「クイーン・シャーロット」Netflix、あらすじ&ネタバレ、海外の反応、評価とレビュー!
クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~

Netflixドラマ
クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~

クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~
クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~

 

「クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~」は、Netflixドラマ「ブリジャートン家」の前日譚でスピンオフであり、歴史上の人物若きシャーロット王妃の卓越性と権力への台頭にスポットを当てたリミテッドシリーズ。

ジョージ三世と結婚した若きシャーロットはどのように深い愛を育んでいったのか、また上流社会が形成されるきっかけとなった社会的変化がどのように生まれ、「ブリジャートン家」のキャラクターたちに引き継がれていったのかが描かれています。

 

 

Netflixオリジナルドラマとして
2023年5月4日配信開始

 

 

キャスト

若き日のシャーロット王妃(1761年)を演じた
インディア・リア・アマルテイフィオ

ロンドン社交界で舌鋒鋭く、洞察力のある大御所
ダンベリー夫人アガサ(1814年)を演じた
アッジョア・アンドー

ジョージ王の母、オーガスタ皇太后(1761年)役
ミシェル・フェアリー

ブリドガートンの子供たちの母
ブリドガートン子爵夫人ヴァイオレット(1814年)役
ルース・ジェメル

若き日の国王ジョージ3世(1761年)役
コリー・ミルクリースト

シャーロット王妃(1814年)役
ゴルダ・ローシュヴェル

ダンベリー夫人、若き日のアガサ(1761)役
アーセマ・トーマス

女王の秘書、若き日のブリムズリー(1761年)役
サム・クレメット

国王の秘書レイノルズ(1761年)役
フレディ・デニス

女王の秘書ブリムズリー(1814)役
ヒュー・サックス

レディ・ウィストルダウン(1814年)役
ジュリー・アンドリュース

シャーロット女王の弟
メクレンブルク=シュトレリッツ公
アドルフス4世役(1761年)
トゥンジ・カシム

レディ・ダンベリーの夫
ダンベリー卿(1761年)役
シリル・ヌリ

ダンベリー夫人のメイド、コーラル(1761年)役
ペイヴァンド・サデギャン

イギリス摂政
シャーロット女王の長男ジョージ(1814年)役
ライアン・ゲイジ

等が出演しています。

いごっそう612

Netflixで人気急上昇中のドラマ作品、かなり豪華なつくりとなっています。
シャーロットの愛に泣けますよ。ドラマは2つの筋書きで構成されています。

あらすじ&ネタバレ

「ブリジャートン家」の前日譚(たん)として、イギリス国王ジョージ3世に嫁ぎ、社交界を変えた若きシャーロット王妃の壮大なラブストーリーを描く。

1. 未来の王妃

1761年、シャーロットの兄アドルファスは、彼女を国王ジョージ3世と結婚させる契約書にサインをする。シャーロットはこの結婚に納得がいかない。国王の母オーガスタ王女は、彼女が黒人であることを知り、結婚式に著名な有色人種を招待し、息子に代わって彼らに称号を与え、事実上、社会の差別をなくすことに成功する。結婚式が始まる前にシャーロットは逃げ出そうとするが、魅力的な男性に捕まり、その男性は将来の夫であることが判明する。結婚を決意したシャーロットは、結婚式の夜、彼から自分の家を贈られるも、ロンドンのキューで全く別の生活をするつもりであることを告げられ、驚く。

1817年、シャーロット王妃は、唯一の正統な孫娘であるシャーロット王女が出産中に死亡したことを知り、後継者難に陥る。シャーロット王妃は、残された13人の子供たちに正当な相続人を作るよう促す。(54分)

2. 素晴らしき新婚生活

1761年、シャーロットはハネムーンのほとんどを一人で過ごす。ジョージと一緒にいるはずの彼女は、ジョージの不可解で気まぐれな態度に振り回され、不本意な結婚初夜を過ごしたシャーロット。不満と孤独を募らせるシャーロットは、レディ・アガサ・ダンベリーに相談して本心を打ち明ける。

オーガスタ王女は、自分の息子が結婚を終えたかどうかを知りたいと思い、ダンベリー夫人に教えを請おうとするが、夫の地位があってもなお隔離社会に苦しむダンベリー夫人は、オーガスタ王女に圧力をかけ、自分とその夫をさらに支援するよう圧力をかける。

ジョージはシャーロットに、結婚式の夜、金星の遷移を図りながら彼女と別れたことを明かします。彼はシャーロットに結婚式のやり直しを求め、2人はついに結婚する。しかし翌朝、彼女はジョージと彼の母親との会話を耳にする。(60分)

3. 偶数日

シャーロットとジョージは、シャーロットが妊娠するように、偶数日に会うことを約束し、情熱的なセックスライフを送る。ジョージが農業に情熱を注いでいることを知ったシャーロットは、夫のありのままの姿を受け入れ、チームとしてやっていくことを決意して和解する。

レディ・ダンベリーの夫は、シーズン最初の舞踏会を主催したいと言い出す。オーガスタ王女の全面的な支持は得られなかったが、レディ・ダンベリーは招待状を出すがトン族の白人たちに断られる。彼女はシャーロット王妃の支持を求め、新しく仲間になった人たちの立場が不安定であることを指摘する。シャーロットとジョージはダンベリー家の舞踏会に参加し、成功を収めるが、その後、ダンベリー卿が妻との性行為中に死亡する。

舞踏会の夜、シャーロットが目を覚ますと、ジョージが外に飛び出し、全裸になってヴィーナスを讃えているのを発見する。シャーロットは自分がヴィーナスであることを告げ、彼を家に連れ帰る。(54分)

4. 王を支えよ

ジョージを苦しめる大きな問題、そしてシャーロットと幸せに暮らすために彼が受け入れた過激な手段。王であるがゆえに隠し続けてきた、ジョージの苦悩がついに明かされる。(60分)

5. 花盛り

招かれざる客人を迎えることになったシャーロットは、監視の目にさらされつつもジョージに手紙を書き続ける。レディ・ダンベリーは日課となった散歩をしながら、この先の人生に思いを巡らせる。(60分)

6. 至宝

未来の王の誕生に先立ち、ジョージからある言葉を引き出そうとするシャーロット。レディ・ダンベリーとオーガスタ王太子妃は、大いなる試みの行く末をめぐって駆け引きを繰り広げる。(60分)

海外の反応、評価とレビュー!

Netflixドラマ
「クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~」の
海外での反応、評価はどうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Queen Charlotte: A Bridgerton Story (TV Mini Series 2023)
Queen Charlotte: A Bridgerton Story (TV Mini Series 2023)

 

海外映画サイト
IMDbでは

平均が
10点満点で
7.0点という
まずまずの評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
10点満点です。

全体の30.9%
が10点満点の評価
をしています。

次に多いのは
最低評価の1点‥
体の17.4%

3番目は
8点
全体の17.1%

いごっそう612

最低評価も多いですが、全般的には7点以上の高評価が多いです。海外の反応、評価は賛否はあるが良いようです。

 

海外のレビューも紹介します。

普通、スピンオフというと、オリジナルより良くなるとは思わないですよね。私は、この作品が6話という長さよりも長く続くことを望んでいました。

ブリジャートン家の2シーズンよりも成熟しており、より複雑な問題をより繊細に扱っています。ロマンスというよりは、時代を超えた愛です。ブリドガートンシリーズの豪華さはそのままに、王室ということでさらに豪華になりました。

キャストも素晴らしい。若き日のシャーロット、ジョージ王、太后...。本当にみんなです。時代劇が好きで、『ブリジャートン家』シーズン1&2よりもう少し深いものを求めるなら、これは必見です。

 

オリジナル・ブリジャートン家を楽しんできたが、クイーン・シャーロットを観て初めて、ブリジャートン家の足りなさを実感した。

オリジナル・ブリジャートン家は、この作品に比べると、目的地が明確で安全であるため、途中で霞んだり油断したりする空間が設定されており、気を取られすぎています。しかし、この番組は、目的地をしっかりと見据え、それを潔く実行している。原作より短い全6話ですが、決して急がされた感じはありません。どのシーンを見ても、丁寧に作られたことが感じられ、どこかの誰かがこのような形で形にすることに意味があるのだろう。最も重要なのは、この作品には胆力があり、それを決してありがたがることのない方法で表現していることです。誤解を恐れずに言えば、私はオリジナルシリーズののんびりとした雰囲気が大好きですが、時には火のそばまで行って肌を焼くことも必要だと思うのです。

また、キャストは有能でしたが、シャイニングスターは若い女性ダンベリーを演じた女性でなければならず、彼女はただ輝いていて(年上の女性と同じように)物語を盗みます。

これが限定シリーズであることは残念です。この作品に大きな賛辞を送ります!

 

ブリドガートン・シリーズの中でも、私の中では最高の作品でした。ジョージ3世に嫁いだ実在のシャーロット王妃がモデルになっているとは、正直言って知りませんでした。1700年代後半には、人種が偏見なく混ざり合うことができたということを想像させる作品です。もしこれが本当なら、私たちはこの旅でどれほど前進していたことでしょう。

また、キング・ジョージの病気への飛び込みも楽しかったです。これに対処する主役の演技は素晴らしかったです。アンサンブルキャストもすばらしかった。ブリドガートンの第1シーズンや第2シーズンが好きなら、ぜひ見てほしい作品です!

 

ブリドガートン・シリーズで楽しかったのは、キャストの多様性にごく軽く触れ、視聴者が型にはまった設定に没頭できるようにしたことです。また、政治や現代の立場を強調することもなく、純粋にストーリーだけを楽しむことができました。

これは天才的な作品だったと思います。なぜなら、シャーロット王妃を描いた『ブリドガートン』のこの分作が、私たちが目にする多様性の基礎を築いたからです。そして、明らかに歴史的に正確ではないものの、視聴者は、威圧的であったり、オリジナルのシリーズから離れたりすることなく、いくつかの痛烈なメッセージを受け入れることができるのです。このシリーズの好きなところは、人種以外のすべてに忠実であることで、より信憑性を高めています。家、服装、話し方、すべてが真実味を帯びています。

若いシャーロットのキャスティングは素晴らしい。これ以上のキャスティングはないでしょう。

このシリーズで唯一不満なのは、恋人たちの間に全く化学反応が起きないことです。

 

華麗に。キャスティング、ストーリー、演技。とにかく素晴らしい。

インディア・リア・アマルテイフィオも大好きです。最近お気に入りの俳優です。

私は、ある番組で我慢できないことがありました。

同じキャラクターの若いバージョンと古いバージョンがあり、それらが全く似ていないことに我慢がなりませんでした。

この作品では、若いバージョンの女性たちが、外見だけでなく、物腰までぴったりと一致しています。

このレビューを書いている間に、まだシリーズの半分も終わっていないくらいです。それと、王を演じている男がとてもきれいだ。彼の演技がとても良いので、信じられないのですが、彼はいくつかの作品にしか出演していないようです。

ブリドガートンが好きなら、この作品も同じくらい良い作品だと思います!

 

いごっそう612

海外のレビューは絶賛の嵐、間違いなく観る価値がある作品ですね。

 

「クイーン・シャーロット ~ブリジャートン家外伝~」のようなNetflixドラマは興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう