イライラしちゃう恋愛映画

「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音の人気コミックを、「orange オレンジ」の土屋太鳳と「帝一の國」の竹内涼真の共演で実写映画化した青春ドラマ

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!土屋太鳳の声にイライラするわぁ~

作品情報

青空エール

原題:青空エール
邦画:青春ドラマ
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年8月20日
レンタル開始:2017年2月15日
上映時間:126分
公式サイト

あらすじ

甲子園のスタンドで野球部の応援にいそしむ吹奏楽部にほれ込み、名門・白翔高校に入学した小野つばさ(土屋太鳳)は、野球部の山田大介(竹内涼真)と出会う。互いに甲子園を目標に頑張ろうと約束を交わすが、トランペット初心者のつばさはなかなかうまくいかず、くじけることもしばしば。そんな彼女を励まし、同じクラスでもある大介にいつしか惹(ひ)かれていくつばさだったが……。

予告動画

感想とネタバレ

主演のヒロインを『orange-オレンジ-』などの土屋太鳳が務めています。

『帝一の國』の竹内涼真、NHK連続テレビ小説「まれ」で土屋演じるヒロインの弟を演じた葉山奨之が共演しています。

いごっそう612
日本の青春恋愛映画は結構好きです。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

 

青空エールはざっくり言うとこんな話

青空エール

いごっそう612
青空エールはざっくり言うとこんな話です。

トランペットの初心者のくせに、名門の吹奏楽部で全国大会を目指すとに入部したぶりっこヒロインと、キャッチャーとして甲子園を目指すが怪我をして出場が危ぶまれるイケメン野球部員の姿を描いた青春ラヴ・ストーリーです。

麻田くん
けっこうありがちですよね。

山あり谷ありで、確かにありがちな話なのだが、それが逆にベタベタで楽しめる要素になるのかも?

ある意味韓国映画のような映画ですよね。

こういうベタベタ青春ものが好きな人には楽しめるかもしれません。

土屋太鳳 のぶりっこにイライラする・・

青空エール

いつも疑問なのだが・・

土屋太鳳ってなんでこんなに映画出てるの?

美人でもないし、演技が上手いわけでもない・・・しかも・・

いつも作ったような声出してるし・・なんか演じるキャラがぶりっこなんだよぉ~!

いや・・ほんとファンの方すいません・・

でも、こういうキャラの演技しか見たことないんですよね・・いつもイライラしちゃう・・

青空エール

この映画もそのぶりっ子キャラがどう男を落とすのか?という目線で観てしまう・・

いごっそう612
しかし、この身長さ・・どうやってキスするんだろう・・?

基本映画と関係ない部分が気になったりもする映画です。

ある意味楽しめる要素が多いのかも?

この映画の評価、おすすめ度は?

個人的には普通には面白かったかなあ~。別段キュンキュン来るようにところもなかったですけどね・・ご都合主義的な感じが多いですね。

しかし日本の青春ラブストーリーはけっこう好きです。

オススメは“ピース オブ ケイク”っすね~心にキュンキュン来ますね。

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.8)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.79)
Filmarks:★★★★☆(3.6)
2017年5月29日時点

おろろ、けっこう高得点ですね!原作ファンには酷評らしいですが・・意外です。

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
  (3.4)です!

嫁とも一緒に観たので嫁の評価も・・

おすすめ度
  (3.2)ですね。
もっとキュンキュン来てほしかったね。普通やわ。

飽きずに観ることはできるのですが、心に響くシーンは皆無でしたね。話題性はあるとは思いますが・・

ご都合主義な恋愛映画です。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう