RAW 少女のめざめ
RAW 少女のめざめ

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品です。

デビュー作品でこの映画って…凄い!

『RAW 少女のめざめ』は、生肉を食べたことで、“覚醒”していくベジタリアンの少女の美しく危険な青春を描いた作品です。

この時点でけっこう観たくなってくるでしょ?

という事で!

本日は、2016年の映画RAW 少女のめざめネタバレ感想を含めて紹介していきます。

いごっそう612
ベジタリアンが目覚めて行くのです。

作品情報

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

原題: Grave
洋画:ドラマ
制作国:フランス/ベルギー
製作年:2016年
日本公開:2018年2月2日
レンタル開始:2018年7月4日
上映時間:98分

あらすじ

厳格なベジタリアンの家に育ったジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、姉も在学する獣医学校に入った後、新入生の通過儀礼としてうさぎの生の腎臓を食べることを強要され、口にしてしまう。その日を境に、ジュスティーヌの隠れた本性が明らかになり……。

予告動画

感想とネタバレ

実は、この映画レンタル開始は2018年7月4日なんですけど、ちょっと早めに楽天TVで配信されていたので、観てみました。

ちょっと脱線しますが

僕が使う配信サービスはNetflixだけでしたが、楽天テレビも使いやすいですね。1.2倍速、1.5倍速、2倍速で観ることもできるのが驚きました。Netflixにはそんな機能は無いので、B級映画で時間ない時とかはありがたい。

ただ、課金制はちょっとね💧

国内もNetflixみたいに定額制を導入してもらいたいですね。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ベジタリアンが目覚める

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

16歳のジュスティーヌは、両親と姉と同じ獣医科大学に入学します。

その大学はとにかくクソ大学!

何がクソかというと、新入生へのいびりが凄い!!

ここは軍隊か?相撲部屋か?ALSOKの研修か?っていうほどのカースト制度!

いごっそう612
怖いです。

 

ベッドを窓から投げ捨てられ、四つん這いで移動‥そして血をぶっかけられる!

わけがわからないこの上下関係…

そして、ベジタリアンだと言っても、無理やり食わされるウサギの腎臓…

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

でもね、その時ジュスティーヌの中で何かが目覚めたのです!

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

とにかくお肉が大好き!!

学食で衝動的にハンバーグを万引きしようとしちゃうくらいお肉が気になって仕方ない!

いごっそう612
ベジタリアンが肉に目覚める映画なのか!?

そう思ったのですが、さらに凄い事が待っていたのです。

 

 

※この後は映画の本質に触れるネタバレを書いています。

 

 

 

衝撃のカニバリズム映画※ネタバレ

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

肉・肉・肉…

ベジタリアンが急に肉食になった…

それは別に珍しい事では無いかも知れません。

しかし、肉は肉でも…

ジュスティーヌが一番食べたい肉は‥人肉だったのです!?

いごっそう612
衝撃のカニバリズム映画!?

 

事故で姉の指が切れたのですが、その指をジュスティーヌはついつい食っちゃうんです。

いけないとは分かりつつも、こらえきれない欲望…

姉の指を食うんですよ?本当にヤバい!

カニバリズムなのです。

詳しく知りたい方はどうぞ

 

マジでヤバいと思うんですけど、でもね、姉もカニバリズムなんですよ。

ここで、冒頭のシーンに繋がるわけなんですが

自ら車の前に飛び出し、避けて事故った車の運転手を食っちゃってるんです。

こういう事を繰り返して人を食べているんですね。

 

終盤に、姉と妹が喧嘩になるのですが…

獣同士の殺し合いにしか見えなかったですね。

ラストネタバレ

RAW 少女のめざめ

RAW 少女のめざめ

姉もカニバリズムという事で、映画好きの人々は何となく気が付くと思われるんですけど‥

兄弟の親もカニバリズムなのです。

厳密に言えば母親なのですが、その衝撃の事実を明かす父親の身体は噛み跡だらけでした…

一体どうしたら、人肉食を治せるのだろうか?

ラストシーンは、そんな父親の衝撃の告白でした。

この映画の評価、おすすめ度は?

カニバリズム映画といえば『グリーン・インフェルノ』みたいなグロ系B級ホラーが多いと思うんですが

この映画は、ドラマチックに仕上げてあり、面白かったです!

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.7)

Yahoo!JAPAN映画(3.46)

Filmarks(3.8)

2018年6月18日時点

海外の評価はこんな感じ

海外参考Rotten Tomatoes

批評家(3.9) 

観客(3.8)

(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

海外参考IMDb

(3.5)

(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

けっこう高評価ですね。

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.7)です!

映画マニアが好きそうな作品ですね。

参考映画マニア必見の話題作

この映画の監督、ジュリア・デュクルノー侮れないですね!

これがデビュー作品ですよ!

彼女の次の作品を観てみたいと思う作品です。

こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. asami より:

    お!見たんですね(*^o^*)

    これ、ほんとうにラストは衝撃的でしたねー!
    人肉食べるだけじゃなくて、家族の愛も描かれていて一味違う内容でしたね!

    • asamiさんへ
      コメントありがとうございます。
      良い作品でしたね、ラストは少し予想がついちゃってたんですけど、お父さんの身体には驚きました。
      人肉食映画では、間違いなく秀作です!

  2. Kamoko より:

    アメリカ行った時に「食人展」があってて(真面目なやつです)、入りたかったんですがお金が無くて見れませんでした(^^;)

    細かいことをツッコミますが、食人をする人は「カニバル」です。「~イズム」は人には使いません…が、多分日本人はカニバルと言ってもイマイチ分からないと思うので、そのままの方がいいでしょうね(^^;)
    ご参考までのお知らせでした。

    • Kamokoさんへ
      コメントありがとうございます。
      『食人展』(゚д゚)!いやいやいや、めっちゃ見たい!
      怖いっすね~。もし、またやってたら入ってみて下さい。

      ツッコミありがとうございます。
      カニバルなのですね~。おっしゃる様に、修正してもわからないでしょうから取りあえずこのままで。
      ありがとうございました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう