ザ・ウォールの画像

本日は、2017年の映画ザ・ウォール ネタバレ感想を含めて紹介していきます。

「ザ・ウォール」はイラク戦争で大勢のアメリカ兵を葬った実在のスナイパー、ジューバの標的となった兵士の攻防を描くサバイバルスリラー映画です。

主演はアーロン・テイラー=ジョンソン、監督はダグ・リーマンです。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

ザ・ウォール

ザ・ウォール


原題:THE WALL
洋画:サバイバル・スリラー
制作国:アメリカ
製作年:2017年
日本公開:2017年9月1日
レンタル開始:2018年1月17日
上映時間:90分
映画『ザ・ウォール』公式サイト

あらすじ

2007年のイラク。がれきの中に潜む敵を狙っていたアメリカ兵のアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)だったが、様子を確かめようとしたマシューズが思わぬ場所から狙撃される。援護に向かったアイザックも撃たれて負傷し、何とか壁の背後に退避するが、動けなくなってしまう。そこへ仲間を名乗る男からアイザックに無線が入るが、彼はその声に違和感を覚え……。

予告動画

感想とネタバレ

低予算でなかなか捻られた作品ですね!

ほぼ、人出てきません(笑)

アーロン・テイラー=ジョンソンとジョン・シナしかほぼ出ていないと言っても過言では無いです。

ちなみにジョン・シナはプロレスラーですね。あんまりセリフも無いです。

アーロン・テイラー=ジョンソンが、ほぼ一人で演技してこの映画を盛り上げますね。

映画の予算も300万㌦という激安予算です。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

敵は実在したスナイパー“ジューバ”

ザ・ウォール

ザ・ウォールの画像

2007年のイラク戦争末期が舞台です。

石油パイプライン建設現場へと派遣された、米軍の狙撃手アイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)の二人はイラク人の狙撃手の襲われ大ピンチに!

マシューズは被弾し、その場に倒れこみ‥アイザックは崩れかけた壁に隠れます。

敵はイラク最恐のスナイパー“ジューバ”!!

絶体絶命のピンチ!

アイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)は助かるのか?

いごっそう612
という感じの映画です。

 

上映時間90分、ほぼジューバとアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)の会話で成り立っています。

期待外れだとガッカリする人も多いのでは?と思いますが、案外僕はこういう系好きだったりします。

ザ・ウォール

ザ・ウォールの画像

 

何より面白いのが、敵が実在したスナイパー“ジューバ”という事です。

ジューバはイラクの伝説的狙撃手で、米兵を次々と殺していく映像をインターネットに投稿して話題になりました。

百発百中の腕前で、まるでゲームの様に米兵が殺されていった映像だったそうです。

そのジューバの殺しの手口を映画では描いています。

なるほど、ジューバの伝説はこういう事から始まったのか‥と勉強にもなりますね。

戦争に詳しい人はそれだけでも楽しめる映画かも知れませんね。

 

そして、低予算ながら緊迫感があり、頭脳戦がけっこう面白いです。

いごっそう612
一歩間違えたら死の緊迫感が凄いです。

 

勝つか?負けるか?

ジューバとアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)の戦いはどうなるのか?

ラストまで目が離せません!

好き嫌いが別れると思いますが、ジューバという人物を知れば『ザ・ウォール』は面白い映画かも知れませんよ

ほぼ一人で演じきったアーロン・テイラー=ジョンソンの演技にも注目です。

この映画の評価、おすすめ度は?

ほぼ一人の映画なので、期待と違うと思われる方も多いと思います。

僕はけっこう楽しみましたが、好き嫌いが別れる映画と思うので要注意です。

戦争映画は【アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場】とかがオススメですね。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.2)

Yahoo!JAPAN映画(2.88)

Filmarks(3.4)
2018年2月25日時点

海外の評価

IMDb(3.1)

10段階中(6.2)という評価です。
(当サイトでは5段階なので2分の1にしています。)

微妙な評価ですね💧

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.5)です!

僕はそこそこ楽しめました。

実話ベースというのが良かったですね。

しかし、こういう映画をできる様になるとは…

アーロン・テイラー=ジョンソン良い役者になりましたね(^^♪

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう