不感地帯

不感地帯
携帯もGPSも働かない、森に閉ざされた街ヴィルフランシュでは全国平均の6倍もの殺人事件が起きている…。

 

かなり興味深く無いですか?めちゃくちゃ気になりますよね。

という事で!本日ご紹介するのはそんなNetflixオリジナルドラマ
不感地帯です。

不感地帯

不感地帯

 

「不感地帯」は、Netflixオリジナルドラマとしてシーズン1が2019年6月4日、シーズン2が6月15日に配信となったフランスのドラマ作品です。原題は「Zone Blanche」。

過去にはAmazonプライムで配信されてましたが、シーズン2配信のタイミングでNetflixが権利を買い取った様ですね。現在ではAmazonプライムで観ることはできません。

 

Netflixの作戦は正解、面白いです。このドラマ!

物語の舞台となるのはルクセンブルク国境に近いフランス、山岳地にある孤立集落ヴィルフランシュ…。暗く深い樹海が町の周囲に広がっていて、GPSも利かない、電波も届かない場所(BLACK SPOT(不惑地帯)となっている。そのヴィルフランシュでは、通常の6倍という異常な発生率で殺人事件が起こっているのです。

 

市長の娘失踪事件という大まかな事件と共に、6倍の発生率が示す通り、街で起こる事件が1話完結で描かれ、それと共にドラマに隠された謎が、徐々に明らかになって行きます。

描かれる事件も一風変わった事件ばっかりで、必ず森が絡んでくる…。ミステリーファンには楽しめること間違いなし!そしてミステリーだけではなく、ファンタジー要素もあるのがこのドラマの面白いところ!

不感地帯

不感地帯

 

ちょっとグロいシーンもありますが、スプラッターまで行かず、それなりに抑えられたグロさでリアルであります。

不感地帯

不感地帯

いごっそう612
第一話のこのシーンは印象的でしたね。

 

森の中にある閉ざされた街って設定なので森のシーンが多く、雰囲気は北欧ミステリードラマに近い感じです。

『ツインピークス』に似てるって意見もあります。言われて見たら確かにそうかも?

 

ラストは賛否分かれるでしょうが、終盤にかけての盛り上がりは半端ない!続編であるシーズン2が観たくなります。

いごっそう612
ミステリー好きにオススメにNetflixオリジナルドラマです。

キャスト

Netflixオリジナルドラマ「不感地帯」の登場人物(キャスト)を紹介します。

ロレーヌ(スリアン・ブラヒム)

不感地帯 ロレーヌ(スリアン・ブラヒム)

不感地帯 ロレーヌ(スリアン・ブラヒム)

 

主人公、たった4人のヴィルフランシュ警察の署長、少佐というあだ名を持つ。

二十年前にこの森で行方不明になり、三日後に発見される。その時には左手の薬指と小指、2本の指無かった。

ヌヌース(ユベール・ドゥラットル)

不感地帯 ヌヌース(ユベール・ドゥラットル)

不感地帯 ヌヌース(ユベール・ドゥラットル)

 

ヴィルフランシュ警察のメンバーの1人、ロレーヌの相方的存在。

ドラマで明らかになるのだが、ゲイでシリアーニに気がある様子…。

シリアーニ(ロラン・カペリュート)

不感地帯 シリアーニ(ロラン・カペリュート)

不感地帯 シリアーニ(ロラン・カペリュート)

 

全国平均の6倍もの殺人事件が起きているという謎を調べる為に、ヴィルフランシュに来た検事。

アレルギーがあり、食べ物に気を使っている。実は、けっこう怖い人‥。

ベルトロン・スタイナー(サミュエル・ジュイ)

不感地帯登場人物 ベルトロン・スタイナー(サミュエル・ジュイ)

不感地帯 ベルトロン・スタイナー(サミュエル・ジュイ)

 

ヴィルフランシュの市長、ロレーヌと過去に恋人関係にあった。現在も関係があり妻に知られている。

娘マリオンが半年前から失踪…。

コラ(カミーユ・アギラー)

不感地帯 コラ(カミーユ・アギラー)

不感地帯 コラ(カミーユ・アギラー)

ロレーヌの1人娘、反抗期の真っ只中…。親友だったマリオンの行方を必死で探している。その時に謎のマークを発見する。

予告編

いごっそう612
Netflixでは、字幕のみで吹き替え版は配信されていません。でもミステリー好きにはオススメのドラマなので一度観て欲しいです。シーズン2まで絶賛配信中!

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう