ワンダー君は太陽

皆さん、ジェイコブ・トレンブレイ君って知ってますか?

あの名作『ルーム』で、閉じ込められた部屋で産まれた子供“ジャック・ニューサム”を演じたことで一躍話題になった少年です。

ジェイコブ・トレンブレイ ルーム

ジェイコブ・トレンブレイ ルーム

いや~『ルーム』泣けましたね~。良い映画でした。

あの映画から、ジェイコブ・トレンブレイ君、何作か映画に出てるんですけど、『ルーム』を超えれる映画は無かったです。

しかし、今回!

ジェイコブ・トレンブレイ君の新作『ワンダー 君は太陽』めっちゃ良い映画と話題なのです!

ワンダー君は太陽ってどんな映画?

ワンダー君は太陽

ワンダー君は太陽

全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を

スティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマです。

ヒューマンドラマなら、同じく6月公開の邦画『万引き家族』も評判が良いですが

いごっそう612
僕は断然『ワンダー 君は太陽』をオススメします。

あらすじ

生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、じろじろ眺められたり避けられたりする。しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。

予告動画

ジェイコブ・トレンブレイの演技に注目

ワンダー君は太陽 ジェイコブ・トレンブレイ

ワンダー君は太陽 ジェイコブ・トレンブレイ

もちろん、この映画で一番注目したいのは、ジェイコブ・トレンブレイの演技でしょう。

 

彼の演じる役柄は‥

トリーチャーコリンズ症候群の少年“オーガスト・プルマン”です。

トリーチャーコリンズ症候群の少年“オーガスト・プルマン”

トリーチャーコリンズ症候群の少年“オーガスト・プルマン”

参考

あの超イケメンの、ジェイコブ・トレンブレイ君が特殊メイクをして演じるのです。

 

もうこの時点で映画好きの皆様は‥この映画が“泣ける”作品であることは想像がつくことでしょう。

この少年が学校に行き、どんな目に合うか?想像できますね。

そして、その後がどうなるか?何となく予測できちゃいます…💧

 

しかし、そんな想像ができるストーリーなんですけど、世界中で泣けると大評判なのです!

予想できるのに、泣けるって凄く無いですか?

 

予想できても観客を泣かしちゃう、絶妙なジェイコブ・トレンブレイ君の演技に注目ですね!

もうね、とりあえず泣きたかったらこの映画に行きましょう!

いごっそう612
明日は映画館で泣きましょう!

この映画の評価

現在の各映画サイト、海外の評価はこうなっています。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(4.3)

Yahoo!JAPAN映画(4.43)

Filmarks(4.3)
2018年6月14日時点

海外の評価はこんな感じ

海外参考Rotten Tomatoes

批評家(3.5) 

観客(4.2)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

海外参考IMDb

(4.0)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

やはり高評価ですね!これは間違いなく観に行く価値があります!

ヒューマン系好きな方は、絶対観た方が良いですね。

 

何度も言いますが、『ルーム』から成長したジェイコブ・トレンブレイの演技に注目です。

アカデミー賞ノミネートも間違いなしの作品で、映画館で良い映画に出会えた…と感動できるに違いないです。

いごっそう612
さあ、この映画を観て泣きましょう!
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう