「ザ・ウォッチャー」Netflix、実話!海外の評価とレビュー!
ザ・ウォッチャー

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

実話事件に基づいた
Netflixドラマが配信開始

ザ・ウォッチャー

ザ・ウォッチャー

ザ・ウォッチャー

 

ザ・ウォッチャー
原題:The Watcher は
2022年のアメリカドラマ

ニュージャージーに実在する悪名高い"ウォッチャー"ハウスにまつわる実話をドラマ化したもので、ニュージャージーの夢の家に引っ越した後、ウォッチャーという名前のストーカーによって署名された手紙によって嫌がらせを受けた夫婦の姿を全7話で描いています。

 

 

Netflixオリジナルドラマとして
10月13日配信開始

 

製作総指揮に
ライアン・マーフィー
イアン・ブレナン

キャスト

ノラ・ブランノック役
ナオミ・ワッツ

ディーン・ブランノック役
ボビー・カナヴェイル

パール役
ミア・ファロー

セオドラ役
ノーマ・ドゥメズウェニ

ミッチ役
リチャード・カインド

ジャスパー役
テリー・キニー

モー役
マーゴ・マーティンデール

カレン・カルフーン役
ジェニファー・クーリッジ

等が出演しています

いごっそう612

またもや実話を基にしたドラマ作品!Netflixオリジナルの実話ドラマは興味深い作品が盛りだくさんです。

 

「ザ・ウォッチャー」の実話

657番地の新しい隣人へ

ご近所へようこそ

その家の歴史を?

私は家を見張る者

いごっそう612

引っ越してきたら、ポストにこんな手紙が入っていたら怖いですよね…。

 

Netflixオリジナルドラマ「ザ・ウォッチャー」は、2014年ニュージャージー州ウェストフィールドで起こった事件を基に描かれています。

郊外に越してきた一家に対して、上記のような手紙を送って来ました。

 

ザ・ウォッチャーの基となったウォッチャーハウス

ザ・ウォッチャーの基となったウォッチャーハウス

 

さらにまた手紙が来て

「私が要請した若い血でこの家を満たす必要があるか」

というようなフレーズを書いた手紙を送ってきます。

いごっそう612

子供がいる一家には怖い…

 

そして…手紙はまだ送られて来て…。

 

そんな実際に起こった恐怖の実話を本作では描いています。

 

参考The Watcher: The True Story of the Haunting of 657 Boulevard

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナルドラマ
「ザ・ウォッチャー」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

The Watcher (TV Mini Series 2022) - IMDb

The Watcher (TV Mini Series 2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
1699人の投票があり

平均点が
10点満点で
7.1点という
まずまずの評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
8点です。

投票数403人で
全体の23.7%が
8点の評価をしています。

2番、3番の評価も
7点、10点満点と高い点数であり
「ザ・ウォッチャー」の海外の評価は
良い評価をされているようです

いごっそう612

これは期待できる!
実話ベースだし興味深いですよね。

 

海外のレビューを紹介します。

手短に言うと、Netflixオリジナルシリーズでこれほど楽しめたことはない。演技、音楽、風景、そして最後の最後まで視聴者を飽きさせない演出は、信じられないほど素晴らしい。

実話をもとにしたストーリーであることが、さらにこのシリーズに縛りをかけている。古典的なホラーではなく、常に心理的な恐怖を感じることができる。

狂気によって徐々に崩壊していく家族の姿が、出演者全員の演技によってとてもリアルに表現されています。特にボビー・カンナヴェールの役柄は最高でした。

"The Watcher "は間違いなく推薦する価値があり、自慢できる作品です。

 

「デスパレートな妻たち」をドキュメンタリーにしたような「The Watcher」。状況があまりにもバカバカしく、登場人物があまりにも戯画的なので、「実話」と考えるのは難しい。

一家は完全に精神異常者のように振る舞い、常識はゼロ、互いの信頼関係も希薄。脚本は基本的に次から次へとひねりが加えられているが、各エピソードの終わりに「NEXT」を押してしまうほどよそよそしい。少なくともジェニファー・クーリッジは、この作品全体のキャンディネスを受け入れているが、主人公の夫婦はあまりに嫌われ者なので、ただ家から出て行って欲しいと思ってしまう。

映画『寄生獣』をアメリカ風にアレンジしたような巧妙な演出を考えているようだが、結果的にはNETFLIXらしい悲しい見世物になってしまった。

コンセプトは良いが、出来が非常に悪い。

 

私は良いホラー映画が大好きで、「ウォッチャー」は何か新しいことをもたらすのではないかと期待していた。しかし、残念ながらそうではなかった。古い大きな家に引っ越してきた家族、奇妙な隣人、10代の子供、状況をコントロールできなくなった父親、家族と疎遠になること、など、普通のホラー/ホラー映画の基本的な要素をすべて備えているだけである。つまらない。ネタバレになるのでやめておきますが、このシリーズを通して、だいたい予想がつきます。だから、あまり期待しないで、ジェームズ・ウォンの瞬間も期待しないで、退屈な夜に、ソファに座っている恋人と一緒に楽しむだけでいいんだ。この退屈なシリーズを本当に見たいですか?

 

危険な精神障害者が広めた右翼の陰謀論的内容の奇妙な借用量。

番組の序盤で「血の犠牲」「アドレノクロムのために血を飲む」ことに触れている。これらは、あのカノン教団が盛んに触れているテーマです。

しかも、「第四の転回」は極右の挑発者であり、トランプの恩赦を受けた重罪人、スティーブン・K・バノンの大好物である。

テレビ番組がフリンジ、それも危険な情報源からこれほど大量に借用するのは、ごくごく普通のことである。脚本チームの誰かが、自分自身が右翼であるか、あるいは怠惰で、このフィクションのために陰謀論のナンセンスを再文脈化した可能性はかなり高い。

 

番組の出だしは良かった。キャラクター、設定、ストーリー、サスペンスに興奮し、夢中で見ていましたが、5話ではもう終わってしまいました。ディーンというキャラクターは私のお気に入りです。彼はウィットと知性に富んだ人物で、最初は強かった。彼は私のヒーローです。妻のNoraは弱い。なぜ夫を疑うのか(気にしないでください、それは別の話です)。

もしあなたがライアン・マーフィーのファンなら、私のようにこのシリーズを見ることを進めます。ただ、エピソード5で坂を転げ落ちることを知っておいてください。私の部下のディーンは気が狂ったような顔をしていますよ。

そして、なぜノラはいつも白い服を着ているのでしょうか?

もっとストーリーを練るべきだったんだ "もっと "ってこと?"誰が古い家を買うの?そして、彼らがするとき、証書、固定資産税や計画を調べますか?

スタートは良かったが、エンディングはゴミだった!

 

このシリーズの全エピソードを2日間で視聴しましたが、最初はとても良かったのに、だんだん残念な感じになってきました。

ライアン・マーフィーが得意とするところ。雰囲気がある。まともな演技、プロダクション、スクリプト。

ライアン・マーフィーは、彼が最も苦手とすることをやってのける。実話に近いものでもない話を盛って、長い会話やシーンをタランティーノ風に寸分の狂いもなく引き延ばす。そして、その結末に何の関連性もないまま、あちこちに脱線していく。

お母さん、お父さん、子供たちの家族には好感が持てない。息子は別として。警備員の青年は可愛かった。

スティフラーズのお母さん(ジェニファーごめんなさい)は、最後の数分間を省くか、もっとうまくできたはずだが、キャストに加わったのは素晴らしい。不気味な隣人たちも、みんないい味出してました。ミア・ファローを見ることができてよかったです。彼女はこの作品で輝いています。

ライアン・マーフィーはなぜエンディングを作らなかったのでしょうか?それがこのシリーズの本当の謎です。

 

正直言って、このシリーズにはイライラさせられたし、筋書きにひねりがありすぎて、典型的なスリラーのように感じられた。

しかし、このシリーズでユニークだと思ったのは、物質主義への執着と、その執着を確保し守るために人々がどこまでやるかというテーマである。

社会派スリラーということで、意図的なのかどうかはわかりませんが、明らかに行き止まりの展開にイライラさせられながらも、サスペンスフルな展開に引き込まれる作品だと思います。

全体的に中毒性のある視聴体験である。

 

 

いごっそう612

賛否両論な感じでしたね。

 

Netflixオリジナルドラマ「ザ・ウォッチャー」のような実話を基にしたドラマ作品は興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう