本日は、2017年のNetflixオリジナル映画ブライトネタバレ感想を書いていきます。

「ブライト」は、「スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアー監督が、同作でもタッグを組んだウィル・スミスを主演に迎え、人類とさまざまな種族が共存するロサンゼルスを舞台に異種族警官コンビの戦いを描いたSF・アクションで、Netflixオリジナル映画作品です。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

ブライト
原題:Bright
洋画:SF・アクション
製作年:2017年
製作国:アメリカ
Netflix配信:2017年12月22日
上映時間:117分
ブライト | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

あらすじ

はるか昔から人間と他種族が共存してきた世界。ロサンゼルスで警察官として働く人間ウォードとオークの相棒ジャコビーは、夜の巡回中に謎の少女と出会い、魔法の杖「マジック・ワンド」の存在を知ったことをきっかけに、地球の運命をも揺るがす巨大な事件に巻き込まれてしまう。種族間の衝突を乗り越え、正体不明の敵と戦いながら事件の全貌に迫るウォードたちだったが……。

予告動画

感想とネタバレ

初の動画配信サービス 映画です。

色々調べてみたら映画好きにはNetflixかなあ~と、オリジナル映画とかもありますしね。

その最初の一歩を踏み出す勇気をくれたのは、映画ブロガー仲間のkamokoさんの「ブライト」の記事からです。

ウィル・スミスの新作映画…これは観たい!

調べたら製作費9000万ドルとけっこう金もかかっているんですよ、しかも共演にジョエル・エドガートンノオミ・ラパスですからね。

もうこれは、観るしかないというわけで、Googleのchromecastを購入しTVに設置、Netflixに加入しスマホからTVに電波を飛ばす!

というわけで、22の公開日に、世界100カ国以上で一斉に配信されるというNetflixの力作観てみました!

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

Netflix侮りがたし

ブライト

前評判ではそんなに良い評判を聞かなかったので、たいして期待してなかったんですけど‥

悪くない

いや、むしろどちらかと言われれば面白かったんじゃないかなぁ?

 

序盤は、この映画の世界観に入れずちょっと苦労しました。

いごっそう612
ちょっと説明不足?

 

「ブライト」はパラレルワールド系の映画なんですね、人間やオーク、エルフなどが共存している“もう一つの地球”でのロサンゼルスが舞台なんです。

その世界観は

いごっそう612
原題が舞台のロード・オブ・ザ・リングの様なもの

ちょっと説明不足の世界観は事態を飲み込むのにちょっと時間がかかりましたね。

 

でも、まあこういう系は嫌いじゃない、いやむしろ好き

世界観に慣れてしまえば、良質のファンタジーな刑事バディ物です。

 

主人公は人間で警察のウォード、演じるのはウィル・スミス!

ブライト

ウィル・スミスは、相変わらずの演技で良いですね~コミカルな感じで強いという様な感じ!

こういう演技のウィル・スミスが好きだったりします。

 

その相方は、オークのジャコビーです。

ブライト

いごっそう612
オークが相方!?

いやいやいや、ロード・オブ・ザ・リングで言えば人間の天敵ですよ!

そんなオークと組むなんて…近くで見るとグロいなあ‥

そんなオークの警察官を演じるのは、ジョエル・エドガートンです。

ジョエル・エドガートン

ジョエル・エドガートンと言えば、彼の監督, 脚本, 制作,主演作「ザ・ギフト」のイメージが強いです。

いごっそう612
あの役はヤバかったなあ…

そんな演技派ジョエル・エドガートンが演じるオーク、ちょっと天然で心優しい真面目なオークという感じでなかなか良かったです。

癒し系オーク?という感じ(笑)

 

人間の警官と癒し系オーク、そんな二人が魔法の杖(マジック・ワンド)を巡っての、異種族間の争奪戦に巻き込まれていくのです。

ストーリーとしては単純明快で分かりやすいはずなのですが、ここでも、「インファーニ」とか「光の盾」とか謎の言葉が普通に出てくるので、けっこう?ってなっちゃいます。

他にも、この世界ではオークは下層階級エルフが上流階級だったりするのです、オークなのにオーク初の警官になったジャコビーが差別されてたりと、種族間差別みたいなところもあるのですが、それもけっこう分かりずらいです。

こういう説明不足なところは、世界観に入れなかった人が酷評する要因でしょうね。

自分もちょっと引っかかっちゃいます。

 

でも、そういう要素を除けばけっこう面白いですね。

魔法と銃、オークとショットガンなんてテンション上がりません?

アクションはなかなかだし、Netflix (ネットフリックス) 最大の製作費をかけただけあってB級っぽさも無いです。

ダラダラしてるような感じも無く、テンポもなかなか速くて、飽きさせない良い感じです。

 

映画を作ったのは「スーサイド・スクワッド」で散々酷評を受けたデビッド・エアー監督ですからね。

評判を覆そうとかなり頑張ったんでしょうね。

 

総評したら、説明不足を差し引いてまあまあくらいの作品ですね。

この監督アクション系を撮るのは、上手いと思うんですけどね~。

いごっそう612
ちょっと惜しい映画だったなあ‥

 

監督の力不足を感じてしまう。

映画館まで行ってみる様な映画では無いですね。

 

しかし、動画配信で観るには良作です!

定額でこの映画の様な映画を観れるなら悪くない!

Netflix (ネットフリックス)侮りがたしですね!

続編情報!調べました!

いごっそう612
続編がありそうな終わり方だったな‥

そうなんです!「ブライト」は、続編がありそうな終わり方だったんです。

という訳で調べてみました…

そしたら、ありましたよ!続編情報!!

Netflix映画『ブライト』続編製作に早くもゴーサイン!ウィル・スミスが続投へ

続きものとしての最初なら、この映画の出来も納得できますね!

それなら十分合格点!!

「ブライト」は、Netflix (ネットフリックス)のオリジナル映画の顔として、どんどん続いて行くのかも?

Netflixは2018年に80本以上の新作映画を配信する予定だそうで、これからも目が離せません!

この映画の評価、おすすめ度は?

Netflix (ネットフリックス)のオリジナル映画!これからも注目していきたいですね~。

かなりのB級を予想してましたが、あらら‥これ悪くない(゚Д゚;)

いずれ世界的な大ヒット作が生まれそうです。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(2.8)

Filmarks(3.4)
2017年12月25日時点

海外の評価

Rotten Tomatoes

批評家30% 観客89%

海外では批評家酷評ですが、観客はけっこう満足してますね(゚д゚)!

((+_+))うーん評価低い💧

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.5)です!

期待しないで観たら、けっこう楽しめました。

お家でゴロゴロ観るには最適な作品!

Netflix良いですね。これからもオリジナル映画期待します。

Netflix (ネットフリックス)では、オリジナルドラマもなかなか良い評判!

その中でも「ストレンジャーシングス」が、かなり評判いいので観てみたいと思います。

ではまた(@^^)/~~~

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう