「ミッドナイト・クラブ」Netflix、あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
ミッドナイトクラブ

ホラー界の鬼才マイク・フラナガン監督の
新作ホラーがNetflixで配信開始

ミッドナイト・クラブ

ミッドナイト・クラブ

ミッドナイト・クラブ

 

ミッドナイト・クラブ
原題:The Midnight Clubは
2022年アメリカの
ホラードラマ

クリストファー・パイクによる 1994 年の同名の小説と、著者による 27 冊の本をマイク・フラナガン監督が脚色して作り上げた全10話のドラマシリーズです。

 

 

2022 年 10 月 7 日
Netflixで配信開始

 

キャスト

イマン・ベンソン
イグビー・リグニー
ルース・コッド
ヘザー・ランゲンカンプ
アナラ・シモン
クリス・サンプター
アディア
アヤ・フルカワ
サウリヤン・サプコタ
マット・ビーデル
サマンサ・スローヤン
ザック・ギルフォード

等が出演しています。

いごっそう612

ホラー好き必見のNetflixオリジナルドラマ!これは観るしかない!

 

あらすじ、ネタバレ

謎に包まれた過去を持つ屋敷で、夜な夜な集まる"ミッドナイト・クラブ"の8人。彼らは不気味な話を語り合い、この世ならざる世界からの兆しを求める。

1. 人生の最終章

監督マイク・フラナガン

1990年代半ば、10代のイロンカは末期の甲状腺がんを患っていた。数十年前にジュリア・ジェインが甲状腺がんを治したとされるブライトクリフ・ホスピス・ケアに、イロンカは行くことを決意する。白血病のケビンとは仲良くなるが、ルームメイトのアーニャとはうまくいかない。初日の夜、イロンカはアーニャの後を追って図書館に向かうが、そこでは「ミッドナイト・クラブ」と呼ばれる秘密の集会が開かれていた。このクラブでは、怖い話を共有し、最初に死んだ者は、死後の世界があるかどうかを他の人に伝えるために戻ってくることを試みるという協定に同意する。クラブへの入会の一環として、イロンカはジュリア・ジェインについて半フィクション化された物語を語る。

2. もう1人のダナ

監督マイク・フラナガン

イロンカはジュリアとブライトクリフが "パラゴン "というカルト教団の本部だった過去を調べようとするが、ブライトクリフを運営するスタントン医師はどちらの話題も知らないと言い張る。イロンカはブライトクリフ周辺の森を探索し、近くに住む、土地の治癒力を信じる女性シャスタに出会う。アーニャは赤い目をした影が自分を見ているのを見る。ミッドナイトクラブのために、アーニャは悪魔と契約したバレリーナの話をする。イロンカはケビンの助けを借りてスタントン博士のオフィスに侵入し、ジュリアの事件簿を盗み出す。その後、イロンカは昔のブライトクリフと、幽霊のような老婆を見る鮮明なビジョンを見る。

3. 悪意の塊

監督マイケル・フィモニャリ

イロンカはジュリアの事件簿を読み、記号と「292.13」という数字が描かれた絵を見つけてしまう。イロンカは、ずっと聞いてきた幻覚やささやくような声が今になってジュリアのことを調べろと言っていることをケビンに話すが、どれも薬による幻覚であるため、本気にされない。ブライトクリフの患者の一人であるトリスタンが死亡する。その後、夏樹は自分の部屋でトリスタンを見たと思い、他のミッドナイトクラブのメンバーに話すが、約束が果たされた証拠としては不十分と判断される。ケビンはクラブに、連続殺人犯である10代の少年の話を聞かせる。その話が引き金となり、イロンカは記憶を取り戻し、ケビンと共にジュリアのシンボルを辿って地下の秘密のフロアに行き、そこでイロンカは幽霊のような人物を目撃する。

4. 危険なキス

監督マイケル・フィモニャリ

イロンカとケヴィンは、ミッドナイト・クラブのメンバーを秘密のフロアに連れて行く。そこには、1969年にジュリアが設立したミッドナイト・クラブの記録や、カルト集団の痕跡が残されていた。イロンカはシャスタと再会する。信心深いサンドラとエイズのスペンサーは口論になるが、サンドラがミッドナイト・クラブで語る探偵小説をきっかけに謝罪し、和解する。スペンサーはトリスタンの昔の部屋のインターホンで自分を呼ぶ声を聞く。ケヴィンは恋人キャサリンの卒業パーティに参加する。イロンカは「292.13」がデューイ十進分類法を指すことに気づき、それを使ってブライトクリフ図書館でその記号が書かれた本を探す。アーニャは再び影を見て、倒れてしまう。

5. またね

監督エマニュエル・オセイ=クフォー Jr.

イロンカはアーニャに心肺蘇生術を施し、蘇生させる。イロンカは、パラゴンの生き残りであるアテナが書いた日記を読む。パラゴンは、1931年にアテナの母アエスコが創設した健康教団で、五女崇拝と血の犠牲を実践し、アエスコの寿命を延ばすために仕組まれた集団殺人自殺で頂点に達していた。イロンカは、ジュリアがアテナの日記を読んで、彼女の癌を治す方法を見つけたと考える。イロンカは古いBrightcliffeの別のビジョンを持っており、彼女はケビンにぶつかるライブラリ、にホールを通って老婆に従います。ミッドナイト・クラブでは、スペンサーがインカムの声について皆に話し、アメッシュは一見勝てそうにない戦争ゲームに誘われたゲーマーの話をする。アーニャはイロンカに影が怖いことを告白し、イロンカは治療法を見つけようと決意を固める。

6. 魔女

監督アクセル・キャロリン

ミッドナイト・クラブでは、ケビンが10代の連続殺人犯の話を続け、イロンカは現代の魔女が魔法を使って友人を助けようとする話をする。アーニャは再び倒れるが、イロンカは彼女の運命を穏やかに受け入れることを拒否する。イロンカは森の中でシャスタに会う。シャスタは五女神信仰について知っており、その宗教はパラゴンよりずっと古いものだと明かす。イロンカはミッドナイト・クラブにシャスタの指示で儀式をするよう頼み、全員が参加する。

7. アーニャ

監督アクセル・キャロリン

スタントン医師がクラブを捕らえる。儀式は完了したが、アーニャは昏睡状態になり、そこで、治って社会に戻ったが、自分の人生は空しく、仲間より長生きしてしまったという夢を見る。彼女はその夢がミッドナイト・クラブの物語の融合であると認識し、自分が夢を見ていることに気づく。アーニャは仲間の声を聞くことができ、仲間たちは、全員が元気になり、共に長い人生を歩むという物語を語る。アーニャは眠ったまま死んでしまう。シャスタはイロンカに、儀式は毎回うまくいくわけではないことを伝える。スタントン博士はアテナの日記を燃やし、ずっと知っていたミッドナイトクラブを閉鎖するかどうか議論する。イロンカはスタントン博士が電話で誰かに、患者の一人は末期ではないかもしれないと話すのを聞く。イロンカは自分の部屋で幽霊のような老婆と男を目撃し、女は「お腹が空いた」と宣言する。

8. 最後の旅路

監督ベト・グエン

イロンカはスタントン博士に立ち聞きしたことを問いただす。スタントン医師は口止めをするが、イロンカはケビンに話してしまう。イロンカは儀式で治ったのは自分だと思い、シャスタに話すと、シャスタはイロンカをコミューンに誘う。スペンサーは母親を訪ね、セクシュアリティを理由に勘当されたことに決着をつける。スタントン博士が図書館をロックしたため、ミッドナイトクラブは中止となる。アメッシュと交際中の夏樹は、ミッドナイト・クラブで予定していた「ヒッチハイカーの二人組を乗せる少女」という話をアメッシュにする。イロンカはビルの秘密のフロアに行き、そこで老婆を見る。イロンカが老婆に触れると、幻影はケビンに変身する。

9. 存在否定

監督ベト・グエン

癌が退縮したのはサンドラで、スタントン医師は彼女の末期診断が誤りであったことを告げる。ケビンはイロンカに、秘密の階を発見してからずっと夢遊病のような状態で、彼女と同じ幻影や人影を見ていると話す。他のミッドナイト・クラブのメンバーにも話すが、懐疑的な目で見られ、特にサンドラがトリスタンのインターホンを通してスペンサーに話しかけたのは自分だと告白する。幻滅したイロンカはシャスタに相談し、シャスタは自分がジュリア・ジェインであることを明かします。ミッドナイト・クラブでスペンサーは、ビデオデッキに未来からのニュースを録画している大学生の話をする。イロンカは、シャスタらコミューンの女性メンバーがイロンカを癒す儀式をするために建物に忍び込むが、儀式がシャスタに教わったものと違っていたため、イロンカは不審に思う。儀式が完了する前にスタントン博士が割り込んでくる。

10. 真夜中

監督モーガン・ベッグス

博士スタントンは儀式を中断し、イロンカと他の女性の命を救うが、シャスタは逃げる。イロンカは、シャスタが自分の寿命を延ばすために望んでいた殺人自殺の儀式に、自分を利用しようとしていたことに気づく。スタントン博士は、過去にシャスタ/ジュリアの癌が自然に退縮したが、シャスタはそれを運ではなく魔法のせいだとし、癌が再発したため再び儀式を行おうとしているのだと考える。アメッシュは自分を追う影を見るようになる。スペンサーの母親がファミリーデーに彼を訪ねてくる。ケビンはイロンカと付き合うために恋人と別れる。イロンカは、壊れたアーニャのバレリーナ像が元通りになったことを発見し、ミッドナイト・クラブに報告する。ケビンは10代の連続殺人犯についての話を終え、イロンカはミッドナイトクラブの残りのメンバーが彼女のエンディングを伝えるのを助けて、魔女についての彼女の話を終えます。イロンカとケビンが見ていた老人と女性はブライトクリフビルの創設者であり、スタントン博士は五女教団の刺青を持っていることが明らかになり、エピソードが終了します。

いごっそう612

続いては海外の評価とレビューをご紹介!

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう