「Santo/サント」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
Santoサント

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Santo/サント

Santo サント

Santo サント

 

Santo/サント は
2022年の
スペインとブラジルの
犯罪アクションドラマ

 

世界を股にかけて暗躍する凶悪犯罪者でありながら、誰もその顔を知らない麻薬密売人を、大西洋をはさんだ2つの国の2人の刑事が追うという物語です。

 

 

Netflixオリジナルドラマとして
2022 年 9 月 16 日配信開始

監督は
ビセンテ・アモリム

キャスト

ブルーノ・ガリアッソ・マルケス
ルイス・フェリペ・ルーカス
ラウール・アレバロ
ヴィクトリア・ゲーハ
グレタ・フェルナンデス
ジュディス・フェルナンデス
ニュリア・プリムス
マリア・バスケス

等が出演しています。

いごっそう612

Netflixオリジナルドラマ、たまに刑事ものって観たくなりますよね。

 

あらすじ、ネタバレ

エピソード1. 見えない存在

ブラジルのサルバドルで、麻薬密売人サントの愛人から彼の居場所を聞き出そうとするカルドナ捜査官。マドリードでは、ミリャンがある事件の容疑者を追っていた。

エピソード2. まぶた

カルドナはマドリードで救出されるが、拉致されている間、自分とバルバラがどんな目に遭っていたのかはっきり思い出せない。ノルウェー人について調べるミリャン。

エピソード3. オ・パイ

捕らわれの身として経験した恐ろしい儀式の記憶を少しずつ取り戻すカルドナ。ミリャンは、スペインで活動しているサントの手下を捜査する。

エピソード4. オス・フィリオス

昔、カルテルへの潜入捜査で奈落の底に突き落とされ、地獄の苦しみを経験したカルドナが今、ミリャンの標的となる。

エピソード5. 罪

警察の拘束から逃れようとするカルドナとバルバラ。一方のミリャンは、監査部から過去の素行を調べられ尋問を受ける。

エピソード6. 巣穴

ついにサントの居場所を突き止めるミリャンとカルドナ。だが、そのせいで、愛する人だけでなく、周りにいる人すべてを危険な渦に巻き込んでいく。

海外の評価と海外のレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナルドラマ
「Santo/サント」の
海外の評価
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Santo (2022) - TV Series - IMDb

Santo (2022) - TV Series - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
124人の投票があり

平均点が
10点満点で
5.4点という
低い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
10点満点です。

投票数21人で
全体の16.9%が
満点の評価をしています。

2番目に多いのは
真逆の最低点
1点です。
投票数28人で
全体の22.6%が
最低の評価をしています。

いごっそう612

賛否両論…これは自分の目で観てみるしかない!

 

 

海外のレビューを紹介します。

この6つのエピソードの混乱は、2つのエピソードのために有望であったが、その後、列車は脱線し、その後の残骸は二度と元に戻ることができなかった。まず、ポジティブな点ですが、なぜ星3つなのかというと、演出はまとも、演技はまあまあ、撮影は平均以上、演技は良い、吹き替えはまともでした。その一方で、編集がひどすぎて半分もついていけず、常にシーンをリプレイし、最終的にキャラクターが夢を見ているのか(?)、それともただフィラーが必要だったのか、、、推測の域を出ません。究極の悪のタイトル・キャラクターが明らかになったとき、あなたはおそらくそれを理解したでしょうし、そのキャラクターはサント伝説の想定される歴史に本当に適合していませんでした...6時間無駄にしながら見れば、私の言いたいことがわかるでしょう。また、筋書きがぶら下がり、新たな筋書きが生まれ、すでに重荷を負いきれないストーリーに重みを加えています。主人公の男性2人は正しいことをする機会がありながら、その瞬間が過ぎ去っていくのをただ宙を見つめています。脚本家の頭の中以外では、合理的な人がしないような行動をしている人たち。申し訳ないが、このシリーズはいろんな意味で最悪で、しかも最後にとんでもないクリフハンガーを投げつけて、次のシーズンに引き込もうとしてるんだ!!!!!!!!!!!?という感じ。この作品はスキップしてください、私はあなたのために苦しみ抜いたのですから

 

このシリーズは、麻薬の売人であるサント(というより本物の犯罪者)が、誰も顔を見たことがないほど謎めいていて、第1話の終わりには、彼がとても残酷な人物であることに気づかされます

一方、このシリーズでは、ミランとカルドナという、互いに強く反発し合う二人の警察官が登場し、この事件の解決(サントの逮捕)のために協力することを学び、自分の人生を大切にしなければならないのです!。

麻薬と人の売買が絡む犯罪を描いたスリラーでは物足りないかのように、悪魔的なひねりも加えられている。

そうそう、第1話もかなりひねりの効いた終わり方をしているので、ぜひ続きは覚悟しておいてください。予告編を見ると、見続けたいと思わせるものがたくさんあります。

悪魔崇拝の儀式における人身御供による迷信は、この作品がタイトなクライムスリラーであることに加えて、素晴らしいものだ。しかし、その残虐性から万人向けではないことは明らかだ。スペインとブラジルの作品であるため、非常に直接的な映像が多いので、その点は覚悟の上でご覧ください。

 

誰かがこれを理解したのではと期待してレビューに来ました。しかし、レビューが3件しかなく、私は運が悪かったと思います。2話の途中まで見たが、何が起こっているのかさっぱりわからない。ストーリーは複雑で、誰が誰で、誰が善人で、誰が悪人なのか、なぜこの男が側溝にいたのか、少年は見つかったのか、などなど、あちこち飛び回りすぎてよく分からない。でもすぐにサントの正体がわかった気がするので、多分最後まで見れないと思います。あと、ブレアウィッチのような映像効果を狙ったような、でもちょっと違うような、変な視覚効果があります。最初は面白いのですが、目的がない、つまり何かの直前に来るわけでもなく、何かの直後に来るわけでもなく、ただただ不規則なのです。何も起こらないのに音楽のクレッシェンドがあるようなものです。

 

ひどい話だ。スキップするべきだ。

異なる時間軸の間で非常に混乱する。ストーリーがあるわけでもなく、悪のカルト集団のようなもの。

新しいことは何もないが、混乱する。

警察が何をしているのか、スペインとブラジルの警察が協力しているのかいないのか、よく分からない。

最後のどんでん返しは予想通りでした。メインとなる2人の警察官の行動がよく分からない。

実話に基づいた作品だと思って見始めたのですが、4話あたりで、そうではないことに気づき、シリーズ全体がさらに最悪なものになり、時間を無駄にすることになりました。

何かオリジナルがあるんじゃないかと期待しながら見ていたが、何もなかった。

 

いごっそう612

けっこう酷評が多いです💦

 

Santo/サントのような
Netflixオリジナルドラマは
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう