「トロール」Netflixで北欧の妖精が大暴れ!海外の評価とレビュー!
トロール

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixで配信される
この映画に注目!

トロール

トロール

トロール

 

トロール
原題:troll は
2022年のノルウェー映画

ノルウェーの山間部で、爆破により長い眠りから呼び起こされた古代のトロールと人間との戦いを描いたモンスター・パニック映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年12月1日配信開始

 

監督は
ローアル・ユートハウグ

 

キャスト

アイネ・マリー・ウィルマン
キム・ファルク
マッツ・ショーゴード・ペテルセン
ガルド・B・アイツヴォルド
カロリーネ・ヴィクトリア・スレッテン・ガルヴァン
ユスフ・トゥーシュ・イブラ
ビャーネ・イェルデ
アネッケ・ヴォン・デル・リッペ
デニス・ストーロイ
フリチョフ・ソーハイム

等が出演しています。

いごっそう612

巨大なモンスターと人間が戦うってのは面白いですよね。
ノルウェー映画にしてはクオリティが高かった。

 

北欧の妖精トロールとは?

トロールまたはトロル(丁: trold、典: troll)とは、北欧の国、特にノルウェーの伝承に登場する妖精の一種。

 

トロール

トロール

 

北欧ではトロルド、トロールド、トラウ、トゥローと呼ばれる。

当初は悪意に満ちた毛むくじゃらの巨人として描かれていたが、それがだんだんと小さな妖精として描かれるようになる。

変身能力があるのでどんな姿でも変身できる。

どのような存在であるかについては様々な描写があり、一定しない。ただし、鼻や耳が大きく醜いものとして描かれることが多い。別格のトロールたちには二つまたは三つの頭がある。

一般的なトロールについてのイメージは、巨大な体躯、かつ怪力で、深い傷を負っても体組織が再生出来、切られた腕を繋ぎ治せる。醜悪な容姿を持ち、あまり知能は高くない。凶暴、もしくは粗暴で大雑把、というものである。

森のトロール (テオドール・キッテルセン, 1906)

森のトロール (テオドール・キッテルセン, 1906)

今回Netflixで描かれたトロールはそのイメージのトロールである。

 

ノルウェーの人の中では、日常生活でふっと物が無くなった際には「トロールのいたずら」と言われる。

また、ほとんどの御土産物屋にトロールの人形が販売されており高い人気を博している。陶器製、マグネット製、紙製、キーホルダー製など実に様々なものがあり、トロールの姿も男性、女性、子供、老人、中にはヴァイキング姿、サッカー姿、サーファー姿、スキーヤー姿など実に様々なものがあり、中にはアンティークコレクションとして評価の高いものも数多く存在する。

参考トロール - Wikipedia

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixドラマ
「トロール」の
海外の評価
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Troll (2022) - IMDb

Troll (2022) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは
6188人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.0点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数1557人で
全体の25.2%が
6点の評価をしています。

次いで多いのが
7点です。
投票数1359人で
全体の22.0%

3番目は
5点です。
投票数852人で
全体の13.8%

いごっそう612

総合的に見て7~5点と真ん中辺の評価が多いです。

 

海外のレビューも紹介します。

トロールはノルウェーのクリーチャー機能のかなり面白いインポートのままです. 映画は長すぎず、許容できる101分の実行時間で歓迎されます。巨大なトロールの全貌を 30 分ほどで見せてくれるので、時間を無駄にしません。結果?トロールは確かに変化の斬新さのように感じられ、特殊効果チームはこの映画で素晴らしい仕事をしました. トロールは物理的に印象的であるだけでなく (これを大画面で見ることができれば、もっと印象的だと思います)、背景とシームレスに溶け合っています。

大規模なスペクタクルを提供することになると、彼の印象的な視覚的才能についても称賛されます。これは、注目に値するアクション満載の瞬間のいくつかで見ることができます.ゴジラ(1998)でのローランド エメリッヒのセットピースの私。

映画の非常に馴染みのあるストーリーテリングのビートにもかかわらず、脚本は、トロールを取り巻く魅力的な古くからの神話のいくつかをカバーし、環境災害、人間の貪欲、自然が反撃する大惨事の関連する寓話を取り入れています. この映画は、特にノラとしてのイネ・マリー・ウィルマンとトビアスとしてのガルド・B・アイズヴォルドなど、全体的にまともなキャストの恩恵を受けています。

 

"Troll "はよくできたノルウェー映画で、騙されやすい人はおそらくトロールが実際に存在することを納得させるだろう。この映画は、ノルウェーの民間伝承と科学を結びつけようとしたものである。映画の前半は、SF映画のステレオタイプを詰め込んだ、がっかりするほど定型的な説明である。偏屈な父親、優秀な娘、真実であることが判明したおとぎ話、トンネル建設で山の一部を無頓着な建設業者が爆破し、1000年の幽閉から巨大生物を解放する、疑い深い首相と軍隊、他の誰もが信じようとしないことを喜んで信じる親切な政府顧問と親切な兵士、などなどである。いくつかのシーンは明らかに "ジュラシック・パーク "を引用しているし、後半を占めるトロールとの闘いは "キングコング "を彷彿とさせるものがある。CGIのトロールはよく表現されているし、演技もサービス精神旺盛だ。結末は予想できたはずなのに、予想できなかったのがプラスに働いている。

 

この映画を見て、私はアメリカ映画を見ているのか、それともノルウェー映画を見ているのか、と考えるようになった。役者がノルウェー語を話しているアメリカ映画なのだろう。

脚本は、安っぽいアメリカ映画を思わせる。正直言って、ノルウェーはこれよりもっといいものができるはずだ。安っぽさ(文章)の道...。

役者は素晴らしく、映像も素晴らしく、脚本も12歳から16歳をターゲットにした印象を受けました。

ここで、『トロールハンター』(2010年)と比較しなければならない。後者は予算も道具もかなり少なかったが、観客に素晴らしい雰囲気を与えることができた。

基本的に、このレビューの結論として、彼の映画が私に残した味は、「安っぽい脚本のNetflix用アメリカ映画」であり、一度消費して忘れるべき商品だったということです。

そして、この映画の投稿者へのメッセージ。こんなレビューで申し訳ないのですが、私はこれに対して全く違う期待を抱いていました。まともな映画はこのような規範を守らないはずです。私は、消費者向けの製品を期待していたわけではありません...。私は、より少ないものでより多くを期待したのです。私はもっと良いものに慣れているのです。

 

予告編を観て、「トロールハンター」並みの出来だといいなと思ったのに、この駄作の山がスクリーンを飾って、本当の意味で優れたモンスター映画は滅多にないのだと思い知らされる。100フィートのトロールが迷い込んできて、何人かを殺すなんてことはありえないのだ!それに、オスロを爆撃するというのは明らかに論理的思考である。トロールハンターのような映画を期待すると、純粋なコメディーに1、2回は笑えるだろうが、悲しいことに失望するだろう...2人の主人公の演技は魔法のようで、すべての瞬間を感じさせ、信じさせ、すべてのシーンに集中させることができる。トロールハンターは2回、3回と見た方がいいと思います。

 

これを観て、普通のモンスターアクション映画なんだろうなと思ったら......あれ?そうなんです。そうそう、この映画は大怪獣の痒いところに手が届くような作品でした。

しかし、この映画の人間的な側面は、そうではないのだ。彼らはあまりにもカンペキで、いい意味ではないんだ。ただ、一面的なのだ。バカで一本気な権力者たちがいるでしょ。権威を踏みつける負け犬の主人公は、その方が勇敢で、明らかに多くのことを知っているのに、耳を傾けてもらえない...など。設定が当たり前すぎて、どんな感情のズレも浅はかな方法で行われるため、しっくりこないのです。

トロールには裏話的な深みがあったのですが、残念ながらこれは最終的に人間が勝つ映画なので後回しにされています。このプロットを無駄にし、「モンスターが悪い、殺さなければならない」という典型的な展開に終始しています。

評価は5.5ですが、トロールの描写が好きなので四捨五入しています。しかし、とにかく全体的には十分なモンスター映画だと思います。CGIは信じられる。アクションの面では、「P」のような破壊力と迫力はない。

 

いごっそう612

トロール・ハンター」の方が評判いいですね。

 

「トロール」のような
Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう