SNSフォローボタン

【エージェント・ウルトラ】この映画実話ベースなんです(;゚Д゚)

エージェント・ウルトラ

向精神薬によって一般市民をスパイに改造しようとする、CIAが実際に行っていたマインドコントロール・プログラムを題材にしたアクション・コメディを『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグ、『トワイライト』シリーズなどのクリステン・スチュワートの豪華俳優で描いた作品!

いそっそう612
どうも、いごっそう612です! 実話ベースという事にビックリ!
スポンサーリンク

作品情報

エージェント・ウルトラ

原題:AMERICAN ULTRA
洋画:アクション・コメディ
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年1月23日
レンタル開始:2016年6月24日
上映時間:96分
公式サイト

あらすじ

片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。

予告動画

感想

CIAの洗脳プログラムによって工作員へと育成された青年が、巨大な陰謀と恋人に迫る危機に立ち向かう姿を描いた作品です。メガホンを取るのは、『プロジェクトX』のニマ・ヌリザテです。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ジェシー・アイゼンバーグはアクションイマイチ

エージェント・ウルトラ

CIAが極秘裏に行っていたと言われるマインドコントロール・プログラムを受けたが記憶を封じられ片田舎で暮らす男・・

そんな男に、計画を闇に葬ろうと目論むCIA幹部が送り込んできた刺客が襲って来る!

記憶は蘇らないが、圧倒的強さで刺客を葬り去る主人公!

そんなジェイソン・ボーンみたいな主人公を演じるのはジェシー・アイゼンバーグ!

映画は序盤はコメディカルにジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公マイク・ハウエルと、ガールフレンド、フィービー(クリステン・スチュワート)の日常を描いている。

ハワイ旅行を計画する。しかし直前にパニック発作を起こし、飛行機に乗ることさえできないマイクなど、ジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公マイク・ハウエルのダメさがめっちゃ描かれている。

そんなダメな主人公がウルトラなパワーを発揮するのだが、ジェシー・アイゼンバーグのアクションはイマイチだなぁ~と思ってしまう💦

これはミスキャストだな~、ジェイソン・ボーンの様な圧倒的な強さというわけでなく、そこそこ強いという風に見えてしまう・・

また、コミカルに演じているために・・実に中途半端・・シリアスか?コミカルか?どっちかにしやがれと思ってしまう。

敵役も中途半端で、マインドコントロール・プログラムされた敵集団もオーラが全然ない・・

色々と中途半端さが目立つ映画です。

劣化版ボーン・アイデンティティですね💦

マジでビックリ実話映画Σ(゚Д゚)

エージェント・ウルトラ

しかし、この映画驚くべきことが一つ・・

何とこの映画!実話ベースなんですよね~!

CIAが極秘裏に行っていたマインドコントロール・プログラムがマジの実話なんですよ!

CIAが極秘裏に行っていたマインドコントロール・プログラムの正式名称は

『MKウルトラ計画』

詳しく知りたい方はこちらへ↓

MKウルトラ計画 - Wikipedia

LSDをCIA職員、軍人、精神病患者らに投与する実験を行っていたらしいです。

映画では、そこんところ忠実に再現されており・・ジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公マイク・ハウエルが麻薬をめっっちゃ使用したりしています💦

こんなギャグみたいな話が実話というのには驚きました。

驚きの実話映画ランキングにも入りそう~

驚きのΣ(゚Д゚)オススメ実話映画ランキング13選!!

愛の深さを描く

エージェント・ウルトラ

この映画で需要なのは『MKウルトラ計画』と思われるだろうが、そうではない!真に重要なのは、マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)とフィービー(クリステン・スチュワート)のなのだ!

序盤から描かれる二人の愛の姿にときめくこと間違いなし!

情けなかったマイクがフィービーを守るために戦う姿に心打たれる 😳 

マイクとフィービーの愛がいかに深いか、そしてその愛を守ろうと奮闘するマイクの姿・・

この映画の本質は愛を描いた映画なのだ!

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

めっちゃ面白かったと思います。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.2)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.15)
TSUTAYA:★★★☆☆(2.98)
2016年6月29日時点

劣化版ボーン・アイデンティティですからね・・こんなもんかな(^^;


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.2)です!

そこそこ、楽しめました。でもやはり中途半端感は否めない・・・

シリアスで行くのか?ギャグで行くのか?ハッキリしたほうが良かったように思う。

ジェシー・アイゼンバーグ好きなんだけど、最近はイマイチだな~(・_・;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. meyui より:

    (*_*;実話すか…どうなのそれ?って感じですね
    CIAなら何でもありなのかぁ!?何とも恐ろしい事実…
    内容は、面白そうですよね!!”劣化版”ってのが気になるトコですがw

    • meyuiさんへ
      コメントありがとうございます(__)
      実話ってのが凄いですよね!、昔のアメリカヤバいっすね~
      そこそこ面白いですが・・
      まあ・・中途半端な感じの作品ですね(^^;

  2. ともちん より:

    こんばんは~ボーンさんと比較したらかわいそうです( ̄▽ ̄)あれは強すぎ。おちゃめで好感が持てます♪こっちが好きかも・・ボーンシリーズより。CIAでバイトしたいって思ってました・・・

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます(__)
      そうかあ~こっちがいいか~
      確かにシリアスなボーンシリーズよりこっちの方が観やすいですね!

  3. レビュアン より:

    どーも劣化版ボーン・アイデンティティって説得力ありますね(^^;

トップへ戻る