亜人

コミックも読んでるんで、気になってたんですけどね。

何か観る機会が無かったんですけど、ようやく観ることができました。

一番気になってたのは、綾野剛ですよね~。

なんでも裸で筋肉ムキムキシーンが物凄いとか?

女性ファンの嬉しい悲鳴が想像できる映画ですね。

ということで!

本日は、2017年の映画亜人ネタバレ感想を含めて紹介していきます。

いごっそう612
綾野剛だけでなく、佐藤健の肉体美も見ものです

作品情報

亜人

亜人


原題:亜人
邦画:アクション
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年9月30日
レンタル開始:2018年4月4日

あらすじ

2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。

予告動画

感想とネタバレ

この映画の原作はコミックなんです。

現在12巻まで出ている、アニメ化もされた桜井画門の大ヒットコミック「亜人」を実写映画化したのがこの作品です。

この原作は実写映画化は難しいと思ったのですが、なかなか上手い出来栄えでした。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

アクション重視の映画

亜人映画

亜人映画

 

この映画、原作と同じかと言われれば、違うと思います。

ただ、原作の雰囲気を醸し出しながら‥アクション重視に仕上げた出来栄えは良いです。

いごっそう612
めっちゃ面白い!
映画亜人「黒い幽霊」

映画亜人「黒い幽霊」

でも‥僕は原作を読んでいるので、『亜人』という存在や「黒い幽霊(IBM)」に対してもすんなり理解できたのですが、原作を読んで無い人にはイマイチ分からなかったのでは無いだろうか?

物語のスピード感は速いので観やすいのですが、説明は不足している気がします。

そしてキャストにも不満足…

佐藤健と綾野剛!

亜人・原作

亜人・原作

二人ともめっちゃ良いのですが、原作のキャラとはやっぱ違います。

佐藤健は年を取りすぎ、綾野剛は若すぎです。

 

そんな原作ファンがちょっと気になる部分を抜きにしたら、この映画はかなり楽しめると思います。

とにかくアクションが物凄いです!

SAT(特殊急襲部隊)との戦いや、黒い幽霊(IBM)の戦いなど見ごたえ抜群です。

アクション重視で作ったのは正解ですね。

ただ、ちょっとやりすぎな気もしますけどね(笑)

リアリティはあんまりないかなあ?

 

アクション重視となると、キャストも納得ですね。

そうそう、佐藤健と綾野剛の戦いも初めてではありませんよ~。

佐藤健と綾野剛

佐藤健と綾野剛

『るろうに剣心』でも対決しています!

 

アクション重視となったら、この二人は必須の俳優ですね。

この映画も、十分に続編がありそうな感じなのですが、興行収入が期待ほどでは無かったみたいです。

いごっそう612
続編は微妙かな‥?

続編があるとなれば、二人のさらなる戦いに期待したいですね。

綾野剛の筋肉ムキムキボディがマジでヤバい

綾野剛 亜人 筋肉

綾野剛 亜人 筋肉

そうそう、女性ファンには必見の綾野剛の筋肉がこの映画では拝めます。

マジで良い筋肉していますよね~。

めっちゃムキムキボディです。

 

そして、もう一人の筋肉が拝めるのが…

佐藤健です!

佐藤健 亜人 筋肉

佐藤健 亜人 筋肉

細マッチョという感じのムキムキボディです。

これもまた、女性ファンにはたまらないのではないでしょうか?

 

この映画では、綾野剛、佐藤健のムキムキな筋肉が拝めます。

どっちの身体が好みでしょうね?

この映画の評価、おすすめ度は?

漫画の映画化作品としては成功した方じゃないでしょうか?

アクション重視が功を奏したようですね~。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.7)

Yahoo!JAPAN映画(4.0)

Filmarks(3.6)
2018年5月21日時点

なかなか良い評価じゃないっすか?

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.7)です!

なかなか面白かったですけど、原作知っているだけにちょっと満足いかない部分も…

若干安っぽくなっちゃった気がします。

でも、悪くは無い映画です。

日本でも、こういうアクション映画作れるんだと驚きましたね。

主演二人の筋肉を観るだけでも、観る価値がある映画です。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう