• 月間40万PV ブログ改造
  • 映画ブログのアクセスアップ ブログ改造
  • 映画ブログのアクセスアップ方法6 ブログ改造
  • Search Consoleを使って記事をリライト ブログ改造
  • ココナラでいごっそう612 ブログ改造
  • 10万PV ブログ改造
  • 【映画ブログのアクセスアップ術2】 毎日更新はしたほうが良いのか? ブログ改造
  • ブログを3か月放置した結果 ブログ改造
  • 元ボクサーの一念発起 ブログ改造
スポンサードリンク

イニシエーション・ラブ

最後の5分で全てが覆る・・

昭和の匂いがする純粋なラブストーリーが最後の最後で驚愕のミステリーへと変貌する衝撃的なストーリーが口コミで話題となった乾くるみの同名小説を、松田翔太&前田敦子主演で映画化した異色ラブストーリー

スポンサードリンク

作品情報

イニシエーション・ラブ

製作年:2015年
邦画:ラブ・ストーリー
製作国:日本
日本公開:2015年5月23日
レンタル開始:2015年12月2日
上映時間:109分

あらすじ

バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる。

予告動画

感想

これは凄いっすわ!面白かったし、見事に騙されました(^^;

巧みな叙述トリックで評判を呼んだ乾くるみの同名ベストセラーを堤幸彦監督が、“映像化不可能”と言われた原作とは異なるエンディングで映画化した異色ラブ・ストーリーです。

さすが堤幸彦ですね!見事なつくりとしか言いようがない!

これはかならず騙される※ネタバレ

イニシエーション・ラブ

80年代後半の昭和の静岡で、恋愛経験のない男子大学生が、合コンで知り合ったマユ(前田)と恋に落ちる話と、マユを残し東京に転勤することになった彼が、都会的な同僚女性に引かれていく話。

時間軸の違う二つの物語を、80年代当時主流の音楽メディアであったカセットテープのA面B面の切り替えのように描き、見事に視聴者を騙す!

原作では小説ならではの“顔が見えない”からこそ成立したラストのトリック・・

映像不可能と思われたこのトリックを映像ならではの仕かけをプラスして見事に再現!

目や耳で楽しませつつも、原作ファンをもうならせ観客を見事に騙した堤監督の手腕は、さすがの一言ですね!

この映画は必ず騙されます!

昭和の匂いに昭和生まれはたまらない

イニシエーション・ラブ

テクノカットにボディコン、肩パッド入りスーツと、80年代の髪型やファッションでキメた昭和の雰囲気!

昭和生まれにはたまらない映画のつくりになっています。

BGMには森川由加里の「SHOW ME」など当時のヒット曲も次々に流れ、恋人の家に電話するのに使う黒電話や公衆電話・・・

観る者をどっぷりと昭和時代の雰囲気に浸からしてくれます!

前田敦子がすべてを魅了する

イニシエーション・ラブ

この映画はネタバレしたら面白く無いので基本ネタバレはあまりしないように書きます。

でも、映画見てて皆が絶対思うのが・・

(;゚Д゚) 前田敦子怪しくねーか?

っという事でしょう

しかし、前田敦子演技上手くなってきましたよね~。
この映画見てそう思っちゃいました。色々できるようになってきましたよね。

上目遣いに甘い声・・・

可憐な雰囲気で水着はもちろんワンピース。元AKBのセンターアイドルの前田敦子がそれを見事に逆手に取り、いわゆる王道のぶりっこヒロインを、どこまでも“かわいく”怪演しています。

誰をも魅了して騙してしまうその“あざとかわいさ”

その前田敦子の演技は一見の価値ありです!

映画を観終わって・・やっぱ女は怖いな~っと思いました(^^;

ラスト5分でどんでん返し、でもリアルなラブストーリー

イニシエーション・ラブ

ネタバレなしではホンマに書きにくい・・
めっちゃネタバレしてえ~って思っちゃう映画っすね。

ラスト5分にどんでん返しで全てがあ~そうだったのか・・
っと思う映画なんですけどね。

そのどんでん返しだけでも、面白いんですけど
ストーリーもリアルな恋愛という感じで面白かったです。

純粋な恋愛映画として見ても問題ないくらい良くできた映画でした。

原作は、乾くるみ小説

乾くるみ イニシエーション・ラブ

原作は、乾くるみ同名小説で最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作です。

映画の方がけっこう出来がいいという話もあります。

しかし、ラスト2行であのシーンをどう描いているんだろう
ちょっと小説も見てみたくなりました。

この映画の評価、おすすめ度は?

絶対騙されないぞ・・っと言う意気込みで観ましたが・・見事に騙された~(笑)

堤幸彦監督だからこそ、実写化できたような作品ですね!これは良いミステリー映画だった。

ミステリー映画が好きな方は『ミステリー映画ランキング』も参考にどうぞ

http://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2016/06/22/mystery-movie-rankings/

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.48)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.15)

個人的な私のおすすめ度は?

いそっそ612
おすすめ度:★★★★☆(4.0)かな?

自分はかなり面白かったです。108分あっという間でした・・
あなたも必ず騙されるこの映画観てみませんか?

コメントを残す

関連キーワード
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
    【猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)】3部作最後は盛り上がりに欠ける?
  • スプリット
    【スプリット】おかえりM・ナイト・シャマラン!もう一度脚光を浴びるための3部作!
  • スウィート17モンスター
    【スウィート17モンスター】共感率100%!!主人公を愛おしく思わずにはいられない映画
  • グレートウォール
    【グレートウォール】もし・・万里の長城の真実はアレでした・・
  • アシュラ
    【アシュラ】悪と悪が殺しあう地獄絵図な韓国映画!!
  • 沈黙 サイレンス
    【沈黙 サイレンス】は実話だった(゚д゚)!

このクソ記事を
フォローする

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最近人気の記事