映画「ミスミソウ」公式サイト

本日ご紹介する映画は、イジメられっこが復讐するリベンジホラー「ミスミソウ」です。

 

 

都会から来た少女が、田舎に転校していじめの標的になってしまう現代社会の闇を描いて話題となった、漫画家・押切蓮介のコミックを、「先生を流産させる会」「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督が実写映画化したスリラー・ホラー作品です。

 

 

想像以上のグロシーンと、胸糞が悪くなるストーリー‥

いごっそう612
一度観たら忘れられない映画になりそうです。

映画は、ほぼ忠実にコミックの内容を再現しているそうです。

 

いごっそう612
かなり衝撃的な内容なので、コミックも観てみたくなりましたね。

 

この映画の作品情報の後に、感想とネタバレを書いていきます。

ミスミソウ:作品情報

ミスミソウ

(C)押切蓮介/双葉社
(C)2017「ミスミソウ」製作委員会

原題ミスミソウ
邦画スリラー・ホラー
製作国日本
製作年2017年
日本公開日2018年4月7日
レンタル開始2018年10月3日
上映時間114分
映画「ミスミソウ」公式サイト

あらすじ

東京から田舎に転校してきた野咲春花(山田杏奈)は、学校でひどいいじめを受けていた。唯一心を許せる存在は、同じ転校生の相場晄(清水尋也)だけだった。彼の存在を頼りに学校生活を送っていた春花だったが、いじめはどんどんひどくなっていく。ある日、彼女の自宅が火事になってしまい……。。(ミスミソウ (2017) – シネマトゥデイ)

予告編

キャスト

登場人物キャスト
野咲春花山田杏奈
相場晄清水尋也
小黒妙子大谷凜香
佐山流美大塚れな
橘吉絵中田青渚
加藤理佐子紺野彩夏
三島ゆり櫻愛里紗

主人公は山田杏奈ちゃんです。

清水尋也君も出ているし、この映画は若手俳優そろい踏みですね~。

映画ミスミソウ:感想とネタバレ

僕の率直な感想は、面白かったです!

面白かったと言っても、笑える様な内容じゃないです。

物凄く!胸糞悪いし怖い‥とにかく皆‥狂ってる!

でも映画としては、これくらいの方が見ごたえはあります。

いごっそう612

この映画を5段階で評価すると

(3.7)です。

 

お友達ブロガー【CINEMA520】のasamiさんも言ってましたが、好き嫌いが別れそうな作品です。

血ぶっしゃ~って感じの、かなり衝撃的な内容ですからね~。

グロ系苦手!って方は、観たらヤバいと思いますよ。

 

いごっそう612
では、感想とネタバレを含めて、この作品の良いところ悪いところを書いていきます。

良かったところ

ミスミソウ

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

 

まず、イジメのシーンが良かったですね。

普通のイジメっぽいところから始まるんですが、ガンガン酷くなっていき‥

めっちゃ胸糞悪くなります。

 

こういう系は学生演じる若手が棒読みだったりと冷めてしまうところも多いんですが、若手俳優陣も良いんですよ~。

主演の山田杏奈ちゃんはもちろんのことながら、大塚れなちゃんや清水尋也君などもいい味を出しています。

 

そんな若手俳優陣が遊び感覚で、とんでもない事をやっていくのは、観てて胸糞悪くなったりもしますけど‥見ごたえありましたね。

いい意味でムカつかしてもらいました。

 

そして、その胸糞悪さをスカッとさしてくれる映画史に残る壮絶な復讐シーンが最高

ミスミソウ

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

 

前半の胸糞悪さは、このためにあったのか?

イジメっ子の態度にムカついていたので、爽快~

スカッとしましたね。

 

血しぶきブッシャ~って感じで凄いです。

やりすぎって思いますけど、これはこれで良いですね(ΦωΦ)フフフ…

 

そして…終盤のどんでん返しが最高

主人公を唯一助けるヒーロー的な存在、相場晄の変貌ぶりが最高でしたね。

ミスミソウ 映画

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

 

終盤に露わになる、その正体の…ヤバさ、キモさが最高~!

いごっそう612
マジでキモすぎる~!

 

この様にけっこう良いところがある映画でしたね。

もちろんここも、賛否が分かれるところと思います。

悪かったところ

ミスミソウ

(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

 

この映画虐めシーンは見どころの一つでもあるんですが、限度を超え過ぎてるんですよね…家族を殺し家に火をつけるなんぞ‥流石にリアリティが‥(^^;

まあ、若い時は粋がって後に引けなくなる‥ってことはありますけどね~。

流石に善悪の区別がつかなすぎかなあ…

面白くは観ましたけど、リアリティが無いので恐怖を感じませんでしたね。

 

恐怖を感じないところは他にもあります。

あまりにも凄惨な殺害シーン、これまた見どころの一つで面白くもあるんですけど…

なーんか「バトルロワイヤル」みたいな感じ、ちょっと嘘くさいグロシーンって感じで

これまた恐怖は全然感じませんでした。

 

先生の除雪機で血しぶきドバーってところや、ラストのカメラ越しにボーガンの矢が刺さるところなどは

ミスミソウ原作

名作漫画の ネタバレ 最終回の「あらすじ」

いごっそう612
いやいやいや、流石にないだろう(笑)

 

と笑えてしまいました。

 

良い要素が多い映画なんですけど、やりすぎの為にリアリティが少し無くなってしまいましたね。

だからこそ、恐怖を感じられない…

でも、原作通りなのだから仕方ないんですけど💧

この作品の映画サイトの評価は?

僕はね、なかなか面白かったと思うんですよ。

世間のこの映画の評判はどうなっているのだろう?

映画サイトを調べてみました。

有名な国内3サイトはこんな感じです。

Filmarks(3.7)

Yahoo!映画(3.64)

映画.com(3.5)

いごっそう612
まずまず良い評価!

 

海外ではRotten TomatoesIMDを調べました。


Misumisô (2018) on IMDb

Liverleaf (Misumisou) (2018) – Rotten Tomatoes
IMDでは10点満点中6.5点、ロッテントマトではまだ評価は出て無かったですね。

いごっそう612
思ったより低かったなあ‥

 

国内、海外共に、総評的にまあまあという感じすね。

ホラー・スリラーとして観たら恐怖を感じないところは、イマイチとは思いますが、十分楽しめるとは思います。

 

ホラー好きは、こちらも参考にどうぞ

参考死の恐怖を感じる‥怖いホラー映画おすすめランキング!

 

いごっそう612
最後までお読み頂きありがとうございました。
映画「ミスミソウ」の紹介でした。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう