映画『来る』公式サイト

本日ご紹介する映画は最恐に怖いホラー映画
来るです!

 

僕はこの作品にとっても期待しているのです。

 

何といっても、監督が中島哲也というのが期待できる要素ナンバーワン!

湊かなえの小説「告白」の完成度は凄かったですよね。

 

今回その中島哲也監督が映画化するのは…
「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた小説「ぼぎわんが、来る」。

参考ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]

いごっそう612
大賞に輝いたホラー小説を映画化だって~!

 

さらにとどめに超豪華キャスト!

岡田准一に加え、妻夫木聡、黒木華、小松菜奈、松たか子っスよ!

いごっそう612
もうこりゃ観るしかない!

 

てことで初日に行って来ました!

映画「来る」は、幸せな夫婦に憑いている“何か”は…声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物…、そんな怪物と霊媒師たちの戦いが繰り広げられる和製ホラー映画です!

予告編(トレイラー)

作品情報

原題来る
邦画ホラー
製作年2018年
製作国日本
日本公開2018年12月7日
レンタル開始未定
上映時間134分
監督中島哲也
脚本中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
キャスト岡田准一
黒木華
小松菜奈
松たか子
妻夫木聡
青木崇高
柴田理恵
太賀
おすすめ度

(4.2)

あらすじ

幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め……。

来る:感想とネタバレ

映画「来る」はですね…ハッキリ言って…

めっちゃ面白かったです!

怖いというより面白い映画という感じ、エンターテインメント性あふれるホラー映画でしたね。

 

映画は、題名でも分かるように”来る“んですよ、その正体はハッキリとは映画内では描かれていませんが、来るのは”ぼぎわん“という妖怪、神様…みたいなものの様です。

 

子供の時に、〇〇が来るとか親に怖がらせられた事って無いッスか?

主人公、田原秀樹(妻夫木聡)の田舎でのソレは”ぼぎわん”なんですよ。

悪い事してると”ぼぎわん”が来るぞ~!みたいなね。

 

大人になって、子供ができた田原秀樹(妻夫木聡)の元にソレが来ちゃうんです。

ソレを何とかするために、親友の民俗学者の津田大吾(青木崇高)に、オカルトライター岡田准一(野崎)を紹介してもらうのです。

その彼女で霊能力の持ち主、キャバ嬢の比嘉真琴(小松菜奈)の協力を得て立ち向かうのだが…

 

まあ~ぼぎわんが最恐なんですよ。

姿は見えないんですが、狙われた人物は猛獣に噛まれたような傷が背中にできて行きます。

田原の後輩社員、高梨重明が死んでいく姿は怖かったですね。

いごっそう612
この映画で唯一怖いと思ったシーン…

 

このままこの映画、こういう路線で続いて行くのかな?と思ったら‥・

それだけで終わらないのがこの映画なのです!

本当に怖いのは人間※ネタバレ

お化けが怖い‥そういう普通の映画では無いのがこの映画!

本当に怖いのは‥人間の心の闇なんです。

 

田原夫婦は一見幸せな夫婦に見えますが、中身はぐちゃぐちゃのドロドロでした。

田原秀樹(妻夫木聡)は
育児ブログに夢中で、ブログでは良いイクメンぶりをアピールするのですが、実態は育児も何もしないクソ男…

田原香奈(黒木華)は

育児をしない秀樹に不満があり、実は浮気をしているクソ女…

そして香奈と浮気をしているのが…秀樹の親友である津田大吾(青木崇高)なんです。

映画は分けているのでは無いですけど、目線が変わります。

第一話、第二話と言う感じ、田原秀樹(妻夫木聡)からの目線、田原香奈(黒木華)からの目線で観た物語は、隠された真実などが露わになり…

いごっそう612
この人‥本当はこんな事考えてたんだ…

 

と怖くなります。

田原夫婦の姿を見て、イクメンを名乗るブロガーさんは‥

他人ごとじゃないと恐怖したんじゃないっスかね。

 

僕も気持ちは分かりますね、書くたびにアクセスが上がってきたりして…

ブログにハマってしまうと言う様な…

ブロガーには他人ごとでは無い映画だったなあ💦

 

まあ、そういう事で、お化けが来るっていう怖い映画ではあるのですが、ぼぎわんより人間の方が怖い…。

 

中島哲也が上手いのは、その闇の部分を明らかにする前に、そのヒントを映画の中に埋め込んでいるところ!

観てて、あれ…何か違和感が…って思うと思うんですよ。

その違和感の答えが明らかになって行くのは、ある意味爽快感がありましたね。

いごっそう612
その隠れたヒントを演じる俳優陣たちがまた上手いんですよね。

参考映画「来る」キャスト!

松たか子が出て来てからが最高に面白い!

View this post on Instagram

 

オンエア情報📺⚡ 日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」に出演します🙏 #岡田准一 & #松たか子 がウチのガヤ参戦👀✨ ㅤ なんと❗️松たか子さんが阿佐ヶ谷姉妹とネタコラボしますよ~🤩❗️ 本日12/4(火)23:59~オンエアです🤚🤚🤚 ㅤ #映画来る #岡田准一 #黒木華 #小松菜奈 #松たか子 #妻夫木聡 #来る #12月7日公開 #中島哲也 #川村元気 #太賀 #柴田理恵 #青木崇高 #伊集院光 #映画 #映画化 #映画館 #映画鑑賞 #新作映画 #最恐エンターテインメント #あれの名を呼んではならない #人の心の闇に来る

映画『来る』公式さん(@kuru_movie)がシェアした投稿 –

映画がグッと面白くなるのが、松たか子さん演じる比嘉琴子が出て来てからです。

日本屈指の退魔師である彼女の”払い“はまさにエンターテインメント

 

国家権力を動かし、全国各地から仲間を呼び集め、壮大な”払い”を実施するんです。

その姿は…

いごっそう612
カッコいい!

 

まさにその一言につきますね。

“ぼぎわん”と戦っている最中に、野崎が出てきたところを、邪魔だと殴って倒す姿にはしびれました。

 

ラストのセリフが気になりますよね~。

言葉にしなかったのですが

「もう、私はあなたを守れない(疲弊して”ぼぎわん”に負ける可能性があるから)」だったのだろうと推測しました。

※小説とか読んでラストのセリフを考察された方は、コメントで考察を書いてください。

映画ラストのネタバレ、考察

そうそう、ラストの展開がイマイチごちゃごちゃしてましたよね。

比嘉琴子は知紗をなぜ闇の世界へ送ろうとしていたのか?

いごっそう612
映画ラストのネタバレ、考察です。

“ぼぎわん”は、田原秀樹の子供だから知紗を狙ったのではなく、自分で自分を傷つける様な心に闇を持った子供を連れ去る妖怪。

夫婦関係のドロドロから知紗は心に闇を宿してしまう。

知紗は、パパにいなくなって欲しい、ママにいなくなって欲しい、そんな事を願ってしまった。

だから、田原夫婦は死んでしまう。

知紗は”ぼぎわん”を必要とし、”ぼぎわん”を心に宿す。

だから、比嘉琴子は知紗ごと闇の世界へ送り返そうとしていた。

※小説とか読んでラストのセリフを考察された方は、コメントで考察を書いてください。

という事だと考察しました。

 

しかし…序盤の後輩が死んだシーンでも、”ぼぎわん”の存在は感じられます。

秀樹の生まれる前の子供の名前も出てきます…

となると‥知紗が呼び寄せたわけでは無い…

死んだ、秀樹の幼友達”知紗”の仕業なのか?

幼いころに”ぼぎわん”に目を付けられていたのか?

 

後輩も死ぬまでに一年弱かかっていました。

映画では解明されてない謎がいくつかありますね…。

 

原作を読んだブロガー仲間のブログを読んで分かったのですが、映画と原作はラストにかなり違う部分がある様です。

※↑こちらのブログの僕のコメントへの返信で”ぼぎわん”が何故に来たのか?の答えを管理人のasamiさんが書いてくれています。

 

読んでなるほど、原作で描かれてない部分があるんですね。

 

しかし、映画でもラストの展開は良かったですよね、なんか分からないけど‥こうするのが正しい様な‥

岡田准一カッコ良かったですね。

まあ、そのカッコ良さも‥比嘉琴子には迷惑だったでしょうが…

彼女の生死は映画で描かれていませんが、続編があるとしたら絶対登場するでしょうね。

 

ラストの知紗のセリフ…

「さむい さむわん ちがつり」

ぼぎわんが喋りそうな言葉ですよね…もしかしてまだ知紗の中に生きているのかもしれません。

ぼぎわんの正体は?

映画では、ぼぎわんの正体について描かれていません。

僕は気になって調べてみました。

色々な意見が書かれていましたが、ぼぎわんの正体は…

ブギーマンです。

 

映画好きなら誰もが知っていますね。

良く映画でも出てくる子供をさらうお化けです。

海外では、子供にいう事を聞かすために〇〇が来るぞって言うときに、ブギーマンの名前を使います。

「bogeyman(ブギーマン)」の名前が、「ぼぎわん」に変化していた様ですね。

 

まさか…「ぼぎわん」の正体が、日本の古来の妖怪では無く、海外のブギーマンだったとは…

参考ブギーマン – Wikipedia

映画『来る』は賛否両論!

多分この映画は、賛否両論になると思います。

こういうエンターテインメント性の強いホラー映画は嫌いな人も多いはず…

いごっそう612
賛否両論の感想を載せていきます。

 

 

 

 

調べたら、めっちゃ賛否両論…悪い意見もかなりありますね💦

でも、僕はめっちゃ面白かったです。

いごっそう612

この映画に5段階で点数を付けると

(4.2)です。

 

134分と長尺なんですけど、飽きることはありませんでした。

真っ二つになる妻夫木聡さんは見ものですよ~。

イクメンブロガーを語る人は、真っ二つにならない様にしてくださいね。

 

映画「来る」は、2018年12月7日公開です!

Summary
Review Date
Reviewed Item
来る
Author Rating
41star1star1star1stargray
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう