アナベル 死霊人形の誕生

本日は、2017年の映画アナベル 死霊人形の誕生ネタバレ感想を含めて紹介していきます。

この作品は、2013年のホラー映画「死霊館」に登場する実在の人形の恐怖を描いた「アナベル 死霊館の人形」の続編で、手にした者を怪現象に引きずり込む人形の生まれた経緯が明らかになるホラー映画です。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生の画像


原題:ANNABELLE: CREATION
洋画:ホラー
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年10月13日
レンタル開始:2018年2月14日
上映時間:110分

あらすじ

まだ幼かった娘を亡くした人形職人とその妻が暮らす屋敷に、児童養護施設を閉鎖されて行き場を失ったシスターと6人の少女が住むことになる。新たな住まいと生活に期待を募らせる彼女たちだったが、人形職人が作った人形アナベルによる怪現象に襲われる。それは、次第にエスカレートしていき……。

予告動画

感想とネタバレ

「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン製作のもと、「ライト/オフ」のデビッド・F・サンドバーグ監督がメガホンをとり、アナベル人形誕生の秘密を描いた作品です。

「ライト/オフ」と言えば動画サイトで1億5000万再生を超えた恐怖映像を映画化したもので、その元となった恐怖映像を作った監督がデビッド・F・サンドバーグ監督なのです。

いごっそう612
そんな監督が続編を作るなんて…

 

いやいやいや、これはマジで面白そう~ホラーマニアの心をくすぐりますよね。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

アナベル 死霊館の人形の前日譚※ネタバレ

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生の画像

この映画は、前作「アナベル 死霊館の人形」の前日譚です。

ラストはにしっかりと前作に繋がります。

その前作に繋がるまでを描いています。

前作の最初わけわかんねーってなっちゃいましたよね。

死んだカルトの一員の名前がアナベルなんて…なんで?

てなっちゃったでしょ?

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生の画像

その答えが今作で描かれているのです!

いごっそう612
逆に前日譚から観るのも良いかもですね。

それだけでも、観る価値と思いませんか?

でもね…

今作『アナベル 死霊人形の誕生』はあんまり面白く無かったです。

というのも、まったく新しさが無いのです。

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生の画像

 

今までのシリーズとちょっとストーリーを変えたような映画観ても

面白いとは思えないですよね。

いごっそう612
一番良かったのはこのシーンかなあ?

でも、売り方上手いですよね!

これ観たら前作を見返したくなります。

なんで、アナベルが最恐のホラー人形になったのか、誕生秘話もしっかり描かれています。

もともと前作に繋げるより、恐怖の人形の誕生がメインですしね。

でも、もうちょっとインパクトが欲しかったなあ‥

この映画の評価、おすすめ度は?

今一歩インパクト不足でも、それなりには楽しめる映画です。

ホラー好きは特に良いのでは?

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.4)

Yahoo!JAPAN映画(3.61)

Filmarks(3.6)
2018年4月11日時点

海外の評価はこんな感じ

海外参考Rotten Tomatoes

批評家(3.1) 

観客(3.6)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

海外参考IMDb

(3.3)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

日本はまあまあくらい、海外は普通って感じっすかね?

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.4)です!

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう