実録シリーズで見た中で最高のものの一つです!

私は、FBI行動科学課の起源を描いた「Mindhunter」の大ファンなんです。そして、ダーマーはこの種の番組にぴったりだと認めざるを得ません。この番組は第1話から私の心をとらえ、それからは一気見でした。

例えば『People's Magazine』など、悪名高い殺人鬼の犯罪を描いた映画は他にもたくさんあります。でも、Netflixがダーマーで見せたのは、まったく新しいレベルの演目なんです『 ピープル・マガジン』の映画は、『ダーマー』シリーズに比べれば、アマチュア・アワーに過ぎないのです。

Netflixはこの素晴らしい番組で私を大いに驚かせてくれました。星9つに値します。そして、私は簡単に9つ星を手放したりしません!

 

今まで観た連続ドラマの中で一番良かった。裏話や犯罪について素晴らしい洞察を与えてくれました。特に、当時の警察の卑劣な行動については。

この事件に取り組まなければならなかった彼の警察の恐怖は、私には想像すらできません。

そして、彼の両親、もし生きていたら、どんなに罪の意識を感じていることでしょう。この世の地獄に生きているようなものなのでしょう。

生き残った人たちが、このグロテスクな記憶と一生付き合っていかなければならないのは、とても悲しいことです。

この監督や脚本家が他のシリアルキラーに目を向けて、また創作に励むことを期待したい。

 

窒息させる。神経を破壊する。心臓が締め付けられるような。不穏な空気。

実録犯罪の常習犯であることと、それなりのキャストが出演していることから、大きな期待を寄せていた。しかし、これは私の期待以上のものだった。ゴア・フェスティバルを期待すると、悲しいほど失望することになる。不吉な感情のジェットコースターを期待しているならば、満足することでしょう。

エピソード6は、私が52年間生きてきた中で、最も悲しく、最も甘いテレビ作品の一つだろう。ダーマーの歴史を知っていれば、何が起こるかわかるので、より一層胸が張り裂けそうになる。

弱々しい演技はひとつもなく、このシリーズの尻上がりの受賞を期待している。Netflixはよくやった。

 

ジェフリー・ダーマーの時代に戻りたいとは思わなかったが、今朝EP1をつけたら、見るのをやめられなくなった。このシリーズは、ダーマーの陰惨な現実をはるかに超えるものです。両親、被害者、そして警察に関する、もっともっと不穏な事実や真相を掘り下げている。私の考えでは、警察の醜悪さはダーマーの悪に匹敵する。

この作品に関わったすべての人に、スタンディングオベーションを送りたい。なぜなら、あらゆる面で、まったくもって卓越しているからだ。

このシリーズを一気見する覚悟が必要だ。本当に素晴らしい作品だ。

最高のストリーミングを提供してくれるNetflixに感謝。

 

いごっそう612

めちゃくちゃ絶賛の嵐!怖いの好きな人には絶対おすすめです!

 

「ダーマー」と同じくNetflixオリジナル作品は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう