完璧な殺し屋の伝説の完璧な最期!

ビン・ディーゼルが、800年にわたり戦い続ける魔女ハンターに扮し、イライジャ・ウッドが共演したSFダークファンタジー

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!名前だけでも覚えて帰ってください。

作品情報

ラスト・ウィッチ・ハンター

原題:THE LAST Witch HUNTER
洋画:ファンタジー・アクション
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年9月30日
レンタル開始:2017年3月8日
上映時間:106分
公式サイト

あらすじ

自身が討伐した魔女の呪いが原因で不死身となり、ある組織のため800年にわたり魔女ハンターとして戦闘を続けてきたコールダー(ヴィン・ディーゼル)。そんな彼を代々ドーランという神父が見守っていたが、36代目ドーラン(マイケル・ケイン)が亡き者にされてしまう。37代目となる新しいドーラン(イライジャ・ウッド)と捜査に乗り出したコールダーは、先代の死が魔女の女王の仕業であることを突き止め、リベンジを誓う。

予告動画

感想とネタバレ

そんなに期待しないで借りました!

なんで?

(゚д゚)!そんなん題名とヴィン・ディーゼルが出てるだけで想像がつくだろうが!

そういうわけで全く期待せずに観賞!

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

不死身の魔女ハンターの戦い

ラスト・ウィッチ・ハンター

この映画は至極分かりやすい映画です。

いごっそう612
不死身の魔女ハンターが復活した魔女の女王と戦うという話です。
麻田くん
メチャクチャ分かりやすいですね。

頭空っぽにして観れる映画です。

ストーリーはB級!映像はA級!という感じです。

ヴィン・ディーゼルとイライジャ・ウッドのコンビ

ラスト・ウィッチ・ハンター

この映画を借りた要因の1つは、ヴィン・ディーゼルとイライジャ・ウッドがコンビを組んで戦う映画だと思ったという事・・

800年前からウィッチ・ハンターとして戦う不死身のコールダーをヴィン・ディーゼルが演じ、代々そのコールダーの相棒となるドーランと呼ばれる神父の37代目をイライジャ・ウッドが演じる・・

いごっそう612
この二人のコンビが観れるなんて楽しみ~!

イライジャ・ウッドと言えば【ロード・オブ・ザ・リング】以降B級俳優の道をまっしぐらに突き進んでいる人物・・最近では【ダーティー・コップ】にも出ています。

ヴィン・ディーゼルのサブ的なキャラなら十分に持ち味を生かせるはず・・イライジャ・ウッドついにA級復活か?

と期待したのです。ですが・・その期待は大きく覆されます。

イライジャ・ウッドが可哀そう・・※ネタバレ

ラスト・ウィッチ・ハンター

大いに期待した自分でしたが、イライジャ・ウッドは序盤に出たきり・・終盤まで出てきません・・

えっ・・コンビじゃないの?(;゚Д゚)

そうなのです。実質主人公コールダーの相棒になるのは・・

魔女のローズ・レスリーです。

ラスト・ウィッチ・ハンター

麻田くん
やっぱり女が良いんかい!

そうなんスよね~やっぱ彼は脇役なのです。

ラストも・・やっぱな・・彼を憐れむしかない・・

イライジャ・ウッドを憐れむ映画でした。

 

 

この映画の評価、おすすめ度は?

ありきたりなダークファンタジーです。往年の吸血鬼ハンター「ブレイド」の魔女版みたいな感じです。

もちろんツッコミどころも多いし続編も視野に入れた作り方です。肩の力を抜いて何も考えず観るには良い映画じゃないかな?

魔法系ファンタジー映画と言えば【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】とかが思い出されますね。

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.2)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.13)
Filmarks:★★★☆☆(3.1)
2017年3月16日時点

ふむふむ、まあそんなもんでしょう~(*’▽’)


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:  icon-star    icon-star-o   (3.4)です!

ありきたりで新しさは全くないけど、映像も凄いしそれなりには楽しめます。

暇な時に観るのにちょうどいい映画ですね。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう