【ダゲレオタイプの女】:どんなタイプの女なんですか(゚д゚)!

黒沢清海外初進出作品

第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、初の海外作品でオール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげたホラーラブストーリー

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!six nejiさんの紹介作品です。
スポンサーリンク

作品情報

ダゲレオタイプの女

原題:THE WOMAN IN THE SILVER PLATE
洋画:ホラー・恋愛
製作年:2016年
製作国:フランス/ベルギー/日本
日本公開:2016年10月15日
レンタル開始:2017年5月3日
上映時間:131分
公式サイト

あらすじ

ダゲレオタイプで写真を撮影している写真家ステファン(オリヴィエ・グルメ)のもとで働くことになったジャン(タハール・ラヒム)は、ステファンの娘で、拘束器具に長い時間固定され被写体をしているマリー(コンスタンス・ルソー)が気になり始める。かつて被写体だったステファンの妻ドゥニーズが屋敷で自殺していたことを知ったジャンは、母親のようにさせないために、マリーを外に連れていこうと試みる。

予告動画

感想とネタバレ

日本人監督が海外で作品を作り、それを日本で観るというのは珍しいですよね。

この映画がまさにそれです!

『回路』『アカルイミライ』など国内外から高く評価されている黒沢清監督の作品ですよね。

いごっそう612
黒沢清監督はカンヌ、フランス系で大人気ですよね。

まあ、それでも自分はあんまり興味なかったんですがね・・しかし・・

ググタスでお世話になっている映画ブロガー仲間の“元バンドマンの映画好きsix nejiさんが絶賛していたので・・

#1234 ダゲレオタイプの女 : 映画にロック、マンガで夜更かし

これは観ないわけにはいかないだろうと借りたわですよ!

いごっそう612
自分は・・この映画どう思うのか?

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ダゲレオタイプとは❔

ダゲレオタイプの女

まず題名の“ダゲレオタイプの女”に興味をそそられます。

いごっそう612
どんなタイプの女だよ (゚д゚)!!

超ドSな女なのか?それとも超ドMの女なのか?色々想像しちゃうわけです。

一体どんなタイプの女なのか?

興味津々で観てたんですけど・・ダゲレオタイプって、単なる写真の撮影方法なんです。

170年ほど前にフランスで生まれた世界初の撮影方法であり、長時間の露光を必要とするため、被写体となる人物は特殊な器具によって長時間に渡って拘束されます。

麻田くん
終わった後に失神したりとめっちゃキツそうですよね。

ネガを作らず、直接銀板に焼き付けるその写真は、世界にひとつしか残らず、複製もかなわないレアものなのです。

ダゲレオタイプの女

写真家の親父が、娘をその方法で撮影しているということでした。

ダゲレオタイプについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

ダゲレオタイプ - Wikipedia

この技法で撮影することによって、人為的に永遠を手にしようとする父親の狂気を見事に描いた作品です。

昔ながらのホラー映画※ネタバレ

ダゲレオタイプの女

映画を観ていて・・

この映画のジャンルはいったい何!?(゚Д゚;)

となっちゃうかもしれませんが、この映画はホラーと恋愛を兼ねそろえた映画です。

麻田くん
ホラーと恋愛って四谷怪談みたいな感じっすか?

ちょっと違うのだが、若干正解と言う様な感じです。

スローペースでノロノロと進んでいく本編と出てくる幽霊、今の日本映画のホラー映画とは一味違う深い味わい・・昔の映画のホラーの様な雰囲気です。

『貞子 vs 伽椰子』みたいな今風のど派手な演出のホラーも面白いんですが、怖いというより面白い?

【貞子vs伽椰子】なんだこれΣ(゚Д゚) 怖くないけど面白い!?
// 日本ホラーの歴史を破壊する“最恐のラスト”!Japanホラーブームを牽引した『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子という、...

やっぱり昔の映画の様な手法がリアリティがあって怖いんですよね。

いごっそう612
地味なんですけど・・リアルを感じれます。

ただ、ちょっと長い・・131分という長さは眠気を誘うのに十分な時間です。

まったく飽きずに観えるとは言いがたいですが、こういう系の映画の雰囲気が好きな人は多いと思います。

131分という長さで、ダゲレオタイプ狂いの写真家と、その狂気の犠牲になった女性たちの悲劇を描いた作品。

黒沢清監督らしいホラー映画だという評がピタリとはまる映画だと思います。

この映画の評価、おすすめ度は?

なかなか分かりにくい映画でもあると思います。

黒沢清監督・・『クリーピー 偽りの隣人』でもそうだったように明確な答えを用意せずに観てるものに答えを考えさせますね。

【クリーピー 偽りの隣人】あの人・・お父さんじゃありません・・全然知らない人です・・
// あの人・・お父さんじゃありません・・全然知らない人です・・「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、...

けっこうそういうの好きです。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.5)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(2.87)
Filmarks:★★★★☆(3.6)
2017年6月21日時点

普通の評価と絶賛の二つの評価が多いですね。

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
     (3.4)です!

後からじんわり来る映画かなぁ~?

ただね、一回目10分で寝落ちしたので、もう一回観ました(笑)

眠さを誘う映画ではあります。2回目はけっこう集中して観えました。序盤耐えたらけっこう観えるとは思います。

映画マニアにはウケそうな映画ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. 尾崎杏子 より:

    これちょっと気になってはいたんですが…ホラー要素もあるんですね。
    タイトルがインパクトありますよね。
    それにしても黒沢清監督、恐らくフランス語わからないのでは?わざわざ
    フランス語で映画撮らなくても…などと下世話なことを考えてしまいまし
    た(笑)

    • 尾崎杏子さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんスよ、意外にもホラー映画でしたね!(^^)!
      外国で撮ったのにどこか日本を感じる映画でしたね~。
      尾崎杏子さんなら良いレビュー書いてくれそうなのでぜひご覧ください(#^.^#)

  2. six Neji より:

    もう半ば謝る準備をしていたんですが私笑
    こりゃまちがいなく酷評がくるっ!と思って。
    いやーよくぞ131分も耐えてくださいました、良かった、良かった・・って、わしゃ関係者の回し者か笑
    もうちょっとテンポよくさくさく撮ろうと思えば撮れたと思うんですけどね(クリーピーみたいに)そこをあえてじっくりやっちゃった、みたいな感じでしたね。
    派手な脅かしが階段のシーンだけだから、まあ、広くはうけない映画でしょうねー。
    それでも私は好きですが。
    誰一人救わない、ってのが狂気漂ってて特に笑
    いつも紹介してもらってほんと感謝です^^

    • six Nejiさんへ
      コメントありがとうございます。
      自分は絶賛とはいきませんがなかなかいい映画だったとは思います。
      ご紹介ありがとうございました。
      じわじわ後から来る映画ですね~もう一回観たくなってきた(^^♪

  3. Kamoko より:

    この映画、気になってはいるんですよね。ただ、ノロノロと進んでいきそうな雰囲気漂ってたんで、手が出なかったんです・・やはり、スローテンポですね(-_-;)

    人の狂気を描いた作品(映画だけでなく)は好物です(^-^)ただ、どう表現するかで、好き嫌いが分かれます。

    • Kamokoさんへ
      コメントありがとうございます。
      かなりスローテンポな映画で若干眠気も・・
      それでも後からじわじわと来る映画でなかなか良かったとは思います。
      まあ、オススメはしませんが(笑)

トップへ戻る